JUDAS PRIEST(9月25日《木》19:00~/大阪フェスティバルホール)

2008年10月09日 19:02

今更のお話ですが、自分 & 一部のHR/HMファンの友人(Kさん、アナタよ(笑))のために今回のエントリーをUpします。
長い上に、JUDAS PRIESTを「劇団☆新感線のオープニング&カテコの曲を演奏しているバンド」としか知らない人はこのエントリーを読んでもきっと「????」だと思うので、あしからず。



翌日から京都旅行を計画していたので、泊まりは京都です。
四条西洞院に新しく出来たホテルにお昼過ぎにチェックイン。四条通に面した綺麗で便利のいいホテルでした。もしかしたらこれから京都の定宿にしちゃうかも。
冨美家なべその足で錦市場に向かい、京うどんで有名な冨美家さんで念願の冨美家なべ(鍋焼きうどん)→を食べました。今まではタイミングが悪くて、テイクアウトの京風冷麺しか食べられなかったのよ~。この冨美家なべ、具も多いし(えび天、おもち、卵、煮椎茸などなど)めっちゃおいしかったです。これでお値段600円。いや、もう満足満足♪ 京都に行ったらまた食べたいー!
で、錦市場を1往復して、三木鶏卵さんでだし巻きと、こんなもんじゃさんで豆乳ドーナツを買った。なんだ、このベタな買物は…(爆)。だし巻きは翌日の朝食用、豆乳ドーナツはホテルに戻ってから気づいたら半分以上食べてた

で、19時開演なので、それまでに何か食べておかないとと思ってちょっと早めに大阪入り(ちょっと早すぎて時間を持て余しちゃったんだけどさ やっぱ京都と大阪って近いねぇ)。ドーチカ(堂島地下センター)のドトールで軽~くお腹に入れて、戦場(?)のフェスティバルホール(以下フェス)に向かいます。
フェスに行くのは一体何年振りかしら? 昔はHR/HMのLiveで年に何回も行ってたなぁ。そー言えば初めて私がJUDASのLiveを観たのもフェスだったっけ。そんなことを思いながら堂島川にかかる渡辺橋を渡ると懐かしさがこみあげてきました。

と、懐かしさいっぱいでフェスの前に着いてみると、うわーーー、なんじゃこりゃ いかついおっさんばかりが目に付きます。いやーん、いかにも一般人女性の私なんて場違いもいいとこじゃん。それでもファン歴はそこら辺の人たちよりも長いかもしれない私(なんせファン歴25年だ)。そんな雰囲気に圧倒されながらも、入場の列に並んで会場内に入りました。

私の席は1階G列の右サイド。なんか初めてJUDAS観た時もこんなポジションだったよーな気がします。確かH列だったか、G列だったかなんだよね。
以前までは事前に雑誌(「BUR●N!」とか←今でもあるの?)でセットリストを調べて予習してたんだけど(セットリスト通りにカセットテープを編集したり←カセットって…)、最近はまったくそんなこともしなくなりました。ま、これは25年来ずーっと聴き続けてきたJUDASのLiveだからできることであって、他のバンド(DEF LEPPARDは除く)では予習しないととてもついていけないと思いますが。
で、席に着いてみると、私の左隣はお一人様の、私と同年代っぽい男性。一瞬声をかけてみようかとか思ったけど、なんとなくやめてしまいました。反対の右隣には誰も来ず、おかげで余裕を持って観られましたよ。そー言えば3年前の大阪城ホールでのLiveでも右隣は来なかった。何故だ(爆)。

しかし会場前に着いた時も、入場前に並んでる時も思ったんだけど、開演前にトイレに行った時に最も感じたのが「なんで男ばかりしかいないんだ!」ってこと。普段舞台でトイレに行列ができてるのは女性用ですが、この時は男性用が長蛇の列! いやいや、珍しい体験をしました(笑)。

開演前に流れていた曲はMotorheadとか、AC/DCとか、古めなHR/HMの曲。ここんとこの新しいバンドの音には疎い私も知ってる曲が殆どでした。ファンの年齢層も高いので、開演前からこの流れる曲でノリノリ。
そうこうしてるうちに開演時間の19時。でもまだ始まる気配はない。ファンの方は待ちきれなくて、もう大変。流れる曲に手拍子や歓声が上がります。ああ、これってHR/HMのLive特有だよなぁ、って思ってしまった。

で、19時5分。遂にMetal Godの登場です!

