スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
      *Blog Ranking参加中です。よろしければ愛のクリック、お願いします。*
        にほんブログ村 演劇ブログへ

彩の国シェイクスピア・シリーズ第18弾『オセロー』(11月18日《日》12:30~/大阪・シアタードラマシティ)

2007年11月30日 00:15

遂に来てしまいました。『オセロー』大千穐楽。
開場前に会場近くのコンビニでめっちゃ偶然に洋さんファン仲間@関西組のきゃさりんと遭遇。きゃさりんとも久々対面でした。前に会ったのっていつだったっけ? 長い間会ってなかったよなぁ

とにかく泣いても笑っても、今回の『オセロー』という演目とイアゴー@洋さんを観られるのはこの日1回限り。心して観ようと決意しました。
そんでもって、しっかり観るにはナイス・ポジションの7列下手通路横だったこの日の私の席。ただ、「7列目だから持って行かなくてもいっか」と双眼鏡を持って行かなかったことがこの日最大の敗因になることに… 最後の最後だからこそ、洋さんの表情をしっかり見届けなきゃいけなかったのに!! これからは5列より後ろの席の時はたとえ周囲に引かれても(笑)、必ず双眼鏡を持って行こうと決めました(但し洋さん出演舞台の場合のみ←はっきりしとるな

さすがにこの日は客席の方も気合の入った人が多かったせいか、前日の不思議な笑いはまったく起きませんでした。と言うか、そんな気持ちにさせないくらい、出演陣が凄かったと言っていいかもしれません。

私もこれまでに5回観てたのに、予想しなかったシーンでボロボロ泣けちゃって驚きました。最初は1幕でイアゴーが初めて自分の心に描いた企みを口にして叫ぶシーン。
そして次は1幕ラスト。イアゴーが膝をついてオセローへの忠誠を口先だけで誓うシーン。その後の闇に沈んでいくイアゴー非情な笑みを観て、なんだか胸がめちゃめちゃ苦しくなって、思わず落涙してしまったんです。

しかし前日のソワレから気づいてたんだけど、1幕最後の方のイアゴーに対するオセローの乱暴具合が日に日に酷くなって行ってなかったか? 埼玉では髪の毛を引っつかまれて引き摺り倒されはしてたけど、足蹴になどされてなかったハズ。しかーし大阪では遂に蹴られてましたよ、イアゴー こーたろーさん、そんなところはサービスしなくてもいいんですよー(と言いながらSな私は「きゃーっ イアゴーが蹴られてるーっ」とか思っちゃったんだけどさ)。

2幕の女ふたりのシーン。このシーン、やっぱり大好きです。埼玉で観た時と少し演出が変わって(と言うか、女優さんたちのこのシーンに対する解釈が深くなった?)、より一層心に響くシーンになりました。優ちゃん@デズデモーナの「柳のうた」は本当に儚げで、エミリアのえりかちゃんもめちゃめちゃ泣いてたけど、私も泣けて泣けてしょーがなかったです。

そしてラストシーン。双眼鏡を持って行ってなかったことを最高に後悔したのがこの場面でした。
最後の最後にイアゴーは涙を流したのか?私も一生懸命目を凝らして観たのだけど、目が潤んでるところはしっかり分かったものの、落涙までは確認できませんでした。
だけど私は敢えてイアゴーは涙を流さなかったと解釈したいと思います。だって観てないもんねー、私は!

カテコ。この日は今までよりも1回多くて4回でした。
でも大阪なのに、ましてや大楽なのに、めちゃめちゃあっさり終わってしまった気がします。
まぁ大盛り上がりで終わるような演目でもないんですけどね、なんせ悲劇だし。
でもカテコで洋さんが出てきた時に一層拍手が大きくなるのが嬉しくて、涙が止まらなかった。その後に前日のソワ同様、並んでる時に清水さんに「よくやったね」と労われて笑顔を見せた洋さんに涙、お隣の馬木也さんと笑顔で話してる洋さんを見てまた涙、こーたろーさんに肩を抱かれてはにかんだ笑顔の洋さんにもまたまた涙、何度も安堵したように、そして自分の心を落ち着かせるように深い息をついてた洋さんを見てもまたまたまた涙
こんな感じでカテコではどんな洋さんを見ても泣いてました。あほかー、私。
んでもって、最後の最後にこーたろーさんに手をひらひらさせて紹介してもらった優ちゃんが、同じように洋さんにしようとして、めっちゃ洋さんが恥ずかしがってたのにウケちゃった。か、かわいい、洋さんっ


終演後は洋さんファン仲間@関西組有志とお食事会。
初対面の方も何名かいらっしゃったけれど、洋さんネタとなると初対面も何もありゃしません(笑)。こんな機会でもなければ、洋さん話や舞台話を目一杯できることってないよね。だからこそ、そのチャンスを大事にしたいなーって改めて思いました。
そして大楽と言うことで、関東からの遠征組も多かったようでした。
短い時間ではありましたが、お会いできた関東組の洋さんファン仲間の皆様、有難うございました。

次は来年1~2月の『リア王』ですね。私はさい芸にも大阪にももちろん参ります。
またその際にはいろんな方と洋さん話三昧できればいいな。

こんな風に『オセロー』大楽公演は終了しました。
なんだかいろいろ疲れたし、舞台を観て辛くなったのなんて初めてだったけど、本当に幸せな1ヶ月間でした。
高橋洋さんと言う舞台俳優のファンで良かったです。
そして、今まで以上にこれからも洋さんにはどこまでもついて行きたい、いつまでも応援したいという気持ちが強くなりました。

だから早くエドガーに会いたいよー。

関連記事
      *Blog Ranking参加中です。よろしければ愛のクリック、お願いします。*
        にほんブログ村 演劇ブログへ


コメント

  1. berowne | URL | 0KFvkweI

    こんばんは!そして大阪では短い時間でしたが、ご挨拶できてよかったです☆ホントはもっと早く会場に着く予定だったんですが・・・うぬぬ(^_^;)

    蹴られるイアゴー・・・同感です(笑)ヨカッタです・・・洋さんゴメンナサイ(笑)

    >だって観てないもんねー、私は!

