スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
      *Blog Ranking参加中です。よろしければ愛のクリック、お願いします。*
        にほんブログ村 演劇ブログへ

早朝の大騒ぎ。

2006年07月05日 23:07

明け方3時40分に目覚ましかけて、とりあえず昨夜は仮眠しました。そのまんま起きてたら試合観てる間に体力が尽きちゃうと思ったんですもの~。
で、しっかり起きてリアルタイムで観ました。準決勝のドイツ-イタリア。今大会、イタリアの試合は全てリアルタイムで観てます。ええ、これがファンの心意気ってもんです。
好きな選手がいるから応援するってのが普通だろうけど、応援し続けて12年、私にとってもはやAzzurriはどんな選手がいても、どんなサッカーをやってても一番に応援する対象チームになってしまいました。
しかしW杯やら、スペースシャトル打ち上げ成功とか、キタのミサイル発射とか、朝から大騒ぎでしたな~

W杯開催国と対戦することは、ただならぬアウェイの立場。だけどイタリアってチームはなんだかよく分からんけど、昔から脈々とM気質が流れてるようで(ヾ(・・;)ォィォィ)、逆境にならないと真剣になりません 「それってどーよ?」とファンながらいつも思うんだけど、そーいうサッカーが好きな私もMっ気があるんでしょーか(そんなこたーいい)。
でもAzzurriを好きになる前はドイツ(当時は西ドイツだわな)が好きだったので、「ま、開催国が決勝に進むのも盛り上がるよね」なんて最初は緩~い気持ちで観てたことを白状します。いや、ドイツ以外の国ならばそんなことは微塵も考えなかったけどさ。

しかし観てるうちに、やっぱり祈るのは今現在愛するAzzurriの勝利。いつものように気がつけば両手を胸の前で合わせて観てた。
試合は、ぴるろんが比較的フリーでいられるので中盤でいい形は作れるんだけど、今ひとつ決定力に欠けるアタッカンテ。こんな試合にトーニのワントップってどーゆーこと? こんな試合だから攻めていかんとあかんのとちゃうの? だから未だにイタリア・サッカーはカテナッチオで~云々なんて言われるんじゃないのけ? ま、そう言われるだけの強力守備なんだけどね。

ジージつおいでもなんだか後半に入っても全然両チームにゴールが生まれそうな気配がない。後半には時々ドイツがチャンスを作ってたけど、今日もジージはであった。なんだかジージが止められないシュートは今大会なさそーな気がしてきた私。なんせその前にこれまた今大会の"かぴたーの"カンちゃんがいるんだもんね。
カンちゃんもつおい2重の鍵がイタリアのゴール前にはかけられてあるんだから、よっぽどのことがない限り失点しそうにない今のAzzurriです。唯一の失点はアメリカ戦での自分ちのオウン・ゴールだもんなー(;^_^A
正直、チェコ戦でネスタさんが負傷退場した時に「うわ~、カンちゃんだけでこれからDFどーなるんじゃろ」と不安になったんだよね。でも信用の置けない男マテラッツィも、マテのサスペンデッド時に出たバルザーリも、それぞれがいい仕事をしてくれてなんだか各自の自覚が凄いと感心してます。
あ、なんだか脱線。

で、結局90分で決着はつかず、今大会5試合目の延長戦に突入。とにかく私は何が何でも延長30分以内に誰でもいいからゴールを決めて欲しかったです。と言うのも、PK戦になっちゃうと、絶対にドイツにやられる!と思ったから。今までAzzurriはW杯でのPK戦で勝ったことがありません。それとは逆にドイツはPK戦は負けなし。苦手意識って気にしてないようで無意識下に眠ってるものなんです。トッティがPK外してる絵が一瞬頭の中をよぎっちゃったよ…
で、延長前半の早い時間に後半からトーニに代わって入ったジラルディーノや、ザンブロッタの入ってもいいよーなシュートがポストに阻まれるのを見て「あああ、もしかしてこれは負けフラグ立っちゃった?」なんて余計に悲観的になってしまった。観てる側にできることはただ祈るだけだから、本当にもどかしいよ。
しかしやっぱり延長戦は両チームとも運動量が落ちてきた。延長後半も10分が過ぎた頃から「…PK? PK戦になってまうのか? それだけはいやん」と思い始めたAzzurriファンは私だけじゃないはず。必死に押し込めた「トッティPKを外す図」がまた脳裏をよぎってきたその時!

グロッソゴルキタ━━━(゚∀゚)━━━ッッ!!!!

ぐろっそごる延長になってから入ってきたアレのCKから、こぼれ球を拾ったピルロがノールックで右前の位置にいたグロッソにパス。それをグロッソが落ち着いてこれしかないでしょ的なシュート! そのボールにドイツGKレーマンも手が届かない。延長後半14分(!)というとんでもない時間にイタリア遂に先制ーーーっっ!! やったーーーーーーっっ!! まさかこんな時間に点が入るとは思ってなかったーーっっ!! それにしてもグロッソってば左SBだよな? なんであんなところにいたんだ?…なんてことはこの際どーでもいい。

あれごるこの1点で「勝った!」と確信はしたけれど、ロスタイム、Azzurriは完全にドイツの息の根止めちゃった。同点を狙って前掛かりになったドイツのパスをカットしたカンちゃんがトッティにパス、それをトッティが前線にいたジラルディーノに送る。ジラがボールを持ってドイツDFを引きつけてる間に、後ろから走りこんで来たアレに絶妙なラストパス。アレはそれを丁寧にゴール右上に突き刺した。イタリア2点目! たった2分間で2点も入れられるんやったら90分以内で入れてくれやと思わんでもなかったが(笑)。そしてそのまんまタイムアップ。

Azzurriが決勝進出だぁぁぁぁぁぁ!!

おめでとー♪まさか本当に決勝まで上がってくれるとは…。嬉しくて涙が出たよ。またしても私はAzzurriに泣かされてしまいました(笑)。なんだか今大会のAzzurriはチームみんなが凄く一体になってる気がする。本当にいいチームです。
イタリアの決勝進出は12年前のアメリカ大会以来ですな。あの時からAzzurriファンになった私としては、今大会であの時の借りを返して欲しいです。そして、ネスタさんには12年前のバレージ再び!なんて思うのはいけないことですか?

イタリアの決勝戦の相手は明日の早朝に決まるけど、それがポルトガルだろーが、フランスだろーが、今のイタリアなら勝てると私は思ってます。とにかくいい試合をして、その上で勝利を得られればそれ以上のことはないと思います。

我らがAzzurriに栄光あれ!!



それにしてもグロッソがよく頑張ってますね。オージー戦でも彼のサイド突破がPKを獲得して勝ったし。彼が今大会のAzzurriのラッキーボーイだね。ラッキーボーイがいるチームは強いのよ
ゴール決めた時の喜び方もなんか微笑ましいし、すっごい気に入っちゃった。顔ははーらーだたいぞーですだけど(笑)。
関連記事
      *Blog Ranking参加中です。よろしければ愛のクリック、お願いします。*
        にほんブログ村 演劇ブログへ


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://obohe.blog5.fc2.com/tb.php/284-83278b67
    この記事へのトラックバック


    *Recent Entries


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。