スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
      *Blog Ranking参加中です。よろしければ愛のクリック、お願いします。*
        にほんブログ村 演劇ブログへ

『あわれ彼女は娼婦』(8月13日《日》14:00~/シアターBRAVA!)

2006年08月15日 20:44

7月に東京シアター・コクーンで始まったこの舞台も今日が本当に最後の最後です。
こんなしんどい舞台を1ヶ月半も続けてこられた全ての方々に、大千秋楽に当たってまずは「お疲れ様でした」と心から労いたいと思います。

大楽のこの日の私の席は2階の通路上の下手側。それまでに観た2回が1階の前方列の席だったので、舞台セットの美しさは分かったものの、照明などはどーなってたのか今いちよく分からなかったんですが、2階席はそれを思う存分堪能できました。1階前方席じゃ舞台床の照明のことまで気づかないよな~。
で、さすがに2階席だけあって計3回観た中で、個人的に一番冷静に観られたのがこの大楽公演でした。
でも「もう2度とあの愛すべきおばかさんバーゲットが観られないんだな~」と思うと妙に寂しかったり(笑)。やっぱり最後まで私は洋さん中心にしか考えられんのね

さすがにラストだけあって、役者さん皆さん最初からかな~り飛ばしてらっしゃいました。
三上さんのジョヴァンニは最初から死にそーなくらいだったもんなぁ
深っちゃんもソランゾとの諍いシーンはすっごい迫力でした。ジョヴァンニの前では恋するいたいけな'少女'だし、兄との子どもを孕んでしまったことで後悔、苦悩して懺悔する'女'の感情表現もやっぱ巧いよ、深っちゃん!
谷原さんも声が少し枯れてたね。いつもTVなどの谷原さんの甘い声の響きを聞き慣れてるから、こんな谷原さんはもしかしたらこの『あわれ~』の舞台以外では観られないのではないかと思いました。

私的にはバーゲットが死んじゃってからの2幕目はすっごくラクな気持ちで観られたんだけど、ちょっと物足りなさ感があったのも否めませんが。


そして大楽が特別なものになったのは、ジョヴァンニとアナベラの最後のシーンの時に轟いた雷鳴です。
最初は「…ん?こんなSE(効果音)、以前からあったっけ?」と思いながら観てたんだけど、よく音を聞いてみると雷鳴と雨の音は会場の外から聞こえてくるではありませんか! 本当にその時にシアターBRAVA!の外では時ならぬ激しい夕立が降っていたそうなんです。
それがドラマティックで非情なシーンにとてもマッチしていて、もしかするとこれは演劇の神が最後の最後にこの舞台に与えた究極の演出だったのかもしれません。なんせ終演後に外に出てみたら、雨はすっかり上がってたんですもん。でも開演前にはなかった水溜りがそこここにできていて、かなり激しい雨だったことが窺い知れましたけどね。

で、エントリー前半にも書いたんですが、今回2階席で観たことで初めて分かったのが、最後のジョヴァンニがソランゾの誕生パーティの席で殺戮を行うシーンなんですが、いかにも鮮血が床にべったりと飛び散ってる様子の照明なんです! これは1階前列じゃ絶対に分からない!(って分かってなかったの私だけだったりして~

カーテンコールは6回だったと思います。カテコの最初からスタオベしてる方も何人か。2回目あたりからは殆どの人が立ち上がった気がする。私はやっぱし3回目からだったけど(別に「スタオベは3回目のカテコから」なんて言うこだわりはありませぬ。(笑))、それでも立ち上がってない人もちらほらいましたね。ま、それはそれで全然OKなんですが。

さすがに深っちゃんも最後とあって表情が柔らかだったし、谷原さんはやっぱガッツポーズやってたし(笑)、4回目あたりだったかな、三上さんが深っちゃんだけじゃなくて谷原さんとも手をつないで出て来られたんですよ。ここら辺でやっと三上さんの中からもジョヴァンニが少し抜けて行ったのかな?と思いました。
で、5回目くらいに最後の晩餐のテーブル上からドラゴン花火が何発も上がったりして、「ああ、最後なんだ~」と感じました。その花火を皆さん「おお!」って感じで楽しそうに手を叩きながら見てましたよ。洋さんも笑顔で拍手しながら見てたわ~
そー言えば、何回目かのカテコで2列目に並んでた役者さんたちを前列に出してあげてたシーンがあったんですが、洋さんは余りにも深くお辞儀をしてたために頭を上げてからも暫くはそのことに気づかず、横を見て「あれ?」ってカンジで気づいた様子(笑)。で、後列に下がってったんだけど、それすら微笑ましかったです。ああああ、ファンってこれだから… それにやっぱしハケるの早すぎよ、洋さん!余りに早すぎて誰かに止められてたじゃん!(爆)←結局最後まで洋さんばっか見てたわし


好きな舞台ではないけれど、印象に残る舞台ではありました。
だけど正直、再演は望んでないです。この舞台が好きな方、ごめんなさい。


ところで、今回の『あわれ~』を観てていつも以上に感じたのは観客のマナーの悪さでした。相変わらず途中入場の多いこと。大阪って遅れても平気で来る人が多くないですか? で、今回は特に観劇に慣れてない人が多かったんでしょうか? ある役者さんが出る度に前のめって観てる人が多かったようですね。
で、私が特に「こいつらどーにかならんのか!」と思ったのがVodafoneのご招待で行った時の私の隣にいたたぶん母娘2人組。娘の方なんか靴を脱いで椅子の上で体育座りして、その上パックのウーロン茶を飲みながら観てた。母親の方も途中で袋の音をガサガサさせまくるし、おまけにふたりで話はするしで、本当にサイアクでしたわ。それがまた通路横の席なので、通路を通る役者さんにも見えてたんじゃなかろーか…。演劇観るのに映画感覚で来ないで欲しいよ。初めて観劇に来る前には少しお勉強して頂きたい…と言うか、フツーのマナーくらい覚えて来て下さい。お願いしますわ。


