スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
      *Blog Ranking参加中です。よろしければ愛のクリック、お願いします。*
        にほんブログ村 演劇ブログへ

『あわれ彼女は娼婦』(8月12日《土》19:00~/シアターBRAVA!)

2006年08月14日 20:59

予定外に3日前の9日に1度観た『あわれ彼女は娼婦』。
12日の前楽ソワレは自分でお金をちゃんと出してチケットをgetしたんですが、これが上手側ながら最前列通路横の席 今まで2列目とか3列目はあったんだけど、私の観劇人生始まって以来、初の最前列です。(でも本当は下手側の方が良かった…なんて贅沢言ってるんじゃないわよ

なんつーか、最前列で舞台を観るのってえらく緊張するんですね。目の前を遮るものが何もないってのは凄いことです。ただ舞台を見上げる形になるので首が痛いんだけど(あああ、これも贅沢ぬかすな、コノヤロですね。)

ストーリーとキャストに関しては9日に観た時のエントリーに書いているのでここでは省略します。
感想も9日のエントリーの方が客観的です。この日、私は間違いなくミーハー的な見方をしてしまいました。故に以下の感想もミーハーです。ごめんっ!

あかんわ~、最前列だと私は純粋に舞台に入り込めない。
話が別のところで展開してても、目の前に役者さんがいると思わず見てしまうんです~ コスチュームの柄なんかに注目しちゃったりね(男性陣が着てるマントは豪華な厚手カーテン柄っぽかったな~)。
やっぱりソランゾas谷原さんは近くで見ても綺麗な立ち姿なんですわ。2幕目でアナベラas深っちゃんとふたりで真っ白なコスチュームで並んで立ってると実に絵になります。
ジョヴァンニas三上さんは私の目前での演技はなかったんで、そんなにしげしげとは見なかった。ただ、横の通路を血糊で真っ赤になり、アナベラの心臓を短剣に刺した三上さんが通って来た時に、なんだかすっごいいい香りがした。他の人が通った時には全然しなかったのに(洋さんも無臭だったよ。←嗅いだのか!)。

私の場合は今更言わなくても分かると思いますが、特に洋さん演じるバーゲットが目の前に来ようものならドキドキして、その上に顔が緩んじゃって、傍から見たらかなり不気味だったろうなぁ
それにね、後方列では聞き取れないバーゲットのひとりごとが可愛かったんだよ~。「ボクはこれからバレエもしなきゃいけないんだ。(バレエのポジション取りながら)コレとか、アレとかしなきゃ。」なんて言ってるの(笑)。ああああ、なんって可愛い…
セリフ以外のこーいう小芝居は『間違いの喜劇』のドローミオを思い出しました。あの時もラッキーにも前列で観られたので、ひとりごとを聞くのが楽しかったのよ。
で、前回観た時は目頭が熱くなったくらいだったバーゲットの最期もこの日は思わず落涙してしまいました。ポジオが何度も何度も「ごめんなさい、ごめんなさい」って泣きながら言ってるところも、バーゲットが最期までポジオのことは勿論、フィロティスのことまで気にかけてることがもーたまらん だからこないだよりもグリマルディと枢機卿が憎らしくて。
…で、ギモンなんだけど、結局あの後にグリマルディはローマに帰ったの?それから全然出て来なかったけど。まぁアナベラが仇敵のソランゾと結婚することになったんだからパルマにいる必要もないだろーけれど。
それに考えたらフィロティスも可哀相なんだよね。愛そうと思った結婚相手は殺されて、自分の意志とは関係なく叔父のリチャーデットの言うとおりに処女のまま神に仕える身とならざるを得ないのだもの。愛する人の手にかかって死んだアナベラとフィロティスのどちらが幸せなんだろうね?

それから改めて、ヒポリタas立石さんの迫力に圧倒されました。ヒポリタ、最期は目を開けたまま死んでるの。それで舞台から運ばれて行くまで全然瞬きしなかったんです。役者さんって凄い! 決して出番が多くはないけれど、今回の立石さんの演技は本当に大好きでした。

ところで、この日は枢機卿の最後のセリフが終わり、舞台が暗くなっても拍手が起こらなかったんです。拍手が起こったのはカーテンコールで役者さんが再び舞台上に姿を現してからのこと。舞台が終わってもなかなか拍手できない雰囲気だったこともあるけど、なんだか微妙な間が不思議でした。

カテコは4回だったのかな。2回目からスタオベ状態でしたが、私はガマンして(?)3回目で立ちました。
谷原さんはまたしても力強くガッツポーズしてましたよ(笑)。で、最後はお客さんに向かってにこやかにお手振りして去っていきました。主演のおふたりが最後までちょっと表情固めなので、谷原さんが和ましてた感じかな。でも三上さんと深っちゃんが手を取り合って最後に舞台を後にする姿は、舞台の内容が鬱展開なだけになんとなく見ててホッとします。

