スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
      *Blog Ranking参加中です。よろしければ愛のクリック、お願いします。*
        にほんブログ村 演劇ブログへ

イキウメ『見えざるモノの生き残り』(12月20日【日】14:00~/HEP HALL)

2009年12月21日 19:20

大好きな佐々木蔵之介さんが主宰する演劇ユニットTeam申。
その申が上演した2年前の『抜け穴の会議室』と今年の『狭き門より入れ』の脚本を書き、演出をされたのが劇団イキウメ主宰の前川知大さんでした。
とにかく申のその2作がめちゃめちゃ好きな私、自然と前川さんの他の作品や劇団イキウメ自体が気になってきました。
その後、イキウメの『眠りのともだち』『図書館的人生Vol.2 盾と矛』を映像で観たけれど、やっぱりナマで観てみたい!
そう切に思うようになってきたところにイキウメ冬公演決定! 大阪公演もあるー!!

…てなワケで観て参りました、大阪公演千秋楽。

会場は初めて行くHEP HALL。大阪に行っても大体HEP FIVEになんて寄らんもの 
つか、初めて近くで真っ赤な観覧車見た。デカいなぁ。700円もせんかったら一度乗ってみたいよーな気もしたよ(←高い所好き(笑))。

開場時間すぐに会場に入り、席をチェック。
この日の席はイキウメ official websiteでチケットを取ったC列(3列目)上手端。すっごい見難いかと思ってたけど、始まってみたらそれほどでもなし。ただ、前列は床がフラットなので、前に座高の高い人が来ると死ぬほど観辛いと思う。

前川さんのサイン。で、5月に再演された『関数ドミノ』のDVDが販売されてると聞いていたので、早速物販コーナーへ行ったらば、すぐ横に前川さんが立ってらした。で、私の前にDVDを買った人が前川さんにサインをお願いしていたので私も便乗。「これからも期待しています」と言って握手もして頂きました(その後で「あ、紀伊国屋演劇賞のお祝いを言うのを忘れた」と思い出した私。相変わらずどっか抜けてる…orz)。

客席の割合は女性が比較的多いものの、いつも私が観る舞台よりも男性比率が高かったかな。

イキウメ

【STORY】
見えざるのモノの生き残り、の一つとして、彼らもいつまでも着物におかっぱ、という風体ではあるまい。
ひょっとしたら、童子、ですらないのかもしれない。座敷オジサン。ポロシャツの。
オジサンはぼんやり座敷に座っているだけで、その家に幸福をもたらす。
ありがたいけど今の住宅事情じゃ、離れ座敷を一部屋、なんて望めない。
いいとこリビングのソファー、もしくは和室の片隅、一畳分を献上しよう。
ワンルームマンションでマンツーマン、なんてケースもありうる。
「お茶を一杯いただけますか」玄関で彼らはそう言う。それがサインだ。
幸せになりたきゃ断っちゃいけない。防犯なんて概念ひとまず置いとけ。
都会における、座敷童子の事例報告。2009。

【CAST】
竹男/七節(ナナフシ)…窪田道聡
伽那蔵(カナクラ)…板垣雄亮
太鼓打(タイコウチ)…森下 創
日暮(ヒグラシ)…有川マコト
梅沢鉄彦…盛 隆二
梅沢郁子…岩本幸子
矢口九作…浜田信也
持田喜美…伊勢佳世




さて、初生イキウメの感想は。


いやー、面白かった!
今回イキウメられてみて(何気にこのフレーズが気に入っている私)、改めて私は前川さんの作品の世界観がとんでもなく好きだと言うことを確認しました。
もともと、身近に起こるちょっとしたSFとか、考えたらちょっとコワイ超常現象とかの話が大好きなんで、前川さんの描くストーリーの設定はとても好みなんです。
それと、ストーリー全体に渡る伏線の張り方にいつも感心させられてしまいます。もう、心の中で何回「そーだったのか!」「う、巧いっ!」と唸らせられたことか。

今回の3人の座敷童子と一人の新人童子のお話も、聞くだけだとメルヘンっちゃメルヘンかもしれないけど、実際は見た目は大人で、ちゃんと死ねなかった人間が正体だと言うと、なんだかとても寂しくて切ない。
そんな童子たちのレポートはとても痛々しくて、でもどこか暖かくて。
何度か目頭が熱くなってしまいました。

役者さん。
実際に板の上で観たことがあったのは有川マコトさんだけだったんだけど、イキウメンの実力には感動でした。
特に映像だけを見て「あ。いいかも」と思ってた浜ちゃんこと浜田信也さん。
いかん。ファンと名乗ってもいいですか。すっごい好き。演技も雰囲気も。
矢口@浜ちゃんになら罵倒されてもいい(爆)。
ま、私は喜美ちゃん@伊勢さんみたいに親の残した借金を幸せだとは思えんけども。

浜ちゃん他、窪田くんも板垣さんも森下くんも盛さんも岩本さんも伊勢さんも、そして有川さんも本当にステキでした。
舞台にちょこんと正座してる有川さんの姿がとってもキュートで、こんな童子ならうちは歓迎しちゃうかも。
(うちのおかんは田舎の人な上に情にもろいので、特に太鼓打@森下くんのような童子に「お茶、頂けますか?」なんて言われたら断れそうにない…

もう1回、確認の意味を込めて観てみても良かったなぁ…と思える舞台でした。
DVD化されるのかな?DVDになったらまた買うと思います。
なんせもう私はすっかりしっかりイキウメファンですから。
来年春の舞台ももちろん観に行きますよ。

あああ、いい舞台観たなぁ。
今年最後に観た舞台がイキウメで良かったー。
関連記事
      *Blog Ranking参加中です。よろしければ愛のクリック、お願いします。*
        にほんブログ村 演劇ブログへ


コメント

  1. こみ | URL | -

    私も観たよ~
    今色々と精神的に参る事が多くてへたってた私に
    元気をもらえました。今度娘も連れて行きたい。

  2. Ray@管理人 | URL | 0/HLcGmk

    > こみさん

    こみさんは何曜日に観たのー?
    イキウメはお嬢さんにも安心して観せられる舞台だよね。

    初イキウメは私にとって静かな衝撃でした。
    うん、いい劇団に巡り会えた。
    これからも追って行きたいです。
    来年の俳優部の二人芝居も観に行きたいよーーー。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)


*Recent Entries


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。