スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
      *Blog Ranking参加中です。よろしければ愛のクリック、お願いします。*
        にほんブログ村 演劇ブログへ

『ヴェニスの商人』(10月5日《金》18:00~/兵庫県立芸術文化センター中ホール)

2007年10月06日 22:26

初めての兵庫県立芸術文化センターでの観劇です。
場所は阪急西宮北口駅からは直結で歩いて5分もかかりません。でも岡山から行く私には何回も乗換えがあってなかなか行き難い劇場ではありますが。
それでも劇場自体はお友達から「いい劇場だよん♪」と聞いていたとおりの本当に綺麗で観やすい劇場でした。中ホールは800席で演劇には大きすぎず小さすぎないちょうどいい広さ。私の席はI列センターブロックだったんだけど、前列と段差がいい具合についてて前の人の頭が全然邪魔にならずに舞台が見えました。でもひとつ難があるのは、床が木製なのでヒールなどで歩くとコツコツと結構大きな音がしちゃうってところでしょうか

マスカレードvenice1.jpg開場してから暫くすると、仮装した楽隊と何名かの役者さんがロビーを徘徊してました。ヴェネツィア(伊太利亜好きの私にとってはヴェニスじゃなくてヴェネツィアなんす)の雰囲気を感じて欲しいって演出なのね。撮影も全然OKだったので、デジカメ持っていけばよかったな~なんて思ったよ。で、仕方がないのでケータイカメラで撮影。ブレブレやん(爆)。

【STORY】
 舞台は貿易都市、ヴェニス。この街で貿易商を営む裕福な紳士、アントーニオのもとに、年下の親友バサーニオが借金の申し込みにやって来る。借金の目的は、ベルモントに住む大金持ちの令嬢ポーシャにプロポーズをするためであった。あいにく全財産が海を渡る舟の上にあったアントーニオは、自らが保証人となり、バサーニオにユダヤ人の高利貸しシャイロックを紹介する。ヴェニス中の商人からユダヤ人であるがゆえに迫害を受けてきたシャイロックが、アントーニオに出した条件は、「もしも期限までに借金が返せなかったら、アントーニオの肉1ポンドをもらう」という常識を超えたものであった。果たしてバサーニオは期限までに借金を返せるのか…。

【CAST】
シャイロック…市村正親
バサーニオ…藤原竜也
ポーシャ…寺島しのぶ
ジェシカ…京野ことみ
ネリッサ…佐藤仁美
ヴェニスの公爵…団時朗
アントーニオ…西岡徳馬

サレーリオ…廣田高志
ランスロット・ゴボー…大川浩樹
グラシアーノ…小林正寛
ロレンゾー…横田栄司
テュバル…樋浦勉
ヴェニスの貴族…加門良
ソラーニオ…鈴村近雄 他。


普段シェイクスピアと言えば、蜷川幸雄氏演出作品ばかり観ている私。と言うか、蜷川さんの演出以外のシェイクスピアを観るのはこれが初めてかも知れません(小学校の時に講堂で観たのは別として)。
今回の演出はRSCのグレゴリー・ドーラン氏。シェイクスピアの本場(?)英国の演出に興味深々でした。

しかし今回改めて知ったのは『ヴェニス~』ってこんなにヒドイお話だったのか~ってこと。言い方が悪いけど、キリスト教徒のユダヤ教徒虐めじゃん。
私はキリスト教徒でもないし、無信仰の日本人なので、昔からどうしてユダヤ人とユダヤ教が虐げられてきたのかが分からんのです。だってユダヤ教ってキリスト教の起源にもなってる宗教なんですよ。なのに……
なんて考えても仕方がないのでやめときます。また時間がある時にでもWikiで調べてみよう。

だから私はもうシャイロックが気の毒で気の毒で。「肉1ポンド」のお話にしても、シャイロックは別におかしいことは言ってないのよね。借金の形を返せって言ってるだけなんだもん。ただそれがちょっと常識はずれだっただけで。それをさー、揚げ足取るみたいに借金返済はチャラにさせられるどころか、財産まで没収ですって? この『ヴェニス~』はシェイクスピア作品の中では喜劇に分類されるらしいけど、これのどこが喜劇やねん ま、確かにシャイロックを裁いた後のシーンは喜劇っぽいんだけどさ、なんかシャイロックの哀れさが後を引いちゃって、心からは笑えないのよね。
つーことで、もう『ヴェニス~』の舞台はよっぽどの役者陣じゃないと観ないと思います。それくらい苦手な作品でした。

