TEAM NACS 15th project『5D-FIVE DIMENSIONS-』大泉ワンマンショー(10月30日【日】13:00~/サンポートホール高松 大ホール)

2011年11月04日 02:31

大泉ワンマンショー(←雨の上に逆光なのでものすごく不鮮明な画像になってしまった…

大泉さんが高松にやって来ると聞いて、とりあえず先行に申し込んだら何故かチケが取れてしまった。
ま、そんなノリだったので3階席の後ろから数えて3列目でしたけどね(-_-;)
でも来年のTEAM NACSの本公演『WORRIOR』は絶対に観たいので、思わずOFFICE CUEのFCに入っちゃいましたよ。

会場には開演20分くらい前に到着。半券をもぎられたあとに渡されたチラシ群の中に何故かサイリウムが入ってた。「なんじゃ、こりゃ?」と思いながらも席につく。
うわー、さすが3階。ステージを真上から見下ろすカンジだよ。双眼鏡を持ってきてよかったわー。しかしこのホールが3階まで満杯になるなんて凄いぞ、大泉洋!(サンポートホール高松大ホールのキャパは1500人だそーです。確かに大泉さんが「会場がデカすぎる」と何度も言うはずだ。)
さて、「大泉ワンマンショー」。緞帳が上がる前にまずはご当地ネタで目いっぱい盛り上げます。名物「かまど」の歌とか、日本一長いアーケード(高松中央商店街)の話とか、しょうゆ豆の話とか、香川・岡山以外に住んでる人にはちんぷんかんぷんのお話だったと思う。
で、入場時に渡されたサイリウムの使い方の説明もマネージャーさんからありました。「ご自由にお使い下さい」ってなんや、それ!(爆)

で、ワンマンショーって一体どんなことをするんだろう? 誰もが思ったことだと思います。それは大泉さん自身も言ってらした。ワンマンショーと銘打つからには出演者は大泉さんただひとり…のはずが、いきなりバンドとバックダンサーがいっぱい出て来ました(爆)。ま、それは単なるにぎやかしで、なんと現地調達の地元の劇団員さんでした(中には演劇ともカンケーないシロートさんもいらっしゃいましたが。←どーいった基準で選ばれたんだ?)

ものまねしたり(まさか大泉さんもロビンソン(「水曜どうでしょう 激闘西表島」に出てくる現地ガイドの素人さん)のものまねをリクエストされるなんて思ってなかっただろうなぁ)、落語したり、歌を歌ったり(大泉さんはふつーにお歌が上手です)、トークしたり(本領発揮)、セット転換の時のVTRも「どうでしょう」風味たっぷりで(ええ、FディレクターとUカメラ担当ディレクターが絡んでます)本当に大泉さんのワンマンショー。
で、それがめちゃめちゃ面白くて、笑いっぱなし。おかげで口角が上がりまくってほっぺたが痛くなってしまったではないか!(爆)
ただ、「どうでしょう」を見てない人は全然ついてけなかったとは思います。確かに見てない人には「ロビンソンって誰やねん! Fディレクターって何者やねん」だよね。(;´Д`A ```
でもそんな人たちも「置いてきぼりにはしません。連れて行きます」と大泉さんはおっしゃった(…が、やっぱついてけないと思うよ)。
それでもこうなりゃ楽しんだ者勝ちですわ。サイリウムも思いっきり振ったし(笑)。
たまにはこんなエンターテイメントもいいかもね。

→は終演後に長時間(40分くらい?)行列に並んで買った「大泉ワンマンジュー」(大泉さん曰く「ただのシャレです」)。これにはミニトートバッグがセットになってました。ランチバッグに使おうかなー。他にもパンフレットを購入。パンフは右開き左開き両方ともから読めるようになってます。

ワンマンジューはまだ開けるのがもったいなくて未開封です。賞味期限が今年の12月17日までなので、それまでには食べようと思います。
関連記事
      *Blog Ranking参加中です。よろしければ愛のクリック、お願いします。*
        にほんブログ村 演劇ブログへ


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    *Recent Entries