    (笑)!
    イイです(笑)いつも思いますけど、同じ時に同じ芝居観てるのに、人によって見てるトコ全然違ったり、観てるトコ同じなのに感じ方が全然違ったりすんのが、ホント舞台のオモシロイとこだな!と思うんですよね~(*^_^*)

    >めっちゃ洋さんが恥ずかしがってたのに

    めっちゃカワイかったですよねコノ洋さん!!
    キャ~ッ(*^o^*)と一気にテンション上がってしまいました(笑)

  2. テル | URL | -

    やっぱり、オセローもう一回みたかった(>_<)みなさんのレポよんで改めて、思いましたよ(-.-;)
    カテコでヒラヒラされて恥ずかしがってる洋さんや吉田さんに蹴られる洋さん(←おぃおぃって感じですが)キャシオー(山口さん)に抱きしめられて、埋もれてしまう洋さん(T^T)・・・って、洋さんの事ばかりで・・軽くヤマイです、ハイ(*^^*ゞ
    でも、次です!リア王のエドガーですよね☆Rayさん(^0^)/
    あっ、ショックな事がありました!本屋で赤い表紙のタレント名鑑に高橋洋さんが載ってたんです・・・・がっ・・『たかはし ひろし』って(+_+)どう?

  3. こみ | URL | -

    このレポ読んで舞台のことまた思い出しました。千秋楽は観られませんでしたが、私にとっても記念すべき作品になりました。

    洋さんに出会えて本当に良かった。
    また語りましょう

  4. おれんじ | URL | -

    こんばんは!大阪公演レポ拝見させて頂きました。記憶に留めておくことは難しいですが、こうしてレポを読むとよみがえってきました。素敵なレポにはメモをしたりとご苦労の上になりたっているのですね。本当にマニアックなところまで・・・。(笑)今後も楽しみにしています。
    私自身最初はこの作品をこんなに観る事になるとは思わなかった位、惹かれた印象的な作品でした。
    今度は「リア王」ですね~。

  5. Ray@管理人 | URL | 0/HLcGmk

    > berowneさん

    大阪楽ではご挨拶くらいしかできませんでしたね。
    でもまた今度、ゆっくり洋さん話ができる機会が必ずあると信じてます、はい。

    本当に観た方によって、同じ舞台でも感じ方が違うんですよね。それがナマモノの面白さであり、怖さでもあると思います。
    でもやっぱり双眼鏡を持って行かなかったのはめちゃめちゃ後悔しました。でもいい勉強になりましたよ(笑)。

    カテコの洋さん、相変わらず「有難うございました」と言いながらのお辞儀が誰よりも深かったですね。
    そこを見てるだけでも「いいわぁ、洋さんっe-266」と思ってしまいます。
    『リア王』のエドガーが今からめちゃめちゃ楽しみです。



    > テルさん

    『オセロー』は回数を観れば観るほど深みにハマってしまう舞台だと思いました。
    でも精神的に疲れるので、悪役の洋さんはしばらくいいや~(笑)。
    その点、次のエドガーは父親思いの王子タイプ(笑)なので嬉しいです。
    久々に腹筋も見られるかしら~。←腐女子(爆)。

    >> 「タカハシ ヒロシ」
    お友達のwamさんのBlogで私も知りました。
    人の名前を間違えるなんて一番失礼なお話ですよね。
    どこの出版社が出してるのか知りませんが、分かったら抗議メールを送ってやりたい気分ですv-359

  6. Ray@管理人 | URL | 0/HLcGmk

    > こみさん

    薄らいでいく記憶を一生懸命に探りながらレポ書いたよ。
    自分でもいつもより洋さんマニアック度が低いレポだなぁと思うんだけど、何故なんだろう。
    それほど観てると辛かった舞台だったのかなぁ。そんなん初めてやわ。
    やっぱり『オセロー』はそういう点でも特別な舞台でしたね。

    『欲望』の後、どーする? 時間があったらまた飲み会でもするかい?(笑)



    > おれんじさん

    「観た直後に感想をメモっておけばよかったー!」と観劇後はいつも思います。
    でも『オセロー』ではそんな気分にはなれなかったのが自分でも不思議です。
    なんと言うか、それくらい重~い舞台だったってことなんでしょうか。
    でも、できることならもう一度観たいとも思います。

    来年の『リア王』は悲劇でありながらも、『オセロー』のように洋さんファンとして凹む役ではないので、目一杯マニアック目線で観ようと思います(笑)。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://obohe.blog5.fc2.com/tb.php/555-255bbf67
この記事へのトラックバック


*Recent Entries


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。