スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
      *Blog Ranking参加中です。よろしければ愛のクリック、お願いします。*
        にほんブログ村 演劇ブログへ

劇団M.O.P.第44回公演『リボルバー』(7月20日【祝】14:00~/大阪IMPホール)

2009年07月28日 01:08

『リボルバー』松竹座で『NINAGAWA 十二夜』を観た次の日に観たのがこの劇団M.O.P.のセミファイナル公演『リボルバー』。
M.O.P.が来年解散するのはずーっと前から知ってたし、所属してる役者さんたちも知ってる方が何気にいらっしゃるので(キムラ緑子さん、小市慢太郎さん、三上市朗さんなど)注目していた劇団ではあったんですが、シアターTVで放送された映像でしか舞台は観たことがありませんでした。

で、今回どーして観ることになったのか?と言うと、なんのこたーない、私のご贔屓BEST 3の一角(い、いつの間に!?)の北村有起哉さん(以下、ゆっきー)が客演として出演するからに他なりません。
早い話が、ゆっきーが出なかったら今回の『リボルバー』も観てなかったってことですな。いやはや、めっちゃ勿体ないことをしでかすところでしたよ。と言うか、もっと早くM.O.P.に出会いたかった…。

【STORY】
時は明治初頭。マダムお篠が切り盛りする横浜の外国人向けのホテル「青猫亭」にリボルバーを持った青年・守上一馬が強盗に入ってくる。偶然入ってきた警官をなんとかやりすごすが、その後再び警官たちがやって来る。しかし警官たちが追っていたのは一馬ではなく、青猫亭で働く田村伊助だった。彼は地租改正で苦しむ田舎の地主の息子で、その件で役人とトラブルを起こし逃げていたのだった。

数日後、伊助と瓜ふたつの兄弟・譲とともに青猫亭にやってきた佐伯新太郎は土佐出身の自由民権運動に身を投じる青年。マダムお篠と旧知の間柄という新堀松輔に見覚えがあると思ったら、なんと新堀は木戸孝允。それを知った青猫亭の用心棒・日向六郎兵衛は驚く。何を隠そう日向は旧会津藩士で、幕末の京で木戸こと桂小五郎の命を狙っていたからだった。

時は流れ、明治新政府に亀裂が入る。政府の要職にあった西郷隆盛は下野し西南戦争を起こす。廃刀令が発布され、気概を失っていた日向は抜刀隊として戦地に赴くが、その頃には新堀はこの世にいなかった。「西郷、いい加減にせんか」というひとことを残し…。

【CAST】
マダムお篠…キムラ緑子
日向六郎兵衛…三上市朗
新堀松輔…小市慢太郎

松子…林英世
鉄五郎…酒井高陽
政吉…木下政治
八木澤大警部…奥田達士
ツル…勝平ともこ
キクエ…白木三保
ピエール/水沢太兵衛…岡村宏懇
田村伊助/譲…友久航
西村巡査…永滝元太郎
タヅ…美輝明希
戸田警部…新農直隆

守上一馬…北村有起哉
佐伯新太郎…岡田達也(演劇集団キャラメルボックス)
上岡四弦…片岡正二郎



チラシのイラストはなんとなく西洋風ですが、お話は上記のように和ものです。
和もの、大好きっ♪
ゆっきー目当てではあったけれど、本当にこの舞台を観られてよかった!
笑いあり、涙ありの文句なしの舞台でした。M.O.P.は演技に揺るぎがない大人の劇団ってカンジかな。

もともと私は大の幕末好き。それも長州では桂さんが好きだったりするので、小市さんの新堀にはにんまりでした。それに新堀さんが連れてきたツルさんが龍さん(坂本龍馬)の奥さんのお龍さんだってのにも結構早くから気づいてたよ。しかし一馬が盗んだリボルバーが龍さんのだったとは!(あ、でも龍さんのリボルバーって高杉晋作からもらったものなのよ。西郷からもらったものじゃありません。)
それと旧会津藩士のサニーのだんなと長州藩士の新堀さん、そしてその二人に愛されたお篠さんの関係ってのがまた大人じゃないですか! しびれたわ~。でも明治と言う新しい時代になったからこそ成り立った関係でもあるんだよね。
そして自由民権という新しい考え方に突き進んだが故に、人生を閉じなければならなかった青年と、新しい時代を受け入れられず、生き方に迷ってしまった青年との対比にも悲哀を感じました。
明治という時代は余りにも多くの新しいものを取り込むのに急ぎすぎた時代だと思う。ラストは切なくて泣けました。
それにね~、ラストシーンのBGMが個人的にはたまらんかったのです。ふきのとうの“白い冬”ですよ! 高校時代にフォークギターで友人とこの曲を弾き語った思い出のある私にとっちゃこれ聴くだけで泣けちゃうわ。

役者さんですが、まずM.O.P.の女王様(笑)ドリ(緑子)さん。
ほんま、かっこええ~~~~!!
『その男』を観た時も思ったんだけど、気風のいい女性のなんと似合うこと。
ドラマ『スマイル』で林のおかんを演じた人と同じ人だとは思えないよ~!(もちろん、褒めてます。)

サニーのだんなこと三上さん。
めっちゃ渋いんだけど、なんとなく恰幅よくなったよーな…

小市さん。
TVドラマにもよく出演されてるので、M.O.P.中では一番露出度が高い役者さんですな。
個人的に小市さんが桂さんなのは嬉しかった♪
だけど、小市さんめっちゃ痩せたよね? 終演後に物販(DVD予約)のところで客寄せみたいなことをされてたんだけど、ほんまに細くてちょっと心配になってしまいました。余計なことかもしれんが。しかし今思えばDVD予約して小市さんと握手してもらえばよかった。その時は「来年発売なんて先すぎるわ」とか思って予約しなかったんだよね。うー、惜しい!(小市さんのお隣にはマキノさんがいらっしゃいましたよ。)

それにしてもM.O.P.のトップ3(ドリさん、三上さん、小市さん)の3ショットは絵になりますわ、うん。

そんで客演のおっかーこと岡田さん。
今回チケットが取りにくかったのは、おっかーのファンが多かったからだろーかと思いました。それはカテコでマキノさんも仰ってたな(笑)。

ゆっきーはね、なんだろう、いい感じの客演振りと言うのかな。
彼のもともと持ってる自由さが前面に出てたって感じがします。自由さって言うか、その空間に染まることができる自在さと言った方がいいかもしれない。ゆっきーのこういうスタンスが私は大好きです。

カテコは大演奏会。しかし演技も楽器もできなきゃいけないM.O.P.は大変だ。でもとっても楽しそうでした。観てるこっちもなんだかHappyな気分にさせてもらえたよ

来年は遂にファイナル。観に行こう、絶対。

『リボルバー』東京公演、観るのを迷ってる方は是非!
平日は今ならまだチケットに余裕があるようですよん♪
ほんま、‘Don't miss it!’でっせ。
関連記事
      *Blog Ranking参加中です。よろしければ愛のクリック、お願いします。*
        にほんブログ村 演劇ブログへ


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    *Recent Entries


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。