スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
      *Blog Ranking参加中です。よろしければ愛のクリック、お願いします。*
        にほんブログ村 演劇ブログへ

Forza!! Azzurri!!(非国民。)

2006年05月17日 21:35

2日前の「W杯も近づいてきた!」のエントリーで私が「日本代表よりも気になる」と堂々と抜かしていたAzzurri(イタリア代表)がその日の夜遅くに発表され、背番号も決まりました。
そのAzzurriは以下のとおり。()内の数字は背番号です。

GK
ジャンルイジ・ブッフォン(1)、アンジェロ・ペルッツィ(12)、マルコ・アメリア(14)
DF
ジャンルカ・ザンブロッタ(19)、ファビオ・カンナバーロ(5)、アレッサンドロ・ネスタ(13)、ファビオ・グロッソ(3)、アンドレア・バルザーリ(6)、クリスティアン・ザッカルド(2)、マルコ・マテラッツィ(23)、マッシモ・オッド(22)
MF
マウロ・カモラネージ(16)、ジェンナーロ・ガットゥーゾ(8)、アンドレア・ピルロ(21)、シモーネ・ペロッタ(20)、ダニエレ・デ・ロッシ(4)、シモーネ・バローネ(17)
FW
フランチェスコ・トッティ(10)、ルカ・ト-ニ(9)、アレッサンドロ・デルピエロ(7)、アルベルト・ジラルディーノ(11)、フィリッポ・インザーギ(18)、ビンチェンツォ・イアクインタ(15)


以上23名。サプライズはなかったと言っていいかも。
私の愛するA.C.ミランからはネスタ、ガットゥーゾ、ピルロ、ジラルディーノ、そしてインザーギの5名が選ばれました。
ミランは他国の代表に選ばれてるgiocatoriも多いです(オーストラリアのカラッチ、ブラジルのカカ、ジーダ、カフー、クロアチアのシミッチ、チェコのヤンクロフスキ、スイスのフォーゲル、ウクライナのシェフチェンコ)。
みんな、各国代表チームでガンバレ!

で、イタリアのW杯初戦は6月12日の対ガーナ戦(@ハノーファー)。
まずは初戦、がっちり勝って行こうぜー!

ただ、今回のAzzurriは前評判が高いのが気になります。と言うのも下手に前評判が高い時のAzzurriってとんでもなく危ない試合をすることがままあるからなんです。そうでなくてもスロー・スターターなのに…
イタリアと言うチームは、クラブもそうなんだけど、崖っぷちに立たされないと本気を出さないとでも言いますか。ある意味、精神的に強くないとAzzurriのファンは出来ないかもしれません。
だからこそ母性本能をくすぐられてしまうんですけどね(笑)。

私がそんなAzzurriのファンになったのは1994年のW杯アメリカ大会でした。それ以来ずーっと、Azzurriは私にとって日本代表以上に好きなチームです。前回大会の2002年W杯では札幌ドームまでイタリア-エクアドルの試合を観に行ってきましたから!

今回ももし決勝トーナメント1回戦でAzzurriと日本が当たることがあっても、非国民な私はAzzurriを応援しちゃいます。まぁそんなヤツがいてもいいじゃないですか。ま、日本が決勝トーナメントに上がることはないと思うんだけどな。
私がW杯をはじめて観たのが1986年のメキシコ大会。アルゼンチンのマラドーナ一色の大会でしたが、天邪鬼な私は西ドイツをひたすら応援してました。しかし未だにイングランド戦のマラドーナの「神の手」は許せん!(爆)

次の1990年イタリア大会は西ドイツの強さが際立った大会でした。西ドイツをめっちゃ応援してた私にとっては、至福の大会だったなぁ。

1994年アメリカ大会はAzzurriに見も心も捧げた大会(笑)。何回Azzurriに泣かされたことか。サッカーの試合を観て号泣したのは、この大会のイタリア-ナイジェリアが最初だったかもしれません。

1998年フランス大会。実はあんまし記憶にないんだよね。と言うのもAzzurriがベスト8止まりだったから。
ただ日本の初出場にはさすがに感動したけど。私も日本人だったんだーなんて思っちゃったっけ(笑)。

2002年日韓共催大会。
これは正直、W杯の記録からなくして欲しいと思うし、自分の記憶からも消し去りたい大会です(札幌ドームで見た試合以外は)。
理由は…聞かないで~~~


そんなカンジで、W杯観戦歴20年(おお!そんなになるのか!)の私にとって、今回のドイツ大会はどんな大会になるんでしょうか?
わくわく・どきどきの瞬間まであと23日です!
関連記事
      *Blog Ranking参加中です。よろしければ愛のクリック、お願いします。*
        にほんブログ村 演劇ブログへ


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://obohe.blog5.fc2.com/tb.php/238-c8846b9f
    この記事へのトラックバック


    *Recent Entries


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。