スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
      *Blog Ranking参加中です。よろしければ愛のクリック、お願いします。*
        にほんブログ村 演劇ブログへ

劇団☆新感線2011年夏興行 いのうえ歌舞伎『髑髏城の七人』(8月18日【木】12:30~/梅田芸術劇場メインホール)

2011年08月20日 02:59

「ワカドクロ」ポスター去年の『薔薇とサムライ』以来の新感線観劇でございます~。個人的に新感線のオポンチ系は少々苦手だったりする(え?『薔薇サム』もオポンチ系なの???)

今回は本当ならおぐりん好きのうちのおかんと観るはずが、ご存じのとおり体調不良により欠席。その浮いたチケットをお友達で高橋洋さんファン仲間でもあるこみさんにお譲りし、ご一緒することになりました。
いろいろすれ違いまくって開演前になかなかこみさんと出会えず(笑)、会場入りは開演10分前。でもこの時間になると案外物販には人が並んでません。劇場のスタッフさんに「もうすぐ開演です~」と急かされながら開演5分前にパンフをGet。慌ただしいったらありゃしない(笑)。

チケットは今回も新感線FCで取ったんだけど、席が微妙な1階17列目の上手寄りサブセンター…と思ったら、しっかり舞台全体が見渡せる、1回しか観られない私にとってはなかなかの良席でした。役者さんの表情は双眼鏡を覗けばいいしね(もちろん持参)。

さて、恒例のJUDAS PRIESTの“Heavy Duty”~“Defenders Of The Faith”が会場内に流れると「新感線を観に来たんだぁ」と思うとともに、ヘドバンしたい衝動に駆られるのをねじ伏せます。←Metal好きの性(爆)。

そうこうしてるうちにさて、開演!!
(↓感想、ネタバレで長いよ!)



【STORY】
 織田信長が本能寺で討たれて8年、天下は豊臣秀吉の手に握られようとしていた頃の関東。
天魔王率いる関東髑髏党は、秀吉を倒し関東制覇を企み殺戮を繰り返していた。

 ある日、兵庫率いる三五ら関八州荒武者隊は、髑髏党に襲われている村を通りかかる。
兵庫たちは村人を助け応戦するも逆に窮地に追い込まれてしまう。
そこへ捨之介と名乗る若者が現れ、一騎当千に髑髏党を叩きのめす。村の生き残った娘たちを連れて兵庫と捨之介が向かった先は、噂に名高い極楽太夫がいるという関東一の色里、無界屋蘭兵衛が取り仕切る“無界”の里だった。無界の里は宿場も兼ねた色里、旅人や商人など氏素性の様々な人たちが出入りする。
偶然か必然か、諸国流浪のやせ牢人を名乗る狸穴二郎衛門という男も時を同じくして里を訪れていた。

 ある晩、里で素性を偽って働いていた沙霧が髑髏党に襲われ、その場を助けた蘭兵衛は居合わせた捨之介を見て驚く。二人は何か因縁がある様子だ。
そこへ突然、天部の将監とともに天魔王が現れ、捨之介、蘭兵衛たちの過去が明らかになり、二人を髑髏党に招き入れようとする。拒む蘭兵衛と捨之介は、無界の里を守る為、天魔王を倒すことを決意する兵庫や極楽太夫らとともに、天魔王と対峙することに……。
そして、捨之介は強力な刀を手に入れるため自身の過去を知る刀鍛冶・贋鉄斎を訪ねるのだった。

【CAST】
捨之介…小栗 旬

天魔王…森山未來

無界屋蘭兵衛…早乙女太一

極楽太夫…小池栄子
兵庫…勝地 涼
沙霧…仲 里依紗

贋鉄斎…高田聖子
天部の将監…粟根まこと
三五…河野まさと

狸穴二郎衛門…千葉哲也   他


【作】中島かずき
【演出】いのうえひでのり



↑はDMに載ってたあらすじ。因みにパンフに載ってるものとは違います。

私は2004年の「アカドクロ」をDVDで観ただけで、初演も再演も「アオドクロ」も観てません。故に昔からの新感線ファンのようにこの作品に時別な思い入れはないので、割と先入観なく観られた気がします。
ただ、キャストが発表になった時に「捨之介が天魔王と蘭兵衛に食われそうぢゃ…」とは感じたんだけどね。

