誇り。

2011年07月18日 22:04

今日はお休み。
なので、遅れに遅れている東京遠征レポを書こうと思ったんだけど、サッカー好きとしては触れずにいられないこの話題。

なでしこJAPAN、W杯優勝おめでとう!!!



凄いよー、なでしこ! 快挙なんてもんじゃない。
私が生きてる間に日本がサッカーで世界一になれる日が来ようとは!
ここのところいろいろあった日本にとって、彼女たちは誇りです。

以下、もしかしたらサッカーに興味ない人がいるかも知れないし、長くなりそうなので畳みますね。
私の生活サイクルに今回のドイツ大会はあってるもので(笑)、実は予選からちらちら試合を見ておりました。
女子サッカーは代表に地元のチームである湯郷Belleから2名選出されているため(宮間あや選手と福元美穂選手)、以前から注目していたこともあります。
最近のなでしこの実力から言って、決勝トーナメントには進めるだろうと思ってはいたけれど、いきなりドイツと当たると決まった時点で「あちゃ、こりゃまたベスト8止まりか」と思ってました。
まさか延長戦でドイツを破り、次のセミファイナルではスウェーデンに3-1で完勝し、決勝まで行っちゃうとは予想もできませんでした。
しかし決勝の相手は今まで一度も勝ったことがない、ずーっとランキング1位の女王アメリカ。
だからなでしこには申し訳ないが、決勝はおまけみたいなもので、もう思う存分戦って砕け散ってくれても日本国民は亡骸を喜んで拾うぞ、なんて縁起でもないことを思っていました。

もちろん決勝はリアルタイムでキックオフから最後のPK戦までずーっとNHK-BS1で観戦してましたが、もうドキドキでたまらん試合展開に、何度時刻を忘れて叫んだことか(笑)。
特に後半、同点に追いついた宮間選手のゴールには涙が出そうになったよ。

でも「やっぱり強いわ、アメリカ」と思ったのは延長前半のワンバックのゴール。ほんの一瞬でゴール前のマークを外すところなんかさすがです。

だけど、私は何故か負ける気がしなかった。
「澤さんがきっとなんとかしてくれる、澤さんにゴールを決めて欲しい!」
とTV画面に向かって手を合わせて祈ってました。
その祈りが通じたわけじゃないけど、宮間→澤ラインで決まった延長後半12分での同点ゴールには狂喜ですわ(笑)。さすが澤さん! 澤さんならやってくれると思ってたよ! かっこよすぎぢゃん!!
最後のDF岩清水さんの退場には「なんでー!? 審判、厳しすぎじゃね?」とは思ったけど、あれはあれで隠れたファインプレイだと思います。あそこで岩清水さんが体を張って止めなかったら、アメリカに突き放されていたかもしれないし。まぁレッドくらったのにファインプレイもないけどね

PK戦に入ったところで「あ、なでしこ勝つかも…」と漠然と感じたんですが、アメリカの一人目のPKを海堀さんがファインセーヴで防ぎ、なでしこ一人目の宮間ちゃん(実はいつもこう呼んでいる)が冷静に決めた時に「あ、こりゃ行くわ、絶対」と確信に変わっていったんです。私、昔から結構PK戦で外す選手が分かっちゃうんだよねー。
最後に熊谷さんがPKを決めた時には涙、涙。女子サッカーで泣けるなんてね。幸せーー♪

本っ当ーーーーーーによく頑張りました、なでしこJAPAN。
彼女たちは試合ごとに技術も、メンタルも、絆も強くなっていったと思います。
世界が絶賛しているように、日本人が世界に誇れるなでしこ。
世界一、本当におめでとうございます。
そして日本人に勇気と力と感動を有難う。
今後は追われる立場になるわけですが、今のなでしこならまだまだ大きくなれると思います。
次はロンドン五輪で金メダル!ですね。

それから今回、とても嬉しかったのが、なでしこと戦って負けたチームが全て彼女たちを称えてくれたこと。
決勝戦のあとのアメリカ選手(ワンバック選手やソロ選手)のコメントにも感激してしまいました。アスリートはこうでなくちゃね。
そして今大会のホスト国がドイツで良かったです。

いやー、もうなんつーか。
やっぱサッカーは何が起きるか分かんないから面白いんだね。
サッカー好きで良かったー。



それにしても宮間ちゃん、いつでもどこでもクールすぎ。
…ステキ

関連記事
      *Blog Ranking参加中です。よろしければ愛のクリック、お願いします。*
        にほんブログ村 演劇ブログへ


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    *Recent Entries