スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
      *Blog Ranking参加中です。よろしければ愛のクリック、お願いします。*
        にほんブログ村 演劇ブログへ

観ている側もゆれました。

2006年09月20日 22:09

久し振りに映画館に行って参りました。一体何ヶ月振りじゃろーか。
何を観てきたかと申しますと、『ゆれる』と今更ながらの『パイレーツ・オブ・カリビアン デッドマンズ・チェスト』の2本です。映画を観る時はハシゴすることが多いんだよね。

まず『ゆれる』の感想から。
10時からの第1回上映を観て来たんですが、平日の朝だっつーのにお客さんが多くてビックリしました。さすが今日はレディース・デイだけあって女性ばっかだったんだけどね。


【STORY】
東京で写真家として成功した猛(オダギリジョー)は母の一周忌で久しぶりに帰郷し、実家に残り父親(伊武雅刀)と暮らしている兄の稔(香川照之)、幼なじみの智恵子(真木よう子)との3人で近くの渓谷に足をのばすことにする。
懐かしい場所にはしゃぐ稔。
稔のいない所で、猛と一緒に東京へ行くと言い出す智恵子。
だが渓谷にかかった吊り橋から流れの激しい渓流へ、智恵子が落下してしまう。その時そばにいたのは、稔ひとりだった。

事故だったのか、事件なのか。
裁判が始められるが、次第にこれまでとは違う一面を見せるようになる兄を前にして猛の心はゆれていく。
やがて猛が選択した行為は、誰もが思いもよらないことだった──。



以下、ネタばればれなので隠します。
ゆれる田舎を捨て、東京で生きることを選び成功した弟・猛。一方、兄の稔は田舎に残り、父と一緒に暮らし、家業を継いでいる。これだけでも正反対の生活を兄弟がしていることが分かります。
そして事件(事故?)の現場となった吊り橋。板が傷んでいるところもあって危険なその橋を弟は何の苦もなく渡りますが、兄は渡るのを怖れる。これも“田舎の生活を捨てることができた弟”と、“田舎にがんじがらめになっている兄”の縮図になっているような気がします。
その吊り橋を、自分が憎からず思っていた智恵子が渡ること(=田舎を捨てる)を兄は止めようとして、事件が起こるのです。それは果たして殺人事件だったのか、単なる事故だったのか。それを巡って裁判が行われるのですが、そのことでそれまでの兄弟関係、さらには家族関係が崩れて行ってしまう。兄を助けようと懸命にやったことで、それまで弟が知らなかった兄の本音を聞くことになり、そして弟も自分の都合がいいように兄の存在を考えていたということに気づかされてしまいます。
「昔の兄に戻ってもらうため」に猛が裁判で証言したのは、稔にとってはどうしようもなく不利になること。
そして7年が過ぎ、やっと全てのこと─いつも兄から何かを奪い続けてきたのは自分だったこと─を悟った猛は出所する兄の元に急ぐのですが、兄の姿はすでになく…。

ゆれる「にーちゃん、うちに帰ろう!」と泣きながら呼びかけた猛を結局にーちゃんは許してくれたんだろーか。それともあのまま甲府駅行きのバスに乗って行っちゃったんだろーか。その後のお話は観た側に委ねられたって感じで終わります。うーん、なんという余韻の残る終わり方なんだ。
そんなラストに私は思わず嗚咽を漏らしてしまうかと思ったくらい、号泣してしまいました。自分でもこれには驚いたよ。

本当はにーちゃんが好きで好きでたまんなかったんだよね、猛は。だからにーちゃんを自分の理想のにーちゃんに頭の中でしてしまった。だけどにーちゃんは猛が思ってたにーちゃんじゃなく…。そりゃにーちゃんだって人間です。いろんな葛藤が生まれるのは当然のこと。だけどやっぱりにーちゃんは昔と変わらない優しい人で。それを思い出したから、猛は猛省したんだよね。
それに智恵子ちゃんだってお母さんが言われてたように殺されるような子じゃないでしょ。そうなると、にーちゃんは絶対に罪を犯してないってことになるんだよね。
しかし、そのことを思い出させるきっかけを作ったバイトの岡島君。君は偉いです。「俺やおやじさんにあの人(=にーちゃん)を返してくださいよ」って凄い印象に残るセリフでした。

あとね、検事役で出てたキムにい。なんか普通に演技してても妙におもろいと思ったのは私だけですか。


私って、地味だけど観た後も心に何かが刺さってるような感じの映画が大好きなんだよね。だからこの『ゆれる』も凄く気に入った作品です。
なんだかオダギリさんの映画ってこーいう映画が多くて困る(…いや、別に困らんだろ)。
関連記事
      *Blog Ranking参加中です。よろしければ愛のクリック、お願いします。*
        にほんブログ村 演劇ブログへ


コメント

  1. なっつん | URL | 8cm5uTdk

    なんというタイミング!
    私もずっっと前からこの「ゆれる」は見たかったのですが地元の劇場では上映されていなくて、半ばあきらめかけていたんです。
    でも、どうしても見たくて、今週の土曜日「オレステス」観劇後に「ゆれる」を見ようとタイムスケジュールを組んでいたところだったんです。
    私もこういう地味だけど心に訴えかけてくる雰囲気の映画、たまらなく好きなんですよね。特に「メゾンドヒミコ」は個人的に大好き!(この作品、結構好き嫌い分かれますが。。。)
    Rayさんの感想読んでますます楽しみになってきました。ありがとうございます<(_ _)>

  2. 智美 | URL | 3G0hUqi.

