スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
      *Blog Ranking参加中です。よろしければ愛のクリック、お願いします。*
        にほんブログ村 演劇ブログへ

『お気に召すまま』(8月6日《月》13:30~/大阪・シアター・ドラマシティ)

2007年08月13日 11:45

朝めっちゃ早く起きて(私にしてみれば)、ドラマシティに3時間半以上も並んでなんとかgetできた当日券。
これが最後の最後の1枚でした。「こんなところでチケ運を使ってもーてどないすんねん!」とも思ったけど(その後、『ヴェニスの商人』劇場先行にも当選したので、どーやらチケ運にはまだ見離されてはいないようです)。
しかし舞台の当日券並びやったのは今から2年半前の『ロミオとジュリエット』広島公演以来2回目でした。正直、もうやりたくね~。今回はどーしても高橋洋さん@ジェイクイズをたった1回だけしか観られないのがなんだか悔しくて、取れないのを覚悟で並んだ特殊なパターン。要するに洋さんが出演してるからこそ、前後おぐりんファンに囲まれながら(笑)入手できる当てもない当日券に3時間半も並べたんです。こーなるともう既にビョーキやん←いまさらっ。

【STORY】
若き騎士オーランドーは、父の遺産を着服した長兄オリヴァーと仲違いをしている。
この地の気まぐれで冷酷なフレデリック公爵も、兄である前公爵を追放して領地を奪っていたが、兄の娘であるロザリンドだけは、一人娘のシーリアの懇願から引き取っていた。
ある日、フレデリック公爵主催のレスリング大会が行われ、ロザリンドは優勝したオーランドーと恋に落ちる。しかしロザリンドの美しさが気に入らない公爵は彼女を追放しようとし、ロザリンドは身を守るため男装をして、親友であるシーリアと共にアーデンの森へ逃れる。
兄の悪意から逃れるため家を出たオーランドーは、アーデンの森で気ままな生活をしている前公爵に助けられる。オーランドーは森で男装したロザリンドと出会うが、本人とは気付かず、ロザリンドへの愛の告白の稽古相手になってもらうことにするのだが…。

【CAST】
ロザリンド…成宮寛貴
オーランドー…小栗旬
前公爵…吉田鋼太郎
タッチストーン…田山涼成
ジェイクイズ…高橋洋
シーリア…月川悠貴
シルヴィアス…大石継太
ル・ボー/貴族…清家栄一
アミアンズ/貴族…妹尾正文
コリン…飯田邦博
アダム…岡田正
サー・オリヴァー・マークテスト/貴族…塚本幸男
オードリー/貴族…二反田雅澄
チャールズ…大富士
フィービー/貴族…山下禎啓
フレデリック公爵…外山誠二
オリヴァー…鈴木豊
貴族…篠原正志
デニス/貴族…高山春夫
貴族…田村真
ジェイキス・ド・ボイス/貴族…神保良介
貴族…宮田幸輝
ウィリアム/貴族…杉浦大介
小姓…西本賢太郎(日替わり出演)
小姓…桝井賢斗(日替わり出演)
小姓…鵜澤正太郎(日替わり出演)
羊…坂本メイ


そんなワケでなんとか最後列25列のミキサー横という席で私にとってのはじめての『お気に召すまま』観劇が始まりました。
どセンターだったんで、舞台全体が見渡せてなかなか良かったですよー、この席。ドラマシティは最後列でもそれほど舞台から遠くないのが好きです。
しかし舞台が始まってみると私の前3列が一気に双眼鏡を手に前のめり。あのな~~ 開演前の場内アナウンスや、係の方が「前のめりでの観劇はおやめ下さい」と言って回ってたのに無視ですか、アナタたち。そりゃ20列目から後ろは通路を使われたら見えにくいのは分かります。でもね、舞台はアナタだけのために上演してるんじゃないのよ。せめて一般常識を身につけてから劇場にいらして下さいませんか? あああ、いきなり苦言で始まってしまった…。ごめんなさいね。でもどーしても言わずにいられないヒドさだったんですもん。

それは置いといて舞台全体の感想を。

主演ふたりについて。
おぐりんの舞台はこれで2回目、ナリくんに至っては初見です。その上で感じたこと、ちょいと辛口です。
確かにふたりには“華”がある。自然と目を惹き付けちゃうのね。でも舞台上での演技はそれとは別物で…。
ナリくんはやっぱ滑舌悪いし、セリフ噛んじゃってたし、おぐりんは前に観た『間違いの喜劇』よりは巧くはなってたけどまだまだだな~って思っちゃいました。
ただ、おぐりんのセリフは最後列までちゃんとはっきり聞こえたよ。成長の後ですかね、これは。おぐりんは11月にも蜷川さんの舞台を控えてるワケで、これからも頑張って欲しいところです。ま、立ち姿が本当にめっちゃかっこよかったのは素直に認めよう。
そしてナリくん演じるロザリンドはとってもチャーミングではございました。これも素直に認めよう。