それから我らの洋さんですが、私の位置からは反対の下手側にいるのがもどかしかった~。だけど、あんましカテコで笑顔を見せない洋さんが少し笑ってたんです。他の人たちとのお辞儀のタイミングを計ってるのが分かっちゃったし(笑)、そのお辞儀も相変わらず一番深い(体、柔らかいからな~)。しかし相変わらずハケるのも早い(笑)。

で、観た後につくづく思ったのが、「洋さんが出てなかったらこんな鬱展開の舞台はちゃんと観られなかっただろうな~」ってこと。
何はともあれ、貴重な経験をさせてもらいました。

さぁ、『あわれ~』もあと大千秋楽を残すのみ! 役者さんたちもあともう一息。どうか最後まで頑張って下さいませ。


【追記】
この日はうちのBlogからリンクさせて頂いてる『プールサイドでうたた寝』のおちびさんとお会いできました。
おちびさん、頂いたDVDを早速見せて頂きましたよ 見てると『あわれ~』のシーンがフラッシュバックしてきちゃった。本当に有難うございました!
関連記事
      *Blog Ranking参加中です。よろしければ愛のクリック、お願いします。*
        にほんブログ村 演劇ブログへ


コメント

  1. こみ | URL | -

    流石です。私もこれから書いてみます。

  2. こまち | URL | mQop/nM.

    こんばんは。
    大阪遠征お疲れ様でした。
    今回は、お会いできて嬉しかったです!
    またお会いしましょう。

  3. おちび | URL | J7Ru1O2Q

    こちらこそありがとうございました。
    少しの時間でしたがお話できて楽しかったです♪
    終演後もご挨拶したかったのですが、お姿を見失ってしまいました・・・
    私も早速DVD拝見しましたよ~
    バーゲットとはまた違った髪型が衝撃的でした(笑)
    またお会いできると良いですね。

  4. Ray | URL | 0/HLcGmk

    > こみさん

    >>流石です。
    いやいや、恐れ入ります(笑)。ミーハーな感想ですんません。

    で、mixiのこみさんの感想を読ませて頂きました。
    こみさんも細かいところ、よく観てるね。
    私のミーハーちっくな感想よりも分かりやすかったですよん。



    > こまちさん

    私もこまちさんにお会いできて嬉しかったです~♪
    またお会いしたいですね。
    今度は京都まで遊びに行きまーす。

  5. Ray | URL | 0/HLcGmk

    > おちびさん

    こんばんは~。
    先日は有難うございました。私も楽しかったです。

    おちびさんも例のDVDをご覧になりましたか!
    でも大きな意味でステキだったでしょ?(笑)

    またお会いしたいですね。
    では10月の「オレステス」大阪公演あたり、如何ですか?

  6. ママン | URL | cVzAR33Y

    偶然こちらのブログを拝見させていただきました。
    はじめまして。
    コクーン公演で他の俳優さん目当てで観劇しに行ったのですが、
    洋さんのあまりにうまい演技にファンになってしまい、どうしてももう一度見たくて、わたしも遠征で12日夜の部に行きました!それも1階右ブロックの二列目でした。。もしかしたら凄く近くで観劇していたかもしれませんね!
    2回目のバーゲットもすばらしかったです。
    良い意味で洋さんは完成されていて完璧な演技をしますね!
    これから応援して行きたいと思います♪

    あと、1つ気になったのですが洋さんカテコの時横目で右の方をジロジロ見てませんでした?
    あれはお辞儀のタイミングをはかっていたのでしょうか?
    なんかあまりにもかわいくて笑っちゃいました。

    なれてないので変なカキコで申し訳ございませんでした。
    あわれDVDでるようなので楽しみですね☆

  7. Ray | URL | 0/HLcGmk

    > ママンさん

    はじめまして。
    こんな辺鄙なところにあるBlogにようこそいらっしゃいました。
    その上、コメントを残して下さって本当に嬉しく思います。
    これを機会にこれからもよろしくお願いします。

    なんと「あわれ~」大阪前楽ソワレ、ママンさんは私の後ろで観てらっしゃったんですね。びっくりです。
    ママンさんの最初のお目当て俳優さんはどなただったのでしょうか?そんなママンさんの心を奪ってしまった洋さん、本当に罪な人ですね~(笑)。
    本当に洋さんは出てらっしゃる舞台ごとに、いつも印象深い演技をされます。
    これからの洋さんにも凄く期待しています。

    >> カテコの時横目で右の方をジロジロ
    あれはママンさんが言われているように、他の役者さん方とのお辞儀のタイミングをはかってたんだと思います。
    私も同じところで笑ってしまいました。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://obohe.blog5.fc2.com/tb.php/312-27a2affe
この記事へのトラックバック


*Recent Entries


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。