スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
      *Blog Ranking参加中です。よろしければ愛のクリック、お願いします。*
        にほんブログ村 演劇ブログへ

今月2回目の大阪遠征。

2008年02月29日 00:05

さっき大阪から帰って来ました。

はい、たっちゃんの『身毒丸 復活』をマチソワって参りましたよ。

感想はまた後日Upしようと思ってます。
なんせまだ『リア王』前楽&大楽の感想もUpできてないんだもの~

以下、ちょっとながらひとこと感想。

25歳のしんとくは“少年”じゃなくて“青年”だった。

ああ、15歳のしんとくが観たかったなぁ…。
関連記事
      *Blog Ranking参加中です。よろしければ愛のクリック、お願いします。*
        にほんブログ村 演劇ブログへ


コメント

  1. こまち | URL | -

    昨日は(“も”かな?)お会いできて嬉しかったです。
    藤原君やっぱり大人になっちゃってますよね(当たり前ですけど)
    でも、今回の“復活”を観て、やっぱり彼の身毒丸は大人になっても素晴らしいと思いましたよ。
    また観たくなってしまった。

    また、夏にお会いしましょうね~。

  2. Ray@管理人 | URL | 0/HLcGmk

    > こまちさん

    いやいや、会う時はインターバルが空かないですねぇ(笑)。
    少しですが、お話できて楽しかったです。

    たっちゃんしんとく、やっぱり大人になってましたね。
    私はファイナルのDVDでしか観たことなかったけど、それでもちょっと違和感を感じてしまったのが正直な感想です。

    ただ、今回実際に観てみて、『身毒丸』は凄い演目だと思いました。
    1回観ただけじゃ頭が追いつかない。
    感性で観る舞台ってあるんですね。

    と言うことで、今は『身毒丸』のミュージックファイルを聴きながら感想をまとめ中です。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://obohe.blog5.fc2.com/tb.php/597-86c420e5
この記事へのトラックバック


*Recent Entries


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。