【追記】
この日お会いした洋さんファン仲間のこみさん、こまちさん、木蓮さん。どうも有難うございました。11月には『タンゴ・冬の終わりに』の洋さんが観たいですね~。
そして今までニアミスばかりだったmegohimeさんともやっとお会いできました。短い時間しかお話できませんでしたが、また今度ゆっくり演劇談義しましょうね♪
関連記事
      *Blog Ranking参加中です。よろしければ愛のクリック、お願いします。*
        にほんブログ村 演劇ブログへ


コメント

  1. こみ | URL | -

    私は今回ラッキーな事に2回とも前列の方で
    それは嬉しかったんですがあの舞台を純粋に楽しむなら2階席の方が良かったのでは?と思いました。

    舞台上に寝転がられると全然見えませんでしたから…その血のような照明も気付きませんでした。

    私は遅れてしまうのは仕方ないかなーと思うんです。それぞれ事情もあるだろうし、電車が人身事故で遅れたかもしれない。でも観劇中のマナーは
    常識としてあると思うんですよねー大人はもちろん
    子どもにも。注意できない私達も悪いんですが…

    今回洋さんファンの皆さんとお会いできて本当に楽しかったです。また機会があれば御一緒しましょうねー

  2. wam | URL | -

    楽しく読ませて頂きました!
    お疲れ様でした。

    演劇の神様、なかなか粋な演出をしてくれますね。
    あのシーンの時…というのが神がかりかも!?
    カーテンコールの洋さんは見逃せませんよ~。
    深ーいお辞儀は洋さんのお人柄が窺えますね。
    微笑ましいお話をありがとうございました。(^^)

  3. Ray | URL | 0/HLcGmk

    > こみさん

    照明は2階席の方が堪能できたと思うよ。
    2幕目、2階まで続いてた劇場の壁のキャンドルもすっごく綺麗だったもん。床の血の照明は「うわ~!こーなってたんだ!」とカンドーしちゃった。

    うん、どーしてものっぴきならない事情があって開演時間に間に合わなかったのは仕方がないとは思うんだけど、それでも堂々と入ってくるじゃないですか、大阪の人ってe-263
    少しくらい身を屈めて、申し訳なさそうに入って来てよーとか思っちゃったワケなんす。お分かり頂けましたでしょうか?



    > wamさん

    「演劇の神様っているんだわ~」と思いましたね、今回は。余りにもタイミング良すぎなんですもん。

    カテコの洋さんってなんだか挙動不審になりがちじゃないですか?(笑) と言いつつ、それすら愛おしいのがわしらファンなんだけど(爆)。
    あ、そー言えば隣にいたポジオ(戸井田さん)と笑いながら何か短い会話してたのを思い出したわ!
    ハケるのが早すぎた洋さんにストップかけたのも戸井田さんだったかもしれません。

  4. 木蓮 | URL | u8jygqf6

    暑い大阪遠征・お疲れ様でした~~

    演劇の神様にも気づかず、本当の演出だと思っていた私・・・・
    2階からの照明・舞台美術は良かったです!
    欲を言えば、蜷川組と新感線の舞台は
    1階と2階で観たいかな~~
    またその価値大だしね!

    マナーも・・・・基本的に東京も大阪も同じかな???
    きっと劇場係員の誘導の仕方もあると思います。
    彩芸は1番誘導が上手でした。
    遅れてきたお客様をゆっくりかがませながら誘導し
    座席に着いたら、係員さんはその場で
    靴を脱ぎ、手にすばやく持って足音立てずに
    階段を駆け上がって行った姿には
    心の中で拍手!でしたよ!

    タンゴ・・・チケット頑張りましょうね!

  5. megohime | URL | 6Q0aW8YQ

    Rayさん、こんばんは♪
    短い逢瀬(爆)次回はゆっくりと芝居の話で盛り上がりたいですね♪

    大阪・・マナー的にそれほど悪いとは今まで感じてなかったんですが、このところ色々なジャンルの方が出るようになって、マナーを知らない方が増えた気がします。
    同じ関西人としては、恥ずかしい限りですが・・

    いい芝居をしようとしている役者の方に失礼だと・・マジで思いますね。

    雷・・余りにも自然で違和感を感じませんでしたよ。それだけ普通だったんですね。
    芝居の神様の粋な計らいですね♪

  6. Ray | URL | 0/HLcGmk

    > 木蓮さん

    「あわれ~」では本当にお世話になりました~。
    今回は1階と2階で観られたことが凄くよかったなーと思いました。いろんな席で違う楽しみ方があるんですよね。

    観劇マナーは、私は大阪で舞台を観ることが多いので、他のところはあんまり知らないんです。ま、途中入場はどこでもあるでしょうね。
    確かに観劇マナーに関しては、劇場側の対応も大いに関係しているかもしれません。
    それにしてもさい芸の誘導は凄いですねー。来年あたりいろんな意味で行ってみたいです、さい芸。



    > megohimeさん

    やっとお会いできましたね~。今度は是非お酒でも飲みながらお話しませんか?(笑)

    megohimeさんの演劇Blogの方でも最近の観劇マナーについて触れられてましたね。
    観劇に来る人が増えたのかもしれませんが、普通のマナーはちゃんと知ってて欲しいですね。自分がされたらイヤなことくらい分かると思うんだけど。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://obohe.blog5.fc2.com/tb.php/313-63c4241a
この記事へのトラックバック


*Recent Entries


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。