スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
      *Blog Ranking参加中です。よろしければ愛のクリック、お願いします。*
        にほんブログ村 演劇ブログへ

『オレステス』(10月15日(日)13:00~/シアター・ドラマシティ)

2006年10月16日 23:03

オレステス私の『オレステス』初日でございます。
会場のシアター・ドラマシティまでは同級生で藤原竜也くんファン仲間のKちゃんと行きました。
私は一旦会場近くの宿泊ホテルに荷物を預けに行って、開演15分くらい前にドラマシティに入りました。
高橋洋さんファンのお仲間が前もって教えてくれていたので、ロビーのモニターで『恋の骨折り損』キャスト・インタの洋さんを心でニヤニヤしながら見て(だってすっごくステキな笑顔でインタに答えてるんですもん。あの映像が欲しいよ~! しかし相変わらず洋さんのファッション・センスはナゾ←映像を見た人なら分かる)、席へ着きました。この日の私の席は4列目下手側。今回(も)「Da」さんでは1公演しかチケットを取らなかったんだけど、その1枚がなかなかの良席でラッキーでした。

【STORY】
古代ギリシャ。父アガメムノンを殺した実の母のクリュタイムネストラを殺し、仇討ちを果たしたオレステス(藤原竜也)は、姉エレクトラ(中嶋朋子)の看病もむなしく、正気と錯乱を繰り返して衰弱していった。町ではアルゴス人たちが母殺しの姉弟の処刑方法を投票で決めようとしている。ヘレネ(香寿たつき)の巻き起こしたトロイア戦争から帰国したメネラオス(吉田鋼太郎)に助けを求めるが、居合わせた祖父のテュンダレオス(瑳川哲朗)にののしられ、二人は悲嘆にくれる。死刑が確定したという知らせを聞き、怒りと絶望の果てにエレクトラは恐ろしい計画を思いつく。今や唯一の味方、母親殺しにも手を貸してくれた親友ピュラデス(北村有起哉)とともにオレステスは計画を実行に移すが……。
(『オレステス』フライヤーより)



ギリシャ悲劇と言うと、私は以前映像で蜷川さん演出の『オイディプス王』を観たことがあります。男性コロス(嘆願者たち)の中に洋さんがいたので観たんだけどね(ほんま、わしってはっきりしてるわ)。その時の主演は野村萬斎さんで、正直狂言の言い回し風の萬斎さんのセリフが今いち聞き取り辛かった覚えが…。でもお話自体はそれほど難しいとは思わなかった。そんなこんなで私にとってのギリシャ悲劇は好きでも嫌いでもない世界です。だけど、その『オイディプス王』アテネ公演を観たたっちゃんが「自分もその場に立ちたかった」と言っていたのを聞いて、そのうち必ずたっちゃんもギリシャ悲劇で舞台に立つだろうなとは思ってました。案外その日がやってくるのが早くて意外だったくらい。

さて、My初日の感想ですが。
オレステス終始息苦しい展開。笑いどころなんかありゃしません。そりゃそーか、ギリシャ悲劇なんだもんね。
しかしお話的には突っ込みどころありすぎて、どー言っていいのか分かんないよ。散々みんなが嘆き悲しんでたのに、最後に神様が出てきてハッピー・エンドってなんや、それ!「それがギリシャ悲劇よ」と言われると「はぁ、そーですか」って納得しなきゃいけないんだろーけどさ。舞台セットはとにかくシンプル。王家の館を模したセットの扉に「×」。意味深ね。それから水を使った演出。そしてそのための八百屋舞台。
確かに奇をてらった感は否めないです。雨を降らす回数が多く、それが殆どエレクトラのシーンってのが中嶋さんが気の毒になってしまった。あの雨はエレクトラの感情とリンクしてるのかもしれないけど、それはそれでもっと回数を少なくしても良かったんではないかと個人的には思いました。でも声を嗄らしながらも中嶋さんはすっごく頑張ってた。あの華奢な身体のどこにあんなパワーがあるんだろう…。実はあんまし好きな女優さんじゃなかったんだけど、この『オレステス』を観て認識が変わりました。

ラスト、天井から舞い落ちてくる膨大な数のビラ─アメリカ、イスラエル、パレスチナ、レバノンの国旗と国歌がプリントされている─に思わず気を取られて、舞台上の記憶が飛んじゃった~!ビラの数が凄いんだもん、頭の上にまともにばさっ!と何枚も重なって落ちてくるの。とりあえず私が拾ったのはイスラエル5枚、パレスチナ自治区4枚、レバノン共和国1枚、アメリカ合衆国1枚でした。他にも足元には何枚も落ちていたけれど。このビラに込めた蜷川さんのメッセージはなんなんだろう?『オレステス』のラストでアポロンが断ち切ったはずの「復讐の連鎖」が今もって続いているってことなのかな、やっぱ。


