スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
      *Blog Ranking参加中です。よろしければ愛のクリック、お願いします。*
        にほんブログ村 演劇ブログへ

Team申 第3回公演『狭き門より入れ』(8月27日【木】14:00~/PARCO劇場)

2009年09月05日 16:07

前日は5列目で観たこの舞台。
2回目はなんと最前列センターブロックでの観劇となりました。
嬉しさの余り、ちょっと早めに劇場に着いちゃった(笑)。おかげでしっかりロビー前の混雑に巻き込まれましたけどね

「狭き門より入れ」パンフ←は今回のパンフレット。
今までのTeam 申公演のパンフってすっごく薄いものだったんですが(第1回公演の『時には父のない子のように』もパンフは持ってます)、今回は出演陣が多いだけにページ数も多いし、中には私のような蜷川シェイクスピア好きにはたまらない松岡和子さんと蔵さんと前川さんの鼎談まで載ってます。もう買いです、買い!

イキウメDVDんで、パンフは観劇初日に買ったんだけど、翌日に衝動買いしたのが出演者全員のサイン入りポスターではなく(1公演10枚限定で発売されてます)、イキウメのDVD、『図書館的人生 vol.2 盾と矛~攻めるものと守るもの、武器についての短篇集~』でした。なんだか無性に前川さんのホームグラウンドのお仕事が観てみたくなって(時間がなくてまだDVDは未見)。

そして開演前に、ダブってしまったこの公演のチケットをお譲りしたSさんとお会いして少しお話しました。ナマの観劇が初めてと言われていたSさん。初めての観劇がこの作品なんてラッキーだなと私は思います。

さて、最前列からのかぶりつき観劇ですが。

やっぱり伝わってくる‘熱’と言うものが違います。
汗まで飛んできそうだったよ(蔵さん、汗だくなんだもん)。
それと、誰がつけてるものかは分からないんだけど、舞台上からいい香りが漂ってきたんですよー。
これって前方列じゃないと経験できないことですよね。

そんで、私が最初に観た時にポロポロ泣けてしまった兄弟のシーンが、私のすぐ目の前で展開されたものだから、前日以上に涙が止まらなくて
どーやら私は前川さんの描く兄弟像にめっちゃ弱いらしい。
前作の『抜け穴~』でもモリオ(蔵さん)とにーちゃん(仲村トオルさん)の兄弟シーンにはものすごく想い入れがありましたから。
そー言えば申の第1回公演も兄弟がテーマのお話でしたっけ。
自分に兄弟がいない分、そんな関係に憧れてしまうのかもしれません。

さて、ミーハー的見地からいきますと、もうとにかく蔵さんがかっこよすぎ!
特にイケメンだとは思わないんですが、雰囲気がかっこいいと言いますか。
そんな蔵さんをかぶりつきで見られて本当に眼福でした。PARCO劇場様、有難う!(劇場先行でGetしたチケだったんす。)

で、2回観て思ったこと。

大好きです、この舞台。

間違いなく現時点で今年観た舞台ではNo.1です。


この舞台をもう1回、地元で観られることがとても幸せ。
倉敷のお客さんはどんな反応を見せるのでしょうか?

私はと言えば、PARCO劇場ではできんかったスタオベをしたーい!(なんじゃ。そりゃ)

関連記事
      *Blog Ranking参加中です。よろしければ愛のクリック、お願いします。*
        にほんブログ村 演劇ブログへ


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    *Recent Entries


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。