    会場が明るくなるのが困るくらい泣きました。
    滝のように流れて・・・
    大好きな映画でした。
    お勧め映画があったら教えてください。
    (過去映画でもいいです)
    よろしくお願いします。

  3. Aki_1031 | URL | IPctb5GI

    Rayさん、ご覧になったんですね~♪
    私も一緒になって「ゆれ」てしまいましたよ(笑)。
    派手な映画ではないけれど、心に訴えかけてくるものがあって、
    観終わった後、色々と考えさせられる映画ですよね。
    TBさせて下さい!

  4. Ray | URL | 0/HLcGmk

    > なっつんさん

    『ゆれる』はいい映画ですので、是非ご覧になって下さいね。
    で、なっつんさんの感想も聞かせて下さいまし♪

    『メゾン・ド・ヒミコ』は私も大好きな作品ですよ。
    邦画ではオダギリさん出演のものばかり映画館で観ているような気がします。



    > 智美さん

    智美さんも号泣組でしたか!
    ラストは来ますよね~。オダギリさんも香川さんも表情が凄く良くて。

    おすすめ映画ですか~。何がいいかなぁ。
    また考えときますね。



    > Akiさん

    Akiさんも「ゆれ」てしまいましたか。
    オダギリさんの映画ってすっごくバラエティに富んでるので観るのが楽しみなんですが、「アカルイミライ」とか「メゾン~」とかこの「ゆれる」みたいなタイプの映画が好きなんですよね。
    「ああ、楽しかった」で終わる映画も良いけれど、私は観た後の余韻がいつまでも残る映画が好きです。

    TB、大歓迎ですよ~♪

  5. megohime | URL | 6Q0aW8YQ

    Rayさん、こんばんは。
    「ゆれる」私も見ました。
    オダジョ映画初がこれでしたから。
    淡々とした映画なんですが、印象的なせりふ・しぐさ・・どんどん話しに引き寄せられる魅力のある作品で・・本当にいい作品でしたね。

    オダジョの魅力再確認した私です。

  6. Aki_1031 | URL | IPctb5GI

    Rayさん、また失礼します(ペコリ)。
    TBしてみたのですが、上手くいかないようなので
    こちらに張らせて頂きます~。
    もし不要でしたら削除しちゃって下さいまし!
    http://blog.livedoor.jp/akichan10314002/archives/50585673.html
    どうぞよろしくです!

  7. Ray | URL | 0/HLcGmk

    > megohimeさん

    >> オダジョ映画初がこれでしたから。
    そうだったんですか! 初オダギリ映画がこれなんていチョイスでしたね。
    私は案外オダギリさんのものは映画館で観てるんです。特に大好きな役者さんってわけでもないんですが、何か私が惹かれるテーマの映画に出てることが多いんですよね。

    とても雰囲気のある役者さんだと思います。
    今後も彼の動向は追って行きたいな~なんて。



    > Akiさん

    TBできなかったですかー。
    時々FC2のBlogって他のところと不具合起こすらしくて、うちのBlogからもTBできないことがたま~にあります。

    じゃこっちからTBしちゃってもいいですか?

  8. なっつん | URL | 8cm5uTdk

    「ゆれる」観てきました。
    私のツボの映画でした。観ているときも涙ものでしたが、見終わったあと、電車に乗ってからがひどかったー。まるで失恋したかのようにオイオイ泣いてしまって、チーットばかし恥ずかしかったです(笑)
    どうやら私にとってオダギリジョーの演技はツボらしいです。
    話は全然違いますが、さい芸のブログに洋さんが載ってましたね!思わず大興奮してしまいました~。素の洋さん久しぶりなんですもん!

  9. Ray | URL | 0/HLcGmk

    > なっつんさん

    観て来られたんですね~。なっつんさんのBlogで感想を拝見しました。
    なっつんさんと私、ツボが一緒でちょっと笑ってしまいましたよ。本当にオダギリさんと香川さんの演技、味がありましたよね。

    >> さい芸のブログに洋さんが載ってましたね!
    ここんとこ忙しくて、さい芸Blogの方までチェックできてなかったので、「なんつーフェイントじゃ~!」と思ってしまいました。
    とにかく洋さん、元気そうでよかったわ~♪ この1ヶ月半、ゆっくり休めたかな? 来月からは『タンゴ~』の稽古も始まるでしょうし、洋さんが再始動するのももうじきですね。わくわく♪

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://obohe.blog5.fc2.com/tb.php/341-c55c3e84
この記事へのトラックバック


*Recent Entries


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。