スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
      *Blog Ranking参加中です。よろしければ愛のクリック、お願いします。*
        にほんブログ村 演劇ブログへ

こまつ座 第81回公演『私はだれでしょう』(1月23日《火》18:30~/紀伊國屋サザンシアター)

2007年01月27日 00:19

私はだれでしょう最初は14日だった初日が延びに延びて、22日になんとか無事開けたこの舞台。
私は先に翌日24日に『ロープ』マチソワが決定していたため、もともと23日のチケットを取っていたので、とりあえずなんとかセーフ。
しかしいくら遅筆で有名な大作家さんでも「まぁしょーがないよね」で終わってちゃいけないとは思うのよ、こまつ座さん? まぁ井上さんだって最初から初日を遅らせようと思ってらっしゃったワケはないだろうけれど。

この日の私の席は5列目の下手側、通路から2つ横だったんだけど、下手側には1・2列目の席がありませんでした。よって位置的にはなかなか観やすかったです。

【STORY】
 日本放送協会の一室に積み上げられた投書の山。それは、戦争で離ればなれになった肉親、知人の消息を尋ねる人びとの「声」だった。この無数の「声」を、「ラジオを通して全国に送り届けたい」。こうして新番組「尋ね人」が始まる。昭和21年、7月。日本は混乱と困窮のただ中にあった。
 日系二世のフランク馬場は、占領下日本の放送を監督するCIEのラジオ担当官。「尋ね人」を担当する脚本班分室では、フランクと3人の女性職員を中心に、組合のストライキ運動や放送用語問題も飛び交って、次から次へと騒動が巻き起こる。そしてその間にも、投書は続々と寄せられてくる。
 さらにここへ不思議な男が登場する。この男、「ラジオで私をさがしてほしい」というのだが……。

【CAST】
川北京子………浅野ゆう子
山本美枝子……梅沢昌代
脇村圭子………前田亜季
佐久間岩雄……大鷹明良
高梨勝介………北村有起哉
山田太郎?……川平慈英
フランク馬場……佐々木蔵之介

ピアノ奏者………朴勝哲



私にとっては初・こまつ座観劇。事前に音楽劇とは聞いていたけど、ミュージカル苦手な私が果たしてちゃんと観られたのか!? 以下、ネタバレ満載の感想!(長いよ。)

私が今回の『私はだれでしょう』を観たかった理由が佐々木蔵之介さん(以下「蔵さん」)と北村有起哉くん(以下「ゆっきー」)という2人の私的御贔屓俳優が一遍に1回の舞台で観られる!という、言ってみればヨコシマなものだったことは、以前からこのBlogを読んで下さっていた方ならご存知のはずですね。だからね、正直、お話は二の次だったんすよ~。「蔵さんとゆっきーさえ観られりゃええのよ」的なノリで。
ええ、観た後に目一杯反省しましたよ。とにかく面白かったんです。「面白かった」という言い方は的確ではないかも知れないけれど、興味深いお話でした。

終戦直後、アメリカ占領下における放送検閲があったのは薄々聞いたことはあったんだけど、それって戦時下の大本営がやったことと大して変わりはないんじゃないのかなぁって。戦時下は日本に、占領下はアメリカに都合が悪いことは隠して国民に伝える。何も知らない国民はそれを信じてしまう。だからこそ、国民の「声」を伝える「尋ね人」の番組は大切だった。でも、その中でアメリカにとっては都合の悪い「特別な声=広島・長崎の声」を放送したことで、それに関わった京子さんとフランクはGHQに連行されてしまうわけですね。だけどそれはその後の「発言の自由」への道しるべだったのかもしれません。決して明るいお話ではないのだけど、ラストは明るく前向きな終わり方でした。

生ピアノ演奏だけで歌われる劇中歌に関しては、みんなヘタウマって感じだったんだけどさ(笑)、ま、これはご愛嬌ということで。だって川平さん以外はミュージカル役者じゃないんだもん。でもそんな味がある歌(言い方もあるもんだ)だったからこそ、私のよーなミュー苦手人間にもOKだったんだと思うんですわ。そー言えばマイク使ってなかったことも「ああ、これはあくまでも音楽がアクセントに入ってるだけのお芝居なのね」と。言ってみりゃ正真正銘のナマ歌ですよ。ゆっきーや蔵さんのナマ声で歌が聞けるチャンスなんてそうそうありません。その点でも観てよかったわ♪