いきなり結論を言うと、舞台としては面白かったです。
まぁ確かに初めに心配してたことがちょっと当たっちゃった感があるけど、思ったよりはおぐりんも頑張ってましたよ。
捨之介@おぐりんはタッパがあるから着流しも似合うし、舞台にいるだけで華があるのは認めます。客を呼べる役者さんだとも思う。
しかし‘立ち回り命’のいのうえ歌舞伎でその殺陣がイケてないのは何ともしがたい… 立ち回りのシーンでは見ててハラハラしてしまいました。刀を構えてるところまではかっこいいんだけどねぇ。
でも殺陣は慣れも必要だと思うので、きっと舞台の回数を重ねていけばそれなりの形にはなってくるんじゃないだろーかと私は楽観的に見ています。ま、私はその成長した姿が見られないんですがね
どの舞台でもなんだかんだで主役には期待がハンパなく大きいもんです。それをプレッシャーと捉えて凹むか、励みと捉えて一層努力するかはおぐりん次第。おぐりんは嫌いな役者じゃないので頑張って欲しい!

天魔王@未來くん。
私は未來くんの実力はかなり前から買っています。『メタルマクベス』の頃からだったかなぁ。あ、新感線だ。
身体能力の高さといい、演技のメリハリといい、最近の若手では群を抜いていると思います。
今回の天魔王でも声のトーンの使い分けや、スピード感あふれる立ち回りはこちらの期待通りと言うかそれ以上と言うか。私は未來くん目当てと言っても良かったので、その点では満足です。

蘭兵衛@太一っちゃん。
『蛮幽鬼』以来、約2年振りの太一くん。相変わらず美しく、踊るような立ち回りに「おおお、さすが♪」と思わずニヤついてしまったぞ。2年前は「もすこし客演としての舞台演技をガンバレ!」と思ってたけど、今回は2回目の新感線だからか、かなり良くなってました。セリフの抑揚もついてたしね。
んでもって、vs天魔@未來のシーンはなんかドキドキもんでしたわ。立ち回りもそうなんだけど、天魔が蘭兵衛を自分側に引き入れようとするシーンがさぁ…腐女子が大好きなシーンなんだもん。もう双眼鏡でガン見しちゃったじゃん!(爆) しかし蘭兵衛@太一=森蘭丸なのはもう似合いすぎ。つくづく美味しい役だよ、無界屋蘭兵衛!

兵庫@勝地くん。
個人的にはこの舞台で一番頑張ってたんじゃないかと思いました。だから一番印象に残ってるのも兵庫@勝地くん。ちょっと粋がってる兵庫が勝地くんにピッタリで。
勝地くんは今回が3度目の新感線、きっと毎回橋本じゅんさんをよーーっく見てたんだろうなぁと思います。ま、悪い言い方をすれば、じゅんさんをなぞってる演技かもしれませんが、兵庫のキャラ自身がじゅんさんそのものだから!(笑)
あ、そうそう。兵庫のハプニングとしては天魔六部衆との立ち回りの時に兄さに投げられた鎌を落とす、っつーのをやらかしてしまいよりました。またその鎌が舞台下まで滑って落ちてしまい、おろそろしてた兵庫にお客さんが拾ってあげてた
どーせならそこは自分から舞台下にまで取りに行って、ひょいと舞台に飛び上がってきてたら場内大喝采だったと思うのになー。アドリブ力を養おうね。
そんな感じで、勝地くんの舞台はこれからも観てみたいと思います。
(お友達のこまちさんが勝地くんで『身毒丸』を見てみたいと言われてたとこみさんから聞いたんですが、うむ、確かに見てみたい!)


極楽太夫@栄子ちゃん。
私は女優としての小池栄子という存在に一目置いています。いろんな役ができる彼女くらいの年代の女優さんってなかなかいないと思うの。今回のキャストで極楽太夫に栄子ちゃんだと聞いて納得しちゃったもの。やっぱり姉御肌のキャラが似合います。

沙霧@里依紗ちゃん。
声を嗄らしちゃってるみたいですが、キャラ的に沙霧はりいさちゃんに合ってると思いました。初舞台だそうだけど、そんなふうには見えなかったな。でも一生懸命さを感じるのはやっぱ初舞台だからこそなのかもしれません。
声が早く戻るといいね。

