スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
      *Blog Ranking参加中です。よろしければ愛のクリック、お願いします。*
        にほんブログ村 演劇ブログへ

蹴球Blog宣言。(なんですと!)

2006年06月15日 19:47

昨日夜中のW杯観戦中に咳が止まらず呼吸困難を起こしてしまった私ですが、皆さんいかがお過ごしですか?
いやもう、W杯のおかげで1週間以上経っても風邪が治りません。咳だけでも止まって欲しいわ。
しかし、ここんとこの怒涛の蹴球ネタに、演劇ネタのエントリーを読みにいらした方はドン引きしちゃってるんではないでしょーか?(;^_^A
でも、このW杯期間中は8割以上のエントリーが蹴球ネタになることを宣言しておきます。だって蹴球好きなんだもん。4年に一度の蹴球祭なんだもん。
それでもたま~に演劇ネタは出てくるかもしれません。よろしければ懲りずにこれからも覗きに来てやって下さると嬉しいです。


哀愁のシェヴァさて、昨日のエントリーで「観るよーん」と言ってた2試合ですが、スペイン-ウクライナの結果にはちょっと声を失ってしまいました。ちょっとー! 今回のスペイン強いじゃんよー! まさか4-0でスペインが圧勝するとは思ってなかったです。ま、スペイン優位かなーとは漠然と思ってたけどさ。でもスペインって大きな大会にはヘタレ振りを全開させるってイメージがあるんだけどなー。おかしいなー。
次々にゴールを決めるスペインを見てて、なんだかシェヴァが可哀相になってきちゃった…。こんなシェヴァをW杯で見たかったんじゃないよぅ(ToT) やっぱり初出場ウクライナに、W杯常連のスペインの壁は厚かったのか。でもね、次の2試合に勝てばいいんだよ。だからガンバレ、シェヴァ!! W杯でアナタのゴールが見たいよ。


2試合目のチュニジア-サウジは観なかったんだけど2-2のドロー。
とりあえずサウジが赤いお隣さんに続いてアジア2ヶ国目の勝点をget。


そして3試合目。昨日、一番楽しみにしてたのがドイツ-ポーランド。その試合は予想以上の面白い1戦でした。
昔は大のドイツ好きだった私、当然この試合もドイツを応援するかと思いきや、判官贔屓の面目躍如(?)でポーランドの死に物狂いの守備を見てるうちにちょっと心がポーランドに傾いてきちゃいました。特にGKボルッチのファイン・セーヴの連続には思わずカンドーしたりして。
ただ、やっぱりドイツ相手に10人はキツいよね。後半は終始ドイツが攻めっ放しのポーランド守りっ放し ところがドイツがなかなか最後を決められない。何回も決定的なチャンスがあったのにね。これって開催国の逆プレッシャーなんでしょーか?
で、遂に後半もロスタイムに突入。このままスコアレス・ドローで終わるかと思われたその時。その瞬間が来てしまった。ロスタイムに入ったからと気を抜いたわけじゃないんだろうけど、ポーランドの左サイドから抜けたドイツのオドンコールのクロスに、中央から途中交代で入ったノイビルが遂にポーランドのゴールネットを揺らす。
あー…91分まで耐え続けたポーランドのW杯はここで終わったと言ってもいいでしょうね。本当に頑張ってたんだけどなぁ。
開催国としては絶対に負けられなかったドイツ。決勝T勝ち上がりのためには必ず勝たなければならなかったポーランド。最後は伝統の"ゲルマン魂"の勝利に終わったけれど、本当に面白い試合でした。
これでドイツの決勝T勝ちあがりは決定ですか? 開催国の最低限の責務は果たしたと言えるけど、ドイツは今大会の優勝を義務付けられてると言ってもいいくらい。たぶん1位抜けは固いので、そうなるとB組2位がどこになるのか気になってきますね。イングランドは1位抜けだろーから、スウェーデンあたり? いや~、これも面白そうですぜ♪(ちと気が早い?)


さぁ、今日の観戦予定。
22時からのエクアドル-コスタリカはながら見。今日は深夜~早朝の2試合を本気で観ます。
ん?もしかしてイングランドは今日勝ったら決勝T進出決定なのか?
関連記事
      *Blog Ranking参加中です。よろしければ愛のクリック、お願いします。*
        にほんブログ村 演劇ブログへ


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://obohe.blog5.fc2.com/tb.php/264-0f7e80cf
    この記事へのトラックバック


    *Recent Entries


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。