それと、出てる役者さん全て演技が巧いんです。適材適所なんですね。私はやっぱり蔵さんとゆっきーに目が行っちゃってたんだけど、蔵さんの軍服姿のかっこよさに思わずくらくら、ゆっきーの相変わらずの奔放さに思わずニヤニヤ。二人が一緒に出てるシーンはどこ観ていいのか迷ってしまいました(笑)。それにしても酔っ払い役がなんって似合うんだ、ゆっきー!(爆) 蔵さんは軍服のあともかちっとしたスーツ姿で萌え~♪なんだけど、ゆっきーはどこまで行ってもゆるゆる(笑)。しかしそれもゆっきーらしくて私は大好きです。
梅沢さんは蜷川さんの舞台でも何度か拝見してますが、やっぱり明るくて楽しい女性役でした。時々セリフを噛んじゃってましたが
あと、私がとても好きだったのが大鷹さん演じる佐久間さん。梅沢さん演じる美枝子さんとはボケと突っ込みのいいコンビだったのよ~♪
前田亜季ちゃんは映像で時々見てましたが(たっちゃんとは『バトロワ』で共演してるしね)、舞台では初めて。お姉ちゃんとはまた違ったタイプの女優さんになりましたね。まだまだ21歳と若いので、これからもガンバレ!
浅野さんはTVでしか観たことなかったけど、舞台でもなかなかでしたよ。芯のしっかりした、仕事のできる女性役はやっぱりハマってます。浅野さんが元歌手とゆーことからなのか、京子さんが歌い始めの歌が多かったよーな気がしたんだけど、それってたまたまだったのかな。京子さんとフランクのシーンは浅野さんも蔵さんもタッパあるしスタイルがいいので、めっちゃ絵になってました。


楽しかったんだけど、しかし長かった…。間に15分間の休憩を挟んで、終わったのが22時近く。開演が18:30だったので、3時間半近くかい! もう少し短くできなかったのかしら?そしたら延期しなくても済んだんじゃないの?ってゆーのはシロウトの考えでしょーか。
でもきっとこれからまだまだ良くなるんだろうな、って期待のできる舞台です。「どーしよっかなー」って迷ってる方は、是非ご覧になって下さいませ。私もできることならもう1回、公演期間後半に観てみたかったよ。
関連記事
      *Blog Ranking参加中です。よろしければ愛のクリック、お願いします。*
        にほんブログ村 演劇ブログへ


コメント

  1. こみ | URL | -

    いやー楽しさが伝わりました。
    いいなぁーゆっきー(そこ?)
    こまつ座は井上芳雄君も大好きで一度観てみたいんですよねー
    良かったね。観られて…

  2. fayjun | URL | -

    Rayさん、お久しぶりです!遠征、お疲れさまでした~♪
    こまつ座、無事観ることができてよかったですね! 私も気になっていた演目だったので、初日情報、ハラハラしながら観ていました。でも、Rayさん、無事観ることができて、ほんとによかった~!!
    そして、レポもありがとうございました!すごく素敵な舞台だったんだな~というのが、すごくよく伝わってきました♪

  3. Ray | URL | 0/HLcGmk

    > こみさん

    楽しかったよー。
    戯曲は来月発売の「すばる」に掲載予定らしいので、もし良かったら読んでみてね。雰囲気だけでも分かると思うんで。

    芳雄王子もこまつ座ファンなの?それは知りませんでした。
    もし芳雄王子がこまつ座に出ちゃったら、こみさんどうする!?←そんなことはまずない?(笑)



    > fayjunさん

    fayjunさんも遠征されてたんですよね。NODA・MAPに殊の外、衝撃を受けられていたようですが、私も『ロープ』は好きです。2回目に観た時は泣けちゃった。

    こまつ座は楽しかったです。幕が開けるまでどきどきはらはらしましたが、本当に観られてよかったと思います。

  4. こみ | URL | -

    うーん…
    井上君こまつ座かー
    無い事もないかな?
    行きたいなー。

  5. Ray | URL | 0/HLcGmk

    > こみさん

    「まさかね~、あははは」なんて言ってることが現実のものになっちゃったりすることがままあるものね。
    こまつ座のゆる~い雰囲気の中で歌う芳雄王子を観るのもまた乙なものかもしれませんな。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://obohe.blog5.fc2.com/tb.php/413-7f9a51cd
この記事へのトラックバック


*Recent Entries


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。