スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
      *Blog Ranking参加中です。よろしければ愛のクリック、お願いします。*
        にほんブログ村 演劇ブログへ

本領発揮。

2009年02月17日 01:41

私が住んでるところのTV局ではネットされていない『妄想姉妹』というドラマに高橋洋さんが出演すると知ったのはいつだったでしょうか。
最初は「なんか怪しいタイトルのドラマやのぅ」とか思ってたし、洋さんのゲスト出演回の放送日が二転三転して困惑しちゃったし(ま、これは所属事務所の問題だけど)、TEAM NACSの重ちゃん(戸次重幸さん)が出た第1回を友人Kに見せてもらった時には、正直「…び、びみょ~」とか思ったし。


しかし。


まさかそのドラマに泣かされる日が来ようとは!


【第5話「智恵子抄」】

 秘密書庫の中の11冊の本を全て読み終えた時、父・草太郎(田中哲司)の死の謎が明らかになるかもしれない―。早く真相を知りたい節子(高橋真唯)は、ひとり抜け駆けしようとして見つかり、藤尾(紺野まひる)と口喧嘩を始める。そんな2人をたしなめた晶子(吉瀬美智子)は、積まれていた残る7冊の本の一番上、高村光太郎の『智恵子抄』を手にした。

 この本は、彫刻家で詩人の高村光太郎と妻・智恵子のラブストーリーで、妄想や幻覚を起して理性を失い狂気となった智恵子を、光太郎が愛し続ける、という内容。智恵子が光太郎を置いて先に逝ってしまった、と節子から聞いた藤尾は、すぐに本を受け取って読み始めた―。

 無邪気でくったくがなく、まるで幼女のような智恵子と光太郎(高橋洋)が初めて結ばれたのは、アトリエの中。智恵子から生きる力を吹き込まれた光太郎は、意気揚々と創作を開始する。生き生きと作品に向かう光太郎を、幸せな表情で見つめる智恵子。だが、精神に異常をきたした智恵子は、光太郎の愛に包まれながら天国へ旅立つ。その後、光太郎は、智恵子を思い浮かべながら最後に裸婦像を完成させて亡くなるのだ。

 死んで消滅した智恵子の肉体と魂を、彫刻と詩で永遠のものにした光太郎。この作品について話を始めた晶子、藤尾、節子の3人は、19もの長編、いくつもの短編を残した草太郎の作品の中に、光太郎が智恵子を永遠のものにしたのと同じものがあるのではないか、と推理した。

 互いに自分の母親を思い浮かべた3人の謎は、さらに深まって―。




リアルタイムで見られないからこそめちゃめちゃ気になって、放送時間は某巨大掲示板の実況chまで覗いてしまった(爆)。
書き込みの中に何度も「男役、誰?」ってのがあって、思わず「舞台で定評のある高橋洋だよ」と書き込みたくなる衝動をねじ伏せた私だったのでした。

で、放送終了直後に第2日テレで始まった配信で、その日のうちに何度も何度も繰り返して見てしまいました(光じゃないと見られないのかと思ってたけど、ADSLでもちゃんと見られたよ)。

関西地方在住の洋さんファン仲間のために以下ネタバレ、隠します。



高村光太郎する洋さん今までネットなんかで4話まで全部見たんだけど、どれも主人公の3姉妹がストーリーの中心だったわけですね。ま、それは当たり前か。
でもこの第5話のテーマの『智恵子抄』(余談だけど、うちのPCで「ちえこしょう」で変換して最初に出てくるのが「知恵故障」)は、作者の高村光太郎の目から見た妻・智恵子のお話なので、必然的に男の方が前面に出て来ることになります。だから、はっきり言って、まひるさんよりも洋さんの方がお話の核になってました。

光太郎@洋さん確かにメガネはまだしも、いかにも「つけてます」的なヒゲは似合ってなかった(ジェイクイズ的なヒゲならめっちゃ似合うのだが)。きっちり7:3分けの髪も「……」でした。ま、高村光太郎自身がそーいう容貌だったので、似せようと思えば仕方ないっちゃー仕方ないんだけど。以前から見たかった和装洋さんも見られたものの、うーん、似合ってなかったよーな…(←ダメだしばっかしている)。但し、それを補って余りある演技力に思わず見惚れちゃいました。

Champione del monde自分が愛した智恵子の姿を形に残しておくためだけに自分が生きている…と考える光太郎のような、こういう何かを背負ってる役は本当に洋さんは巧いなぁと思います。
最後の方の、亡くなった筈の智恵子が現れて光太郎の目を手で覆うシーン。塞がれた光太郎の目から涙が流れるところで私の涙腺まで決壊してしまったんです。

もうね、なんつーか。
ものすっっっっごく良かったです、洋さん。
久々に‘高橋洋らしい’演技を観たような気がします。
光太郎の語りのシーンも多くて、やっぱいい声してるなぁ、洋さん。ナレーションのお仕事とか来てないんだろうか。
いや~、洋さんファンとしては有難かったです。こんな洋さんの演技が観られて。キャスティングしたスタッフさんはお目が高い!

でもさすがにエロスシーンは見てて恥ずかしかったよ~。
PCの画面の大きさで見てもかなり恥ずかしかったので、TV画面サイズで見たら相当なものだったと思います。このシーン、今までで一番エロくなかったか? いやーん、何故にそれが今回だったのー!?


ところで、このドラマのDVD、もう発売決定してるんですね。
特典映像に洋さんが映ってたら買うかもしれない…。と言うか、買いそうで怖い。
関連記事
      *Blog Ranking参加中です。よろしければ愛のクリック、お願いします。*
        にほんブログ村 演劇ブログへ


コメント

  1. 卯月 | URL | -

    私も泣きました(ToT)
    洋さんの演技やっぱり大好きだと改めて思いました。
    最初は私もドリフっぽい付け髭にはちょっとなぁ…と思ってましたが、ドラマで洋さんの演技を見ているうちに全く気にならなくなりました。
    洋さんは本当に凄いですね(^^)
    エロスシーンもドキドキでした(〃д〃)

    洋さんの声って本当に良い声ですよね。ナレーションのお仕事、私も是非洋さんにやって欲しいなぁって思います!(^O^)

  2. Ray@管理人 | URL | 0/HLcGmk

    > 卯月さん

    私もあのドラマでまさか泣けるとは思ってもみませんでした。
    今までのお話の中では完成度もダントツだったと思います。
    いいテーマの回に呼んでもらえたなー、洋さん。
    改めて洋さんの演技の幅の広さに感心してしまいます。
    マジでナレーションのお仕事もして欲しいです。

    と言うか、早く舞台に戻ってきて~!

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)


*Recent Entries


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。