スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
      *Blog Ranking参加中です。よろしければ愛のクリック、お願いします。*
        にほんブログ村 演劇ブログへ

読了。

2007年08月13日 15:53

『お気に召すまま』観劇感想詳細編(なんじゃ、そりゃ)Upの前に。

こないだ図書館で借りて来たカミュの『カリギュラ』、読み終わりました。
余り長くないお話なので、早い人なら1~2時間もあれば読めると思います。遅読(こんな言葉はない)の私でさえ2日あれば読めましたから。

カミュの描いた『カリギュラ』は実在したローマ帝国3代皇帝を主人公として、ある程度の事実を織り込んだ戯曲です。


それにしても。

なんつー不条理!

でも全然エロくないです。残念?(←何がっ!?)
1980年の映画版『カリギュラ』とは全然違います。あっちはR指定のハードコア・ポ○ノですからねっ

個人的には自己破滅型キャラって大好きなので、お話自体も好きです。だからたとえ出演陣が地味でも蜷川さん演出なら観に行きたい舞台ではあります。

で、頭の中でキャスティングしながら読んだので余計に面白かったです。
カイユス(=カリギュラ)様はおぐりんに間違いないし、シピオンは勝地くんだろーし、セゾニアは若村さんだということは確信できるんだけど、エリコンとケレア、どっちが長谷川くんなんだろう…。私はなんとな~くケレアのような気がするんだけどな。で、エリコンが横田さんね。でもつっきーの役がワカラン…。
セゾニア以外の女性キャラ、ドリュジラは本編には出てこんしなぁ。つっきーの場合は男性役を演じた方が違和感あるんですよね~

狂気の皇帝を演じるおぐりん、これは蜷川さんから課せられためっちゃ高いハードル…いや、もうハイジャンプのバーですかね。おぐりんにはこれをしっかり飛び越えて頂きたい(佐野泉かい!)。

しかし、こう考えるだけでもワクワクしてきましたよ。ヴィジュアルもキレイそうだしなぁ。
頑張ってチケ取りしなければ!!

[余談]
これって洋さんにも出て欲しい舞台なんだよな~。ケレアかエリコン役の洋さん、めっちゃ似合ってると思うわ。いや、はなからムリなお話なんだけどね。
関連記事
      *Blog Ranking参加中です。よろしければ愛のクリック、お願いします。*
        にほんブログ村 演劇ブログへ


コメント

  1. しゅろ | URL | Xl5e9i5Y

    Rayさん、こんばんは。
    カリギュラ読まれたんですね♪
    おススメしてもらった通り、図書館に行ったら予約できました♪ありがとうございます。
    Rayさんの感想を見たら、余計に観たくなっちゃいました。
    若手が多くてどうなるかおもしろそうですね。
    チケ取りがんばってくださいね(*^-^)
    私もがんばりまぁす♪

  2. Ray | URL | 0/HLcGmk

    > しゅろさん

    はい、読みました。割と早く読めますよ。
    絶版になってる本や買うには高い本を読みたい時に図書館は便利ですね。
    私はよく利用してます。

    舞台『カリギュラ』、俄かに楽しみになってきました。
    別に席はどこでもいいから会場内にはなんとか潜り込みたいもんです。
    お互いチケ取り、頑張りましょうね。

  3. ひー坊 | URL | -

    やっと病気の(?)パソコン治りました!「お気に・・・」の大阪公演も終わっちゃって皆さんのコメントやっと聞けるようになったのに・・・洋さんのジェイクイズよかったですね。「人生は・・・」「・・・7つの場面・・・」この舞台のキーワード(蜷川さんの・・・かな?)だと思うのだけど・・。
    洋さんのこの台詞に釘付けでした。すごいな~。
    「カリギュラ」私も興味あります。本があるのですね。図書館に行って見ます。
    今、読んでいる松岡和子さんの「シェイクスピアものがたり」それに「オセロー」と「お気に・・・」・・・舞台だけでなく本好きにもなりました。

  4. Ray | URL | 0/HLcGmk

    > ひー坊さん

    PCが直ってよかったですね。
    私は完璧にネット依存症なので、PCのない生活は今や考えられないです~。
    ジェイクイズ、ステキでしたよね。
    やっぱり『お気に召すまま』は映像で残しておいて欲しい舞台です。初演の映像でもいいから、DVD化してくれないかなぁ。

    『カリギュラ』は購入しようと思ったら結構大変ですが、図書館には必ずあると思うので、ひー坊さんもお近くの図書館に行ってみては如何でしょう?
    私もここんとこ松岡和子さん翻訳のシェイクスピア本がかな~り増えました。
    とっても読みやすいんですよね、松岡さんの訳v-290

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://obohe.blog5.fc2.com/tb.php/501-67c4fb00
この記事へのトラックバック


*Recent Entries


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。