スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
      *Blog Ranking参加中です。よろしければ愛のクリック、お願いします。*
        にほんブログ村 演劇ブログへ

彩の国シェイクスピア・シリーズ第18弾『オセロー』(11月17日《土》12:30~/大阪・シアタードラマシティ)

2007年11月22日 20:47

10月21日にさい芸千秋楽を観てから約1ヶ月。
1ヶ月なんてすぐ来るだろうと思ってたのに、これが長い長い。なのに前日の準備をするのが遅い遅い 結局4時間睡眠でしたわさ。長丁場の『オセロー』をマチソワするのに、よりによってこの睡眠時間ってどうよ?

新幹線で大阪入りしたのが11時。会場のシアタードラマシティ近くのホテルにチェックインして、アプローズ・タウンで昼食を取ろうと思っていつも行くお店に寄る。そしたら店内超満員でびっくり。何事かと思ったら、上の梅芸メインホールで『蜘蛛女のキス』をやってたんですね~。なんとか開場時間までに食事を終えて、会場に入りました。
この日の私の席は16列下手寄りサブセンター。でもセンター寄りの上に、前が通路なので、とっても観やすかったです。ただ、足元が狭い… バッグを置くのにもスペースがないのよ。それを除けば、またこの列で観劇してもいいなと思ったくらいです。

前に観劇してから1ヶ月経ったので、再びお話とキャストのご紹介をしておきます。

【STORY】
オセローは、ヴェニス公国に仕える高潔なムーア人の将軍。彼がキャシオーを副官に昇格させたことに不満を抱いているのがオセローの旗手イアゴー。ヴェニス元老院議員ブラバンショーの娘デズデモーナは、年齢の差、人種の違いを越え、父親の意思に背き、オセローの元へ走り結婚を果たす。ブラバンショーは、オセローが娘をたらしこんだと公爵に訴えるが、オセローは、敵国トルコ軍の侵略を阻むため、新妻を伴いキプロス島へ派遣されることになった。激しい嵐が味方し敵軍は全滅、軍の勝利とオセローの結婚の喜びに島中が酔いしれる夜、イアゴーは策略を巡らせて副官を失脚させ、デズデモーナの不貞をでっちあげる…。

【CAST】
オセロー…吉田鋼太郎
デズデモーナ…蒼井優
イアゴー…高橋洋
エミリア…馬渕英俚可
キャシオー…山口馬木也
ブラバンショー…壌晴彦 他



富山・北九州・名古屋と地方公演を重ねてやってきた最後の公演地、大阪。
その間にどこまで進化しているかを観るのが本当に楽しみでした。
大阪公演ですが、さい芸と少し舞台セットが変わってましたね。
まずは公爵と元老院議員たちが集まってたシーンのバックの幕。ドラマシティには翼を持つライオンの絵だけがありましたが、さい芸ではあの下に赤い幕も下がってた。
そして、天井近くに渡された鉄の渡り廊下。さい芸はもっと高かったです。前列で観てたら首が痛かったもん。個人的にはドラマシティくらいの高さでちょうどいいような気がします。

my大阪初日ということで、ちょっと客観的に観てしまいました、この日のマチネ。
で、案の定睡眠時間4時間っつーのがめっちゃ響いて、途中で一瞬意識が遠のきかけた あかんあかん。
でも前の通路をオセローやイアゴー、デズデモーナが通った時にはやっぱりどきどき。特にイアゴーね。扉から出て行くまでずーっと見ちゃったよ(爆)。それにこの列だと後ろを振り返る必要がないのがよかったです。
しかし今回6回の『オセロー』観劇で通路寄りだったのが4回。それもイアゴーが通る下手側が3回。結構ラッキーだったのね、私。

オセロー@こーたろーさんはもうなんつーか余裕でオセローになりきってました。

デズデモーナ@優ちゃんは落ち着きが出てて。

イアゴー@洋さんは騙し方も乗りに乗ってて(え?)。特にロダリーゴーとのシーンはイアゴーのワル顔が様になってるの。相変わらず目がコワかった。
でも「イアゴーをモノにできたな、洋さん」って思いましたよ(←なんだかエラソー)。

この日は全体を観ようと思ってたのに、やっぱりラストはオセローの自害よりもイアゴーの表情を観てしまった…。うう。で、イアゴーですが、ラストでは目が潤んではいたけど落涙はナシでした。双眼鏡でガン見してたから、それは確実。

そしてカテコは3回。2回目あたりでスタオベになりました。私は3回目でやっと立ったんだけど、大阪って相変わらずスタオベが早すぎます。

で、今回改めて感じたのが、大阪って喜劇を観るにはいいところなんだけど(『間違いの喜劇』『恋の骨折り損』『お気に召すまま』はめちゃめちゃ良かったもん)、悲劇には向いてないところなのかなぁ…と。
だって、さい芸では起きなかったシーンで笑いが起こっちゃうんだもん。
ま、オセローとデズデモーナのバカップル振りとか、オセローのてんかん昏倒シーンとかはこーたろーさんも狙って大仰にやってる気がしたから笑っても許されるシーンだろうけど、お話が佳境に入っていくエミリアがオセローを罵倒するシーンでも笑いが起きるのはどうなの? 大阪って少しの笑いどころでも拾っちゃうのよねぇ… とゆーか、自らが笑いに行ってるってゆーか。そりゃ感じ方・見方は人それぞれなんだけど、やっぱ笑いどころかそうじゃないかは判断しようよ。
でもそれ以上に、この日で驚いちゃったのが、オセローがデズデモーナを殺したシーンの後で拍手をしたお客さんがいたこと。あのなー… それも結構長めにやってたの。いい加減、そこがラストシーンじゃないことに気づいて欲しかったです。
あああ、なんだか2月の『リア王』がちとコワい…。


関連記事
      *Blog Ranking参加中です。よろしければ愛のクリック、お願いします。*
        にほんブログ村 演劇ブログへ


コメント

  1. ある子 | URL | -

    こんばんは。
    Rayさん、6回も見たっていうのは本当なんですね!?うわ~、ちょっと、鳥肌モンです。

    各地講演を経るごとに進化する様をしっかり見るなんて正に通!

    軽々しく、私もお芝居たくさん見たい!だなんていって、恥ずかしいわ。

    でも、確実に私の中で興味の度合いが増しているのは事実。いろんな情報を入手して、その味わい方を参考にしたいです。

  2. Ray@管理人 | URL | 0/HLcGmk

    ある子さん、こんばんは。

    ええ、6回観ましたよ。個人的にも最多記録です。今までは同一演目5回観劇が最高でした。
    たぶんこれ以上観ることはこれから先も余りないような気がします。それだけ『オセロー』は特別な舞台でした。

    ある子さんもこれからたくさん舞台をご覧になって下さいね。
    観れば観るほどハマっていくこと間違いなしですよ。

    まずは12月。楽しんで下さいね♪

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://obohe.blog5.fc2.com/tb.php/550-d9db76d0
この記事へのトラックバック


*Recent Entries


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。