でも役者さんたちは凄く良かったのよ。
市村さんは流石。もしかしたら市村さんがシャイロックじゃなかったらあれほどの哀れさ・切なさは感じられなかったかもしれません。

たっちゃんはロンドン留学でやっぱり変わったのかな。
元々巧い子だったけど、今回はそれまでどっちかと言うと苦手だろうと思われたコミカルな演技もちゃんと身につけた感じ。バサーニオ以外のポーシャの求婚者2役も弾けちゃっててとっても面白かった。
バサーニオはもう可愛くてねぇ。スーツ姿もステキだったんだけど、最初に出て来た時の仮装服(?)が可愛くて似合ってました。しかしタイツを履いてるとたっちゃんの脚の細さが際立っちゃう。羨ましい…(爆)。
で、アントーニオとのただならぬ関係もそこはかと感じられて、そこは腐女子としては「うきゃきゃ」でした(なんじゃそりゃ)。

今回、実は私が一番観てて「いいなぁ♪」と思ったのは横田さん演じるロレンゾー。横田さんの演技はいつも安定してて安心して観ていられます。『カリギュラ』も楽しみだ

で、寺島さんもやっぱり巧いです。東京じゃ劇場の構造上か、声が客席の後ろまで聞こえなかったなんて言われてましたが、兵芸ではそんなこともなく。でもたっちゃんバサーニオが求婚するにはちょっと年齢的に合わないかなって気もしたんだけど。

そんでもって女子の部の敢闘賞を私があげたいのはネリッサを演じた佐藤仁美ちゃん。いやいや、彼女を舞台で観たのは初めてなんだけど(ドラマではよく見てましたが)、舞台の仁美ちゃんもすごくいい! そー言えば彼女、新感線にも出たことあるんだよね。もっと舞台で観たい女優さんです。


今回の『ヴェニス~』を観て感じたことは、

やっぱり私は蜷川さん演出のシェイクスピアが好きだ。

だからまたたっちゃんには来年の終わりくらいでいいから蜷川さんとシェイクスピアを演って欲しいと切に願います。
そろそろたっちゃんと洋さんの共演が観たいので『ハムレット』再演とかどうでしょう。でももし実現したら何回通うか自分でも想像できん

が、その前にチケットが取れるのか!?



関連記事
      *Blog Ranking参加中です。よろしければ愛のクリック、お願いします。*
        にほんブログ村 演劇ブログへ


コメント

  1. こみ | URL | -

    おかえりー。ヴェネツィア、カーニバルの時期に行きました。街中仮装した人でいっぱいでした。そんな雰囲気づくりをしていたのねーへぇー。

    佐藤仁美ちゃんはサギリだー
    赤髑髏のサギリですよーめっちゃキュートですよーDVDでチェックしてね。

    馬渕嬢もそうだけど、新感線に出る女優さんはけっこう好きな女優さんが多いです。

  2. きゃさりん | URL | MpG3yszs

    ヴェニスレポありがとうございます。

    コミカルな竜也くん、観たかったです。
    結局まだ生市村さんも未見だし。

    ハムレット再演なんて・・・考えただけで
    悶絶します(爆)

  3. Ray@管理人 | URL | 0/HLcGmk

    > こみさん

    伊太利亜好きなくせに伊太利亜に行ったことがない私です。
    ヴェネツィアはめっちゃ行きたい街なのよね。アドリア海に沈まないうちに行きたいなぁ。

    仁美ちゃん、マジで良かったのよー。
    『赤ドクロ』もDVDでチェックしたいけど、周りは誰も持ってないっちゅーのe-263



    > きゃさりん

    読んでくれてどうも有難うね~♪
    弾けたたっちゃんは面白かったよ。
    市村さんはやっぱり舞台の人ですわ。
    機会があったら是非動く市村さんを観てみてね。

    『ハム』再演…悶絶してもいいからお願いしたい(笑)。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://obohe.blog5.fc2.com/tb.php/526-63ca5371
この記事へのトラックバック


*Recent Entries


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。