何故。

2019年02月07日 05:27

bo.jpg去年末から今までに5回も観に行った映画『ボヘミアン・ラプソディ』。
何故にそんなにハマってしまったかと言うとまぁ長くなります(笑)。

私は中学生の頃からガンガンに洋楽を聴いてきました。
きっかけは地元ローカルラジオ局で日曜夜にやってた洋楽番組「サンデー・ベスト」、通称「サンベス」。この番組でその局独自のベスト20を発表するコーナーがあって、毎週めっちゃ楽しみでした。リクエストで順位が決まるということでよくリクエストはがきも書いて出してたなー。
その番組は前述のとおりリクエストによって順位が決まるので、ベスト20に入ってるのはRock、Pops、Hard Rockとそれはもう言ってしまえばカオス(笑)。でもそのお陰でいろんなジャンルの曲やバンド、アーティストを知ることができたので、「サンベス」は私にとって洋楽の教科書のような番組でした。

その中で知ったバンドの中のひとつがQUEEN。初めて聴いた彼らの曲は“Killer Queen”で、それ以来、代表曲はほぼリアルタイムで聴いてきました。ただ大ファンだったかと問われれば正直、曲はちゃんと聴くけれども、かと言って遠征してまで「Liveに行きたい!」というほどではなかった。もちろん「好き」なバンドではあったけれども。←じゃないとちゃんと曲を歌えるまでに聴いてないよ。

そんな感じで私には付かず離れずだったQUEEN。もちろん伝説のLive Aidもオンタイムで見ているし(まぁ目当ては他のバンドだったんだけどね←JUDAS PRIESTだ)、Freddieの訃報を聞いた時もどこかで予想はしていたけど(彼がLGBTなのは知ってたから)やっぱりショックだった。

と言うワケで、映画『ボヘミアン・ラプソディ』は私の青春時代を思い起こさせる意味でもツボにハマりまくりなんですね。
で、リピートして観てるのには一種のLiveに参加してるって意識もあるんだと思います。特にラスト20分のLive Aidのシーンとかまさしくそれ。
もちろん映画のストーリーも事実とは多少の違いはあるとしても、とてもよく出来てるのではないかと。映画はエンターテイメント。100%事実をなぞる必要はないと私は思います。
なんか他にも言いたい伝えたいことがあるんだけど、語彙力と文章構成力がないのでジレンマに地団駄踏んでしまうー!(笑)。

とにかくここ数年、こんなに心を掴まれた映画はなかった!
今もまだ上映中ですが、私はきっとまた何回か観に行ってしまうと思います。で、またラスト30分で号泣するパターン←何度観ても泣いてしまうんだよぅ
円盤になったら絶対に買うし(笑)。

で、今のBGMはSpotifyのプレイリスト【This is QUEEN】。SpotifyではQUEENの全アルバムをDLしてしもた。だって私が持ってるQUEENの音源はLPレコードかカセットテープなんですもん(じ、時代が…)。だから簡単には聴けないのだよ(笑)。
関連記事
      *Blog Ranking参加中です。よろしければ愛のクリック、お願いします。*
        にほんブログ村 演劇ブログへ


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    *Recent Entries