以前も触れたことがあると思うけど、私は大のK.K.Downing(以下Kenちゃん)ファン。なので本当は右サイドじゃなくて左サイドで観たかった。Live中、ずーっとKenちゃんしか観てなかったもんね。だから本気で左サイドのGlennファンの方と席を変わってほしかったです。

↑でも書いたけど、今回は事前準備をまったくしていませんでした。だから、イントロ部分で次の曲を判断するしかないんだけど、これがスリル感とドキドキ感があって良かったんす。
ただ、『Painkiller』以降の曲は聴き込んでないので余りノレなかった…。ごめんよ、Metal God 
でも往年の曲には強い私、余りのノリ具合にお隣の男性はたぶん驚いてたと思います。目一杯大声で歌い、ヘッド&フィスト・バンギングやっちゃってたもん

で、今回のセットリストは↓にも書きますが、Kenちゃんファンの私にとっては涙ものの曲のオン・パレードだったんですよ。いきなり3曲目に“Eat Me Alive”が来た時には「きゃーーーっっ!!うっそーーっっ!!」だったし。大好きなんですー、この曲のツイン・ギターのフレーズ! 『Defenders Of The Faith』のアルバムが出た時からいつかはLiveで聴きたい曲だなーって思ってたけど、ついぞ来日公演ではPlayしてくれたことがなかったんです。それがこの2008年になって聴けるとは…。めっちゃ嬉しかったぁ
他にも“Devil's Child”(ものすごーっく好きー!)とか、“Dissident Aggressor ”(これには驚いた!)とか、“Sinner”とか、Kenちゃんがメイン・ギター・ソロを弾く曲を聴けて、私はもう幸せで~。
Kenちゃんは本当にかっこよくて、相変わらずノースリーブの上腕部がせくすぃだったわ♪(笑) 50代になってあんなにノースリーブのコスチュームが似合うおっさんミュージシャンもいないと思う!ずーっとKenちゃんファンで良かったーとマジで思いました。でもね、だからこそKenちゃんサイドで観たかったよ。

大阪公演は2日あったんですが、私が観たのは初日。なので、Liveが終わった時にちょっと翌日の当日券が気になってどこら辺の席が空いてるのか訊いてしまった。でもやっぱり観たい気持ちを無理やりねじ伏せたのでした。それってどーだったのかしら。

とにかく長年ファンをやって来た私としても、今回のLiveは完全燃焼できた1時間45分でした。ま、まだまだ聴きたい曲もいっぱいあったんだけど、それは次回に、と言うことで(果たして次回はあるのか!?←いつも思う)。

ちょっと残念だったのが、日本のLive特有のパンフレットが今回はなかったこと。もともとRock Tシャツは買わないタイプなので、今回のLiveを観た証がチケットの半券だけっていうのは寂しい気がしました。

【Set List】
①Prophecy 
②Metal God 
③Eat Me Alive 
④Between The Hammer & The Anvil   
⑤Devil’s Child 
⑥Breaking The Law 
⑦Hell Patrol 
⑧Death
⑨Dissident Aggressor
⑩Angel
⑪The Hellion~Electric Eye
⑫Rock Hard Ride Free
⑬Sinner
⑭Painkiller   

~encore~
⑮Hell Bent for Leather
⑯Green Manalishi
⑰You've Got Another Thing Comin'

【JUDAS PRIEST】
Rob Halford(vo.)
Glenn Tipton(g.)
K.K. Downing(g.)
Ian Hill(b.)
Scott Travis(ds.)



Σ(・o・;) ハッ!
Kenちゃんのことしか書いてない!(←洋さんと同じパターンじゃん

じゃとりあえず、他のメンツについてひとことずつ。
Robはよく声が出てたよ。
Glennは元気だった。
Ianのベースはかっこよくてお腹に響く。
Scottは時々スティックを上に放り投げては落としてた。
以上(それだけ???)

関連記事
      *Blog Ranking参加中です。よろしければ愛のクリック、お願いします。*
        にほんブログ村 演劇ブログへ


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    *Recent Entries