狸@千葉さん。
食えんおっさん役を素晴らしい安定感で見せてくれる千葉さん、素晴らしいです(褒めてます)。
ところで二郎衛門はおよしのこと、きっと好きだったよね? およしが斬られた後の二郎衛門が切なかった。
(よし子さんはいつも体を張って笑いを取ってくれるのが好きだ)

聖子さんの贋鉄斎は出番が少ないながらもその存在感はさすが。
逆に出番が少なくて残念だったのが粟根さん。もっと出て暴れて欲しかった。粟根さんの立ち回りも見たかったよ。
で、最大の残念は吉田メタルさんが右足骨折で降板しちゃったこと。
ここんとこ、新感線は悪いことが続いてる。1回お祓いしてもろーた方がいい気がするんですが…。


今回の「ワカドクロ」はその名の通り、青春群像劇になってました。
若い役者さんたちを劇団員が全力でサポートしてると言うのかな。
とにかく新感線は上演時間が長いのに観る側を全く飽きさせない、とんでもないエンターテイメント劇団です。
次回作はなんなんだろう? 楽しみです!


…あ、もしかしてオポンチ系なのかしら……。
関連記事
      *Blog Ranking参加中です。よろしければ愛のクリック、お願いします。*
        にほんブログ村 演劇ブログへ


コメント

  1. こまち | URL | -

    感想読んでたら私の名前が…。
    呼ばれてるのかと思ってコメントします(笑)
    ワカドクロ思ったよりいいですよね。
    こみさんと一緒だったんですね。いいな~。
    わたし、天魔王と蘭兵衛が舞台上に出てきたら、鼻血止めるためにティッシュ用意しなきゃっv-356な気持ちになります。
    会場明るくなって鼻から垂れてたら大変(爆)
    超贅沢なキャスティングですわ。
    腐女子が好きなあのシーンは双眼鏡率高いですよ(笑)

    勝地君の身毒丸はそんな妄想してたな~と思い出しました。
    彼は、白いシャツに黒いパンツのあの衣装が似合う精悍な顔立ちしてると思うんです。
    わたしの中では、身毒丸=勝地君、撫子=白石さんじゃないなら寺島しのぶさんでやってほしいっていうのがあります。
    寺島さんは色気あるし、女の多様性をうまく表現してくれると思うんです。
    でも、ホリプロのイケメン新人の登竜門になる作品だからこのキャストはムリなんかなあとあきらめてます(泣)

  2. Ray@管理人 | URL | 0/HLcGmk

    > こまちさん

    呼んじゃいました(笑)。

    うん、なかなか面白かったです、「ワカドクロ」。
    実は観劇前に某所の書き込みを迂闊にも読んでしまい、それで座長さんの演技がすごーく気になってまして。
    私も彼はどちらかと言うと映像向きの演技をする役者さんだとは思うんだけど、舞台に対する真剣さ&前向きな態度は偉いなぁと前から感じてました。
    実際今回の「捨」を見てみると、確かに立ち回り(特に百人斬りのシーン)ではアクションクラブさんたちにかなり助けられてるとは思ったけど、彼なりの頑張りは見て取れました。
    彼は叩かれて伸びるタイプだから、こまちさんが観に行かれる東京楽では大阪とは別人の「捨」になってるかも知れないですよー♪
    そんな「捨」、私も見たかったわー。

    未來くんは文句なしです。ただ、マスクを通してセリフを言う時が少し聞き取りにくかったかも。
    はは、これは音響さんの問題ですね。

    太一くん、成長してましたね~、何もかもが。
    で、色っぽいシーンは全部「蘭」が受け持ってましたな。
    やっぱりあのシーンでは双眼鏡率、めちゃ高なのね。すっごい分かるけど(笑)。
    太一くんと言えば、10月に地元にやって来ます。
    今、凄く観たい気分なんだけど、どーしましょ?

