スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
      *Blog Ranking参加中です。よろしければ愛のクリック、お願いします。*
        にほんブログ村 演劇ブログへ

『パリより愛をこめて』(From Paris with Love/2010,仏)

2010年05月17日 23:15

久々に海を渡って映画を観に行ってきました。

今日観て来たのは私にとってジョニー・デップの次に贔屓の俳優ジョナサン・リース・マイヤーズ主演の『パリより愛をこめて』。
因みにジョニーの『アリス・イン・ワンダーランド』は未見です。
ハシゴしようと思えば出来たんだけど、今日はそんな気力はなかった
仕方がないわ。『アリス~』よりも『パリ愛』の方が観たかったんだもん。
でもTVで流れる予告以外には何の情報も得ないで映画館に行きました。まさにまっさらな状態での鑑賞でした。

パリより愛をこめて

【STORY】
 謎の犯罪組織に立ち向かうことになったひとりの男。彼の名は、ジェームズ・リース。表の顔はパリのエリート・アメリカ大使館員、裏の顔はCIAの見習い捜査官だ。ようやく与えられた重大任務に張り切るリースを待っていたのは、任務を全うするためには手段を選ばない危険すぎる相棒、チャーリー・ワックスだった──。
 チェスの名人で数ヶ国語を駆使する知性派だが、繊細な性格で人を撃ったことがないリースと、推理力も腕力も超一流だが、口より先に銃が出るワックス。生き方も考え方も正反対のふたりが、犯罪組織のアジトを捜して、パリ中を駆け巡る。組織は麻薬密売を資金に爆弾を入手、世界崩壊を目論むテロ集団だった。
 しかし、全貌解明にあと一歩と迫ったとき、予想もしなかった事実が発覚する。リースの機密情報が犯罪組織に流され、彼は命を狙われていたのだ。
 裏切り者は誰なのか? やがて爆破ターゲットは国際サミットに参加するアメリカ政府要人だと判明。ふたりは会場へと走るのだが──。

【CAST & STAFF】
チャーリー・ワックス…ジョン・トラボルタ
ジェームズ・リース…ジョナサン・リース・マイヤーズ

キャロリン…カシア・スムトゥニアク

ベニントン大使…リチャード・ダーデン


監督…ピエール・モレル
脚本…アディ・ハサック
原案…リュック・ベッソン
製作総指揮…ビルジニー・ベッソン=シラ
音楽…デビッド・バックリー
撮影監督…ミシェル・アブラモビッチ
美術…ジャック・ビュフノワール
編集…フレデリック・トラバル



はっきり言って有名な俳優はトラボルタ以外に出てません! ジョナサンだってみんなが知ってるような有名な俳優ではないもんね。
でも私は10年来のジョナサンの大ファンでございます。そんなファンのフィルターがかかりまくってる感想は以下。
ネタバレごめん!!

パリ愛情報をシャットアウトして観たおかげか、予想以上に面白かったです。時間もなんと今時珍しいほど短い95分。だから中だるみがありません。と言うか、だからこそストーリーに無駄がない。ま、お話は途中から読めては来るんだけど、それはもう想定内です。それを差し引いても娯楽アクション映画としてはなかなかの出来だったと思う。

さて、ジョナサン。数年前にトム君の『M:I-Ⅲ』に出てただけでも嬉しかったのに今回は主演だなんて、もう「大出世~~!!」と嬉しくなってしまった私。ジョナサンも最近は実力派俳優として認められてきた感がありますね。エリート外交官で、おまけに新米エージェントのリース役はファンにとっては「きゃー」ってキャラでした。相変わらずいい男だしぃ♪ それにしてもジョナサンの演じる役って語学堪能なのが多いなぁ。

で、今度の共演者はクセ者トラボルタ! 彼が演じたワックスは風貌だけじゃとてもCIAエージェントには見えない怪しさです。それにやることがとんでもない! 口より先に銃が出るって、それにしてもやりすぎですから!! 一体何人撃てば気が済むんじゃい!
…てなワケで、痛い映画が苦手な私、銃撃戦のシーンはさすがにちょっと引いてしまいました いやいや、こうじゃなくちゃアクション映画じゃないっつーのは分かってるんだけどねー。
こんなにやりたい放題やっちゃうから、ひたすらトラボルタだけが目立つ映画になってるかと思いきや、ちゃんとジョナサンもキャラが立ってるんです。ハチャメチャなベテランとナイーヴな新米とのバランスがちょうどいい。

パリ愛最初は相棒ワックスにたじたじで、その上に与えられた任務の余りにもハードさに自分にはエージェントは向いてないと思うリースが、婚約者キャロリンの行動によって否応なく任務に立ち向かわなければならなくなってしまいます。
信じて愛してた人に裏切られるなんて切ないなぁ、ジェームズよ。
とにかく最後まで飽きずに観られたこの『パリ愛』ではありますが、キャロリンが何故そんな行動に至ったか、彼女のそれまでの背景が見えなかったのがちょっと残念。
「そんな細かいことは気にしなくていいんだよ」ってか?

ま、何も考えずに楽しめ!って感じの映画かな。
たまにはこんな映画を観るのも悪くないです。

なんかまたジョナサンがマイブームになりそうな予感。
あああ、『ベルベット~』や『M:I-Ⅲ』、『マッチ・ポイント』が観たくなってきたーーー!!
関連記事
      *Blog Ranking参加中です。よろしければ愛のクリック、お願いします。*
        にほんブログ村 演劇ブログへ


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    *Recent Entries


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。