で、今回感じたのは所謂【蜷川組】の皆さんの巧さだったんです。
もう発声からして違うんですもん。セリフはしっかり明瞭だし、主演ふたりとの力量の違いが際立ちすぎちゃって…。
でも考えようによってはこの脇を固める役者さんたちがいるから、ナリやおぐりんがのびのびと演じられるのかな~って思いました。

ま、掛け値なしに楽しい舞台であることには間違いないです。喜劇にふさわしく最後は大団円だもんね♪ 幸せの余韻に浸りながら気分よく劇場を後にできるってもんです。
頑張って当日券並びしてよかったよ。


え? 洋さんについて何も書いてないじゃないかって?
ふっふっふ。細かい感想はソワレの部にて!
関連記事
      *Blog Ranking参加中です。よろしければ愛のクリック、お願いします。*
        にほんブログ村 演劇ブログへ


コメント

  1. こみ | URL | -

    続き待つ

  2. Ray | URL | 0/HLcGmk

    > こみさん

    Upしたよー。
    読んでねーv-344

  3. 智美 | URL | -

    前のめりのこと、主演二人のこと、まず書きたくなってしまう気持ち分かります!
    他の役者さんと差がありすぎますものね。
    頑張っているのは伝わってきて、ま、いっかと受け入れ、お芝居そのものを楽しみました。
    小栗くんも「タイタス~」のときより成長しましたものね。。

  4. Ray | URL | 0/HLcGmk

    > 智美さん

    いや~、分かって頂けましたか。有難うございます。
    主演ふたりについては、キライじゃないからこそ「頑張れ!」というエールを送る意味も込めて、少々辛口になりました。
    ふたりともまだ20代の真ん中。これからの人ですもんね。今後に注目したいです。

  5. こまち | URL | -

    こんばんは。

    確かに主演二人は若い分未熟さがありましたが、二人の清清しさはやはり若さあってのものだと思いました。
    特に、成宮君の女役は女を研究してるというか、結構生々しいと思った仕草が所々…。
    小栗くんは、ハムレットのフォーティンブラスに比べたらかなり舞台なれしてきたように思います。
    二人ともこれからもいろんな舞台に出て成長してほしいものですね。
    マナーに関しては3年前の埼玉で見たときと比べたらましに思ったのですが、
    わたしが見たときがましだっただけなのかな?
    テレビで活躍しているイケメンが出ると、観客のマナーは必ずマナーが悪くなりますね。
    だって、観劇とはどういうものか知らない人がたっくさん来るんだもん。。。v-406
    どうにかならないものですかねぇ。v-394

  6. Ray | URL | 0/HLcGmk

    > こまちさん

    私は初演を観てないので、3年前と比べると主演のふたりがどう成長したのかは分かりません。
    でも、『お気に~』のロザリンドとオーランドーは若い時だからこそできる舞台だと思います。それ故に再々演はもうないだろうな。

    大阪って決していつも観劇マナーがいいとは言えないけれど、映像で役者さんファンになった人たちが大挙して観に来る舞台となると、慣れてないからまた悪くなっちゃうんだよね。
    でも観劇マナーって、一般常識=自分がされるとイヤなことはしないってことだと思うんですが…。
    人の立場になれない人が多いのは考え物ですね。

  7. こまち | URL | -

    マナーに関しては、舞台だけではなく日本人全体のモラルが低下していることにも起因していると思います。
    人を思いやるとか、他人の目を気にするとか、人に迷惑をかけないとか、「恥」を感じる人が減ってきて、自分さえよければいいっていう人多いんですよね。
    悲しいことです。

    >一般常識=自分がされるとイヤなことはしないってことだと思うんですが…。

    ほんっと、おっしゃる通りだと思います。

    お気に公式ブログとっても荒れていたので見てなかったのですが、久々に見たら静岡では大阪よりもっとすごかったみたいで。。。
    そんなことを行動に移せてしまえることが、私たちの想像を超えてますよね。
    観劇マナーもどこまで行ってしまうのでしょうか。
    あまりにひどいのが続くと通路使った演出も少なくなるかもしれませんね。
    演出家側としては、役者さんを危険にさらすわけにもいきませんものねぇ。。。

  8. Ray | URL | 0/HLcGmk

    『お気に~』静岡公演、そんなにヒドいことになっちゃってるんですか!
    地方は観劇慣れしてない人、多いですからね。
    以前、岡山でも恥ずかしくなることありましたもんv-356(耕史くんのミュージカルで、最前のおばちゃんふたりがカテコの時に耕史くんに握手を求めにスタスタと舞台に歩み寄って行ったのです。)
    でもそれって観劇慣れしてる、してないの問題以前のお話なんじゃないかと。
    自分のしたことで誰かが迷惑する、っていうことを考えられないのかなぁ。

    >> 演出家側としては、役者さんを危険にさらすわけにもいきませんものねぇ。。。
    それ、非常に困ります。演劇界の危機だよ~v-356

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://obohe.blog5.fc2.com/tb.php/500-c0a7f29a
この記事へのトラックバック


*Recent Entries


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。