スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
      *Blog Ranking参加中です。よろしければ愛のクリック、お願いします。*
        にほんブログ村 演劇ブログへ

混乱しまくる感想。

2005年07月19日 23:11

このエントリーは2005年に『近代能楽集』大阪公演を観劇した際に【おぼへ。】旧宅にUpした感想です。
管理人が今までに観た洋さんの舞台をカテゴライズするにあたり、当Blogにも再掲しました。



『近代能楽集』の感想ですが、未だにまとめきれてません。
己の頭と文章構成力と語彙の不足に言葉もない…。(-"-)
とにかく凄かった。
これしか言えない自分が本当にバカみたいに思えるけど、事実なんだもん。
でも3回分の公演がどれだけ濃かったか思い知ったよ。
2列目、6列目、後ろから2列目と、いろんな席で観られたのも大きかった。


2列目の時は通路横の席だったので、ほんの50~60cm横を小町が通ったり、
俊徳が杖をつきながら通って行ったのも「ふわ~~~」って感じで見てたの。「たっちゃん細っ!」とか思いながら。(笑)
そして2mくらい先の舞台上にいる詩人の立ち姿にホレボレしてみたり、桜間さんの帯止めが小さな般若の面だったのをじっくり確認してみたり。


6列目の時は上手側で通路から3つ横の席。
詩人がその通路から小町を追うように登場するのだけど、「ああ、洋さんステキ♪」とかミーハーしちゃったり。


大楽は席は後ろの方で、隣の席にいたのは母。
私が大好きな竜也の真骨頂、舞台での演技を母にも観て欲しかった。
だから行く前に三島の原作を「読んでおいた方がよく分かるよ」と母に渡しておいたのです。
舞台前には母と原作について少し語り合ったりもしました。
母は「弱法師」で竜也が発する俊徳の長セリフのところで、何故か涙してしまったそう。
ああ、やっぱ母娘なんだわ。泣いたところも一緒じゃん。(笑)
カテコのスタオベはなんと私より母の方が早かったです。
感想を聞いたら「良いものを見せてもらったわ、有難う」と言ってくれました。
そして、私が何故’藤原竜也’が好きなのか分かったとも。
それを聞いて、私もなんだか嬉しかった。
これからもたっちゃんの舞台に行っていいよ、っていう母の許しをもらったみたいで。



私自身も三島の原作を3回ほど読んで臨んだ今回の舞台ですが、個人的には「卒塔婆小町」の方がよく出来た戯曲だと思います。
私は詩人は深草少将の生まれ変わりだと解釈したんだけど、どーなんでしょう?
「卒塔婆~」は観れば観るほど切なくなります。
大楽の時のラストシーンは泣けて泣けて仕方がなかったです。
観る前は「卒塔婆~」で泣けるとは思ってなかったんだけど、やっぱり舞台って、ナマモノって凄い。本以上のものが伝わるんですね。
99歳の老婆から20歳の小町へと戻ってゆく時を演じる壤晴彦さんの様子や
言えば死んでしまうことが分かっていながら、小町に「美しい」と告げて死んでゆく詩人の優しく満足そうな表情を見せる高橋洋さん。
これはやっぱり活字では伝わりません。

もう洋さん、大好き!!
『ハムレット』のホレイシオを観て以来、気になり続ける役者さんではあったけれど、やっとナマで演技を観られて、そしてカンペキに堕ちました。
余り背が高い方ではないのに舞台に上がるととても大きく見えるんです。
カーテンコールでは誰よりも深くお辞儀をする洋さん。
そんなところにも惚れました。
大楽の「卒塔婆~」のカテコが3回だったのも納得です。本当に良かったもの。
私も文句なくスタオベしちゃったよ。


大楽の最後の最後のカテコで「卒塔婆~」と「弱法師」出演陣が揃って出てくるところ、洋さんがセンターにいたのがめっちゃ嬉しかったです。
確かさいたまの楽だったっけ?センターへと促されても行かなかったのは。
それを聞いていたので、夏木さんのお隣に私服でちゃんと洋さんがいたのには本気で大喜びしてしまいました。
今回の舞台を観て、私にはこれからも追って行きたい役者さんがひとり増えました。
秋にはまた『天保十二年のシェイクスピア』で洋さんにお会いできますねー。ああ、待ち遠しい。
そして来年は『間違いの喜劇』が大阪でも上演されると知って、行く気満々です。
舞台上の洋さんに会いたいんだもの。なんとしてでも行きますよ、ええ。

      *Blog Ranking参加中です。よろしければ愛のクリック、お願いします。*
        にほんブログ村 演劇ブログへ


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://obohe.blog5.fc2.com/tb.php/553-7d925b21
    この記事へのトラックバック


    *Recent Entries


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。