スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
      *Blog Ranking参加中です。よろしければ愛のクリック、お願いします。*
        にほんブログ村 演劇ブログへ

奇跡か、これは…!

2006年06月28日 00:12

W杯決勝トーナメント1回戦も折り返しに入りました。
3日目は我が愛する(いい加減ウザい?笑)イタリア代表の登場です。相手はにっくきヒディンク率いるオーストラリア。ヒディンクに対するもはや"憎しみ"という感情は4年前からのAzzurriファンなら共通しているかもしれません。ま、詳しいことはここでは言わないけどね。

オージー戦のAzzurriグループ・リーグのチェコ戦で右足内転筋痛が再発してしまった私のご贔屓ネスタさんはやっぱりお休み。その代わりはチェコ戦でよく分からんけど妙に頑張った信用のおけない男、マテラッツィ。今日も守備の頼りは"カピターノ"カンちゃんと、最後の砦"ジージ"ブッフォンです。いくら活躍しても信用されんのがマテ男なのさ。そしたらやっぱり………だもんなぁ
で、この日はトッティじゃなくて、デル・ピエロがスタメンでした。果たしてアレは活躍してくれるのか? なんでもイタリア国内じゃ「トッティよりもアレを使わんかい!」って意見の方が多いようですけどね。

とにかくオージーの何が怖いかって、オフェンス面ではそれほどでもないんだけど(なんせ前線にロングボールを放り込むだけの単純なサッカーだし)、デカい体格に物言わせたハード・タックルなんすよ。Azzurriが決してガタイのいい選手ばかりじゃないから、当たられ方によっては壊されるんじゃないかと気が気じゃなかったです。けど、試合が始まってみたら案外Azzurriもキッツいマークで、オージーと渡り合ってましたけどね(それっていいことなのか?)。
前半はAzzurriが圧倒するものの、なかなかゴールが割れません。結局前半は0-0で終了。それでも後半はこの調子だったらばAzzurriが点を取れると思ってたの。

ところがね。

後半早々やっちゃってくれちゃったんですよ。

あのオトコが!
あっちゃ~後半10分、ペナルティエリアの左サイドからゴール前に切り込もうとしたオージーのブレシアーノにマテラッツィがスライディングをして倒してしまいます。「うわ~、イエローかよ!」と思ったら、主審のカンタレホ氏が出したカードはなんと赤! マテラッツィは一発レッドカードで退場になってしまいました。なんでやねん! あれくらいのファウルやったら黄色で十分やろが! それにしてもやっぱり信用できんわ、マテ男~~~~っっ
残り40分を10人で戦わなくてはならなくなったAzzurri。あああ、ヒディンクのチームはAzzurriにとっては今大会も鬼門や~。

しかし。
じーじこの日もやっぱり守備の要・カンちゃんとジージは「流石!」のひとことでした。10人になっちゃったけど、私はカンちゃんとジージがいる限り、オージーはゴールできないだろうなって思ってましたもん。いやいや、贔屓目ナシで。
ただ、それは90分で試合が終われば…の場合。延長になったら堅守のAzzurriにもひとり少ないツケが回ってくるんじゃないかと思ってたんです。だからどーしても90分以内で決着をつけて欲しかった。


グロッソ、倒される!だけど流れは90分になってもオージー。ロスタイムに突入したところで「あ~あ、延長かよ~。こりゃヤヴァいよ~」と諦めかけた時でした。左サイドを上がっていたグロッソがペナルティ・エリア内でオージーのDF・ニールに倒されてPK獲得! ま、まぢか~~~~~~っっ!!
このPKに関してはいろいろ言われてますが、ペナルティ・エリアに入る前にオージーのブレシアーノがグロッソに対してファウルやっちゃってるのに流されてるし、それにエリア内で迂闊にスライディングなんかしちゃったニールがいけないんじゃないか? で、倒れてるニールにグロッソが引っかかっちゃったらやっぱりそれはPKでしょ。…ええ、Azzurri贔屓の目で見てますよ。当たり前ぢゃんっ! Azzurriに勝って欲しいんだもん!(開き直った。)
とにもかくにもよくPKを取ってくれたよ、グロッソ!

そのグロッソが獲得したPKを蹴るのは後半、アレに代わって出場したトッティ。王子が入ってから、なんとなくAzzurriのリズムが変わった気はしたんだけど、こーゆー時に見せ場が回ってくるのがスターなんだなぁ。もうこの時ほど「王子、お願い。決めて決めて決めて決めて!!」とドキドキしながら祈ったことはありませんでした。時々王子はこっちの思惑とは全然違ったことやっちゃうからなぁ。頼むからチェコ戦でやってたよーなオサレループ(イタリアではCucchiaio=日本語では"スプーン=掬い上げる"という意味)なんかPKでやんないでくれよ

王子、蹴る!とにかく泣きそうな思いで見届けた王子のPK。さすがにこの時ばかりはオサレループはマズいと思ったか(試合後のインタでは蹴る気満々だったらしいが)、王子はゴール左上に速いボールを蹴り込む。そのボールはオージーのGKシュウォーツァーが伸ばした手も届きません。

ゴールキタ━━━(゚∀゚)━━━ッ!!!!

王子のPKが決まった直後に試合終了の笛が鳴り、Azzurriは辛くも勝利。
もうこーなったら勝ち方なんてどーでもええねん。

悲喜こもごもなんだかEURO2000の対オランダ戦を思い出しちゃった私は号泣っすよ。1994年のアメリカ大会からAzzurriファンになった私だけど、なんだか彼らにはよく泣かされておりますわ。
でも私が泣けば泣くほどAzzurriは上に進むので、これからも目一杯泣かせてもらいたいなどと思ってしまうのでした。

しかし次のウクライナ戦。
カンちゃんとコンビを組むCBって…バルザーリしかいないよね。ネスタさんは下手したら決勝あたりまで出られないって話だし…。
W杯決勝のピッチに立つネスタさんを見たいので、とにかく頑張れバルザーリ!

関連記事
      *Blog Ranking参加中です。よろしければ愛のクリック、お願いします。*
        にほんブログ村 演劇ブログへ


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://obohe.blog5.fc2.com/tb.php/278-95531cbb
    この記事へのトラックバック


    *Recent Entries


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。