スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
      *Blog Ranking参加中です。よろしければ愛のクリック、お願いします。*
        にほんブログ村 演劇ブログへ

たまにはどーでもいいたっちゃん話でも。

2006年05月01日 23:16

今日の夕飯のメニューは、高野豆腐とお揚げと玉子の煮物、焼き鮭、豆腐とわかめとえのき茸のお味噌汁、ご飯でした~。
さて明日のメニューは何にするかのぅ。なんとなく洋食が食べたいアタシ。

…なんてご報告は要りませんか?(笑)


んじゃ話題を変えまして。
今日、ぴあ会員の情報誌「アワビ」が届いたんだけど、それに『オレステス』関連のたっちゃんのインタが載ってました。
「チラシに並んだ出演者名を見て、他人事みたいにすごいなーって思ったんですよ(笑)。」って。
で、ここでも有起哉くんと仲良しな話をしてました。本当に有起哉くんと共演できるのが嬉しいんだろうなぁ。たっちゃんからそういう言葉を聞くと、有起哉くんファンでもある私はとても嬉しくなっちゃいます。e+の動画インタでもなんだか二人で並んで話してるだけで楽しそうだったもんね。
んで、私がこのインタで印象深かったのが「蜷川さんの稽古場は、毎回、他者よりもちょっとだけ重いものを背負ってのぞまなくてはいけない場。ま、ちょこっとですよ、2cmくらいのものを背負うくらい(笑)。」ってところ。
やっぱりたっちゃんにとって、蜷川さんは特別な存在なんだね。しかし2cmくらいの背負うものって一体何?(笑)

そんな感じで、まだ『ライフ・イン・ザ・シアター』も観てないのに、私の心は既に『オレステス』へ飛んでます。私が観に行くつもりの大阪公演はまだ正式に発表にもなってないけどね~。


蜷川さんと言うと、先日図書館で借りて来た『続・三島由紀夫が死んだ日』に蜷川さんが書かれたページがあって(だから借りて来たんだけどね)、蜷川さんが本の中で触れられているのが『近代能楽集』についてだったので、そこに‘卒塔婆小町’と‘弱法師’の舞台写真が各1ページずつ載ってたんです。
それを見た時に、たっちゃんや洋さんの写真がこーいう本に載ってるだけで嬉しかった私だったりしたのでした。


あ、そうそう。
私もやっと TATSUYA Online TSUTAYA Onlineで『DEATH NOTE』の前売り券を買いました。
ただ、まだ原作漫画は読んでないです。なんだか原作を読まないまま、映画を観ることになっちゃいそうな…。
そう言えば、ジャンプ連載中の本編は月が大変なことになったらしいけど、まさかそこまでシリーズ化で映画にしないよねぇ?


んで、その夜だったか、久々にたっちゃんが夢に出てきまして。
たっちゃんが連ドラの主演なんすよ~。それも設定が獣医さんの卵(笑)。それに共演者が相武紗季ちゃんで、めっちゃリアルなんですわ~。なんかほんわかしたドラマみたいだったよ。そ、『動物のお医者さん』みたいな雰囲気か。
たまにはほんわかキャラのたっちゃんも観てみたいと思うのは私だけじゃないはずだ。

以上、本当にどーでもいいたっちゃん話でした。
関連記事
      *Blog Ranking参加中です。よろしければ愛のクリック、お願いします。*
        にほんブログ村 演劇ブログへ


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://obohe.blog5.fc2.com/tb.php/225-bf85a2d5
    この記事へのトラックバック


    *Recent Entries


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。