スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
      *Blog Ranking参加中です。よろしければ愛のクリック、お願いします。*
        にほんブログ村 演劇ブログへ

『SISTERS』(7月10日《木》19:00~/PARCO劇場)

2008年07月16日 20:30

昼間に新宿コマでとにかく楽しい『五右衛門ロック』を観た後はJRで渋谷に移動。
ソワレはPARCO劇場で長塚圭史さん作・演出の『SISTERS』を観ます。
ちょっと時間があったので、夕食は渋谷東急の中の‘まい泉’でお好み膳をしっかりがっつり食べましたよ。これで観劇中にお腹が鳴ることはないわ♪(笑)

SISTERSさて、PARCO劇場で舞台を観るのは今回が初めてです。こじんまりした劇場なんですね~。でもさ、9階の劇場まで行くのにエレベーターしか使えないってのはどーよ?ま、私は友人にそのことは聞いてたので、早めに行ってたし、劇場を出るのもめっちゃ早かったので全然問題はなかったんですけどね。しかし早く行き過ぎて時間を持て余しまくっちゃったよ

この『SISTERS』、実はチケットが取れたら観ようって感じだったんです。
だけど、これを最後に1年間ロンドンに行っちゃうので、しばらく圭史さん絡みの舞台が観られないワケで、それを考えたらやっぱりチケットを取ってよかったな。
そーゆーノリだったのに、いざ取れたチケットはA列(4列目)のセンターブロック PARCO劇場はA列から段差がついてるので、とても観やすい席でした。

【STORY】
舞台は…ある寂れたホテル。
このホテルの女主人でありレストランを切り盛りしていた操子が数ヶ月前に亡くなった。
今は彼女の夫であり、このホテルのシェフである三田村優治がホテルを経営している。
しかし、操子の死後、客は遠のき、優治の料理の評判もいまひとつ。
そこで優治と従業員の稔子は、優治の従兄弟で、
東京のビストロでシェフをしている尾崎信助にレストランの新メニューを作ってもらうよう依頼した。
新婚である信助は、妻の馨と共にこのホテルにやって来る。
このホテルの一室には10年ほど前から、
操子の兄であり、小説家の神城礼二が娘・美鳥と共にひっそりと暮らしていた。
美鳥が馨に近づいていくことにより、馨の隠された過去がじわじわと忍び寄ってくる。

【CAST】
尾崎馨…松たか子
神城美鳥…鈴木杏
尾崎信助…田中哲司
三田村優治…中村まこと
真田稔子…梅沢昌代
神城礼二…吉田鋼太郎



出演陣だけを見ると「え? 蜷川舞台?」みたいなメンツですが、長塚圭史の手に掛かると意外な化学反応を起こします。

圭史さんの舞台はいつも内容が内容だけに、まっ昼間に観たいとは思えないんです。今回も観るなら絶対にソワレだと決めてたし。でも夜に観るとまた気分が凹むんだよなぁ…

今回の『SISTERS』もとにかく重いお話でした。但し、圭史さん舞台につきものの「血」そのものは出てきません。が、別の意味の「血」~人間が生きていく上では切れない「血縁」という「血」~が深く関わるお話です。

登場人物はみな(稔子以外)は濃い・薄いの違いこそあれども親戚です。親戚という関係は、ある意味ではとても頼りになる存在ではあるけれど、別の意味ではうざい、厄介な存在でもある。
そんな危うい関係の中でも、馨と美鳥、馨と信助、馨と礼二というふうに、馨を中心に話は進み、最後には思い出したくない彼女の過去が明らかにされて行きます。

ラストシーンの演出も驚きました。水をあんなふうに使うのか。床に溜まっていく水は馨の心の中の不安を表しているようで。曼珠沙華の花がいくつも漂うその中に横たわる礼二と美鳥にはちょっとゾッとしてしまった(漂うのが曼珠沙華というところにもちゃんと意味があります)。
心が壊れてしまった馨はちゃんと信助と一緒に家に帰れたんだろうか。


遠征最後に観た舞台がこれで良かったのか!?と正直思ってしまったくらい、衝撃的でした。
衝撃的だけど、心に棘のように刺さって残る舞台。
ラストシーンからカテコにかけて、涙が止まらなかったです。PARCO劇場から渋谷駅に向かう途中でもヤバかったもん。
衝撃的すぎて感想がまとまらない。書きたいことや、観てて思ったり感じたことはたくさんあるのに。