んで、↑で触れたエレクトラ役の中嶋さん以外の役者さんなんですが、まずは鋼太郎さん。衣装がゴツすぎて…。その上、マントって。あれって裾の捌き方とか大変なんだろうなぁとか、時々いらん心配をしながら見てしまいました。演技に関してはやっぱり言うことないです。重厚な役がお似合いになるわ。オレステスとの1対1のシーンも良かったよ~。

それからおじいさま役の瑳川さん。メネラオスほどではないけど案外音が出る衣装を着てらっしゃいます。メネラオスとテュンダレオスが再会を喜んで抱き合うシーンはお互いの衣装がぶつかり合う音が面白かったよ(笑)。瑳川さんもさすがのヴェテラン、オレステスに対しての容赦ない咎め立ては迫力ありました。

最初から人間離れしてたヘレネ役の香寿さん。おみ足が美しゅうございました。(え、それだけ!?)

そして私がある意味、この人を観たかったと言ってもいいピュラデス@北村有起哉くん(以後ゆっきー)。やっぱり空気感が違うんだよね~。どろどろのエレクトラ&オレステス姉弟とは違って、ひとりだけ爽やか~なのよ。登場シーンのSEが鴎の鳴き声だもんね。しかーし。オレステスとピュラデスの絡むシーンは濃い濃い。抱き合うは、ピュラデスがオレの額にちゅーするは、たまたまそのシーンが繰り広げられるのが私の座ってた下手側の舞台上だったので己の顔の不自然なにまにま感を打ち消すのに苦労してしまった(爆)。ま、元々オレとピュラ(変な略)が同性愛だっつーのは知ってましたから(オレとエレは近親相姦←なんでもありやね、ギリシャ悲劇)。
しかしやっぱり立ち姿がかっこいいぜ、ゆっきー! 大好きです♪

そしてそして、最後はたっちゃん。
おヒゲは似合わんな~と思いつつも、彼の演技力の確かさには今回改めて感心しました。発声法を変えたとは聞いていたけれど、確かに太くなったのかな。私はたまたま今回は前方席ばかりだったけれど、後方席で観た友人もたっちゃんの低い声ですらよく響いてたと言ってたので、新しい発声法をマスターできたんだと思います。彼の声の良さは「天声」のものがあると以前から思ってはいたけれど、今回の発声法を得たことで「武器」になったと言ってもいいのではないかな。
しかし今回のオレステスの衣装(と言えるのか!?)は目のやり場に困ってしまいましたよ。たっちゃんが舞台上で脱ぐのはお約束ではありますが(そうなん?)、あれはあかん。アングルによっちゃヤヴァいですって。んで、「太った」なんて言われてたけど、いいえ、太ってません。相変わらず手足は細いです。そして白いです。毛がないです。なんか一瞬いけないものを観てる気がしてしまいました。

そーいうワケで、2時間20分超のこの日の舞台はカテコ3回で終了しました。カテコのたっちゃんの笑顔は見てるとほっとするよ。ゆっきーはお辞儀の仕方が独特でおもろい。身体、やわいのね。

そしてこのカテコのあと、猛ダッシュで地下鉄中津駅に向う私がおりました。

(つづく。)
関連記事
      *Blog Ranking参加中です。よろしければ愛のクリック、お願いします。*
        にほんブログ村 演劇ブログへ


コメント

  1. 智美 | URL | EWVx.VaU

    洋さんのインタビューの方に食いついてしまった私‥見たいです。
    ナゾのファッションセンスも、、、まさかオレンジではないですよね?(笑)

  2. Ray | URL | 0/HLcGmk

    智美さん、どうも~♪

    楽しいインタでしたよ。最近の洋さんってインタでもにこにこしてることが多くないですか? それがまた可愛いんだよなぁv-343
    智美さんにも見せて差し上げたいですよー。

    ファッション・センスはね、今回は服じゃないの。
    ネックレスがヘンだったんです。たぶんいいものなんだろうけど、「なんでその服にそのネックレスなん?」ってカンジだったんですよ~。
    でも「ああ、洋さんらしいね」なんて一緒に見てたこみさんと話したりして。←どーいうイミだ?(笑)

  3. wam | URL | kUELd53M

    み、み、み、見たいっ!(>_<)
    そして、アンバランス具合を楽しみたいっ!!(笑)

  4. Ray | URL | 0/HLcGmk

    > wamさん

    いやいや、本当にwamさんにも見せてあげたかったよー。
    で、「なんであんなアクセしてんの!?」とみんなで言い合いたかったです(笑)。
    あれ、どっかでちゃんと流れないかなぁ…。
    絶対にウケると思うんだけど。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://obohe.blog5.fc2.com/tb.php/356-62012177
この記事へのトラックバック


*Recent Entries


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。