    勝地くん、本当に頑張っててそれを見てるとちょっと泣きそうになっちゃいました。
    兵庫のシーンって人情的ないいシーンが多いですもんね。
    勝地くんは舞台も映像も両方できるいい役者さんだと思います。
    あ、私は勝地くんで『弱法師』見てみたいな。

    …って、お互いたっちゃんが演じた役柄ばっかり言ってますなぁ。

  3. こまち | URL | -

    あの掲示板みちゃったんですね。。。
    わたしも、あそこに書いてあるほどひどくはないというかむしろ良かったと思いましたね。
    アンチの人なんかはどうしても下げたいって人もいるんだろうし…。
    今から東京大楽楽しみです。
    でも2ヶ月近く先なんで待てるかな~~~。。。(汗)

    もしかして、太一君にかなりイカれちゃいましたか?(笑)
    今回演技がけっこう良くなっててビックリしました。
    彼のお父さんの劇団での演技を見た時は「なんて棒読みなんだ~」と思ったものですが、今回は怒りも苦しみも切なさも色気も(笑)表現してたな~って思いました。
    Rayさんの地元に太一君の舞台の巡業あるんですね。
    興味あるなら一度行ってみてもいいかなと思いますよ←悪魔の囁きw
    わたしは何度か行きましたが大衆演劇の雰囲気に馴染めないのと、亜門さんの『トーゥーランドット』以降、外部の公演ボチボチやり始めてたので、最近行ってないけど、今回の蘭兵衛のいっちゃん最初の登場シーン観た瞬間、「やっぱ太一君好きだ~~!!」と心の中で叫びました(笑)
    あの登場シーン他のどの人よりもかっこよくって反則です。

    勝地くんの『弱法師』か…。
    それもありですね。
    っていうか『弱法師』観たくなってきたではないですか~~~!
    勝地君はこれからもすごい楽しみな役者さんですよね。
    いろんな仕事してほしいです。

  4. Ray@管理人 | URL | 0/HLcGmk

    > こまちさん

    悪魔の囁きに負けてしまいました…e-263

    実は今日の夕方の地元のTV番組に太一くんが生出演したんですよ。
    「休演日なのに仕事するんだねー。プロモーション活動も大変だー。」
    などと思いながら見ちゃいました。
    一生懸命ぼそぼそと話してたけど(笑)、でもやっぱ舞台の上の太一くんがええわぁ。

    …と、その番組のあとにぴあ覗いたら、えらい前方列のチケがあったので思わずポチってしまいましたe-330
    初・大衆演劇。ちょっとどきどきです。

    しかし同じ日のお昼に大泉さんのワンマンショーを観る私。
    なんだか両極端なマチソワ@高松です(爆)。

  5. こまち | URL | -

    太一君に嵌ってますな~。
    よっしゃ!!←って何が?w
    太一君は素は無愛想で、一般的には評判よろしくないかもですが、わたしはあれはあれで萌えます(笑)
    もちろん舞台上の太一君が一番好きですが…。
    前列だと目線もらえることあるので、昇天間違いなしですよ(爆)
    初の大衆演劇、高松だと10月のでしょうか?
    まだまだ先ですが感想楽しみにしてま~す^^
    っていうか、何度もコメント失礼しました。。

  6. Ray@管理人 | URL | 0/HLcGmk

    > こまちさん

    と、特にハマったってワケじゃないんですけどーe-330
    そーです、10月のです。
    岡山公演の日は絶対に行けなかったけど、高松公演の日は偶然にも大泉さんのワンマンショーと同じ日で、そのうえ会場も目と鼻の先。
    これは行くしかないでしょってカンジですかね。

    大衆演劇っておひねりとか飛ぶんですか?
    お札のレイとかかけたりするんですか?
    うわー、もうどーしよー(笑)。

  7. こまち | URL | -

    またまたコメントすみません。。。(このネタはこれで最後にします)

    >と、特にハマったってワケじゃないんですけどー

    それは失礼しましたv-356

    大きなホールでやる場合はお札のレイはないです。
    実際どんなんかはめちゃくちゃ遠くから見てみたい気はしますけど(笑)
    おひねりは、、、たまに飛んでます(笑)
    太一君が踊り終わったあとしっかり拾って、お客さんに一礼していったの見たことがあります。
    送り出し(役者さんがロビーでお見送りしてくれる)はあるんじゃないかと思います。
    百聞は一見にしかずですので、楽しんできてください^^

  8. Ray@管理人 | URL | 0/HLcGmk

    > こまちさん

    某所で見たら、私のような人間が多くて思わず笑ってしまいました。

    そうかー、お札のレイは大きなホールじゃさすがにないですよね。
    でもおひねりは飛ぶことがあるのね。
    えええええ! 送り出しとかあるんですか!!!
    やっぱ違うんですねー。
    ちょっといろいろと楽しみになって来ました。
    教えて下さって有難うです♪

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)


*Recent Entries


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。