とにかく松さんの演技にずっと目を引きつけられっ放しでした。
松さんの舞台は今までに『贋作・罪と罰』『メタル マクベス』しかナマで観たことないんだけど(映像では他にも何本か観てますが)、感情の起伏の表現など、今回の馨を演じる松さんは本当に素晴らしかったです。

それにしても圭史さんは、ガツーン!と来る話を書きますわ。
どんなアタマをしてるんだろう。
ただ、テーマがテーマだけにみんなに「観てね」とオススメできる作品ではないかも知れません。

でも私は好きです。
観てよかった。


それにしてもこーたろーさん。
若い子とkissしすぎ(笑)。
関連記事
      *Blog Ranking参加中です。よろしければ愛のクリック、お願いします。*
        にほんブログ村 演劇ブログへ


コメント

  1. こみ | URL | -

    ふふふー

    いいなぁー濃い遠征だったようですね。
    私はめちゃくちゃ自粛してます。

    が、「sisters」は行きたいなー
    平日なら行けるかもなので、検討してみます。

    「五右衛門」はお友達のおかげで
    素晴らしい席なので楽しみだぁー

  2. うづき | URL | -

    この舞台、観に行こうかなぁと思ってたんですが、やめてしまいました。
    やっぱ、観に行けば良かったかな…とちょっと後悔。

    PARCO劇場ってエレベーターでしか行けませんでした?私がこの前行った時は、エスカレーター+階段で行けたと思ったのですが…。あれ?違ったかな(^^;


  3. りこぴん | URL | -

    この舞台見た後…かなり凹みました。
    血はなかったけど、水は衝撃的!?
    長塚さんの舞台生で初めて見たけどインパクトありすぎでした。

    そして…道元の冒険が面白かったので千秋楽も行く事にしました~♪

  4. Ray@管理人 | URL | 0/HLcGmk

    > こみさん

    濃かったよ~。
    東京まで行った甲斐があったってもんです。

    『SISTERS』は是非観てね。
    みんなに勧められる舞台ではないんだけど、こみさんには観て欲しいな。
    で、感想も聞きたい。

    『五右衛門ロック』は舞台数を重ねた大阪、面白そうだなぁ。
    楽しんできてね♪



    > うづきさん

    うづきさんは『SISTERS』はご覧にならないんですね。
    確かにテーマが重いので、皆さんに「観てー!」って言えない舞台なんです。
    だけど私は好きな舞台でした。
    凹んじゃうけど、心に残るお話です。

    PARCOは7階あたりまではエスカレーターで行けるんですが、9階の劇場にはエレベーターのみでしか行けませんでしたよ。
    なんか不便ね。



    > りこぴんさん

    ご覧になられたんですね。
    圭史さんの舞台には‘血’がつきものなのですが、観る前からさすがに今回は出演陣が出演陣なので、‘血’そのものは出てこないかなとは思ってました。
    だけど、‘血’そのものが出て来るラストよりも『SISTERS』のラストの方が私には衝撃的でしたね。
    あああ、やっぱ大阪も観に行きたいなぁ。

    『道元』楽、今からでもチケットが入手できるんですか。
    やっぱ売れてないのか…e-263

  5. 卯月 | URL | -

    あれ、なかったですか。階段。
    でも自分、行きは8階までエスカレーターで行ってそこから階段上がって入ったんですよ。
    むしろ、エレベーターで行けたことを帰る時に初めて知って。

    …まぁ、それはさておき、「五右衛門ロック」観ました。なんかすっごかったです~。生まれて初めてスタオベしました。古田さん、かっこよかったです(^^)
    今日はまた道元観て来ます。

    …この間のコメですが、うづきは卯月なので。間違えて入れました。すみません。

  6. Ray@管理人 | URL | 0/HLcGmk

    > 卯月さん

    はいはい、ちゃんと了解しておりましたよ。<うづきさん=卯月さん

    PARCO劇場までの階段はあることはあったんですが、ロープが張られてて、立ち入り禁止になってたんですよ。なんででしょうね。

    新感線、面白かったでしょ?
    とにかく観る側を楽しませてくれるのが新感線なんですよね。
    やっぱ古田さんはかっこよかったですか。古田さんは舞台とTVとのギャップがたまらんのですよね。

  7. 卯月 | URL | -

    何回もごめんなさい。
    多分、立入禁止になってたのは開場してなかったからだと思います。
    開場時間になると上がれるようになるんだと思います、確か。
    こんなことでいちいちしつこいわ!って感じですね…すみません。
    このコメに対してのお返事はされなくていいので。失礼しました。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://obohe.blog5.fc2.com/tb.php/652-1c0698f1
この記事へのトラックバック


*Recent Entries


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。