スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
      *Blog Ranking参加中です。よろしければ愛のクリック、お願いします。*
        にほんブログ村 演劇ブログへ

毎晩大変。(楽しいけど)

2006年06月16日 22:46

あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛……。
頑張って書いたエントリーが消えちゃったよーーーーっっ!
いつもなら「メモ帳」に保存しとくのに今日に限ってやってなかった。ショック!!!!
さっきの記憶、残ってるかしら。とりあえずチャレンジ。

**********************************

昨日とーとつに"蹴球Blog宣言"してしまいましたが、演劇好きさんは今日も覗きに来て下さってるんでしょーか? 申し訳ありませんが、今日も演劇ネタはありません。ごめんなさいね。


昨日「本気で観戦予定リスト」に挙げていたスウェーデン-パラグアイですが、また呼吸困難になっちゃったので(ヾ(・・;)ォィォィ)観るのを急遽辞めました。今大会まだ私はスウェーデンの試合を観てません。1-0でスウェーデンの勝ちだったんだってね。

すぱいだーまん(笑)その代わりと言っちゃナンだが、ながら見予定だったエクアドル-コスタリカは結構ちゃんと観ちゃいました。何気にエクアドルが強くて抜け目ないのに驚き。デルガド、いい選手ですな。4年前よりは確実に逞しく頼れる存在になってます。結果、3-0でエクアドルが快勝。
これでグループAはドイツとエクアドルが決勝T進出決定しました。3戦目はこの勝ち抜けチーム同士の対戦になるけど、やっぱいきなりイングランドとは当たりたくないだろーから、両チームとも本気で来るかな? 楽しみな試合になりそうです。消化試合にならなくて良かった♪

で、唯一本気で観たイングランド-トリニダード・トバゴ。
2人の日本人審判この試合が楽しみだったのは、カード自体もそうだったんだけど、審判に2人の日本人─上川氏と広嶋氏─が起用されたからです。日本人審判がW杯で2試合目の審判を務めるのは初めてのこと。その上、サッカーの母国イングランド戦です。これは決勝Tで笛を吹くためのテストって感じなんですかね。ベッカムとにこやかに話をしてる上川氏を見て、ただ単純に「すげぇなー」とか思ってしまった私です(笑)。

私が一番好きな代表チームは今更言う必要もないイタリアですが、イングランドも割と好きなチームです。今大会で言うと私の贔屓国Best3に入ってます(他はアルヘン)。
好きな理由?

やっぱりええオトコ♪←この人。

ミーハーですみませんねぇ(笑)。
でもね、決して前回大会からのファンじゃないのよ。1998年のフランス大会の時からのファンなの。決勝T1回戦のアルヘン戦でシメオネの狡猾な挑発にうっかりのっちゃって一発レッドをくらった()頃からのファンなんす。一時はベッカム好きには肩身が狭かったわ。
だけどレアル・マドリーに移籍してからは以前ほどの熱は冷めちゃったけど。個人的にはやっぱりベッカムにはイングランド国内でサッカーやって欲しいんですよね。その思いは今も変わってないけど。
だから試合が始まる前に、トリ・トバの主将でかつてマンチェスター・ユナイテッドで一緒に活躍してたヨークとベッカムが話してるのを見た時、なんだか感慨深いものが込み上げて来ちゃったー。ああ、大好きだったよ、二人がいた頃のマンチェスターUtd.……。

ま、ベッカム語りはこれくらいにしておいて。

イングランドですが、優勝候補の一角に挙げられてはいるけれど初戦のパラグアイ戦といい、今回のトリ・トバ戦といい、なんだか今いちスカッ!と勝てないですね。
何度もいい形になりながらも、堅守のトリ・トバのゴールを割ることが出来ない。なんだか後半は途中で眠くなっちゃったんだよな~。0-0の展開でも昨日のドイツ-ポーランドみたいに面白い試合もあるのに、この違いってどこから来るの?
「もしかしてこのまんまドローか?」と思った後半38分、やっとイングランドはクラウチのヘッド(ベッカムからのクロスどした)で先制、ロスタイムにジェラードのミドルで2点目。
終わってみれば2-0の勝利だったワケですが、「めっちゃ強いやん、イングランド」ってーカンジがない。負けないところはさすがだけど。
ま、グループ・リーグなんだから、今から全力出す必要もないんだけどね。グループ・リーグは省エネで、決勝Tから本気出すというのもいいんだけどさ。
次のスウェーデン戦では強さを見せて欲しいと思います。スウェーデンもトリ・トバ-パラグアイの結果次第でヤバイから、本気で来るぞ。
やっぱりさ、ガチの試合をいっぱい観たいもんね~。


それにしても…。

アルヘン強すぎーーーー!!!!
いや、いいんだけど(笑)。
関連記事
      *Blog Ranking参加中です。よろしければ愛のクリック、お願いします。*
        にほんブログ村 演劇ブログへ


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://obohe.blog5.fc2.com/tb.php/265-9f4a1900
    この記事へのトラックバック


    *Recent Entries


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。