哀。

2016年06月23日 20:26

大変ご無沙汰しておりました。
え?「いつものことだ」ですって?
その通りでございます。
毎年毎年年頭には「週一で更新したいよー」なんて言ってるくせに、実態は月一でも更新できてないという怠惰ぶり!
やっぱりこれはツイッターのせいだな(ヲイ!)。


更新をサボってた間にとても大きな、悲しいことがありました。
ここを覗いて下さってる方ならお分かりだと思いますが、演出家・蜷川幸雄さんのご逝去です。
亡くなられた日の晩には敢えて『間違いの喜劇』のDVDを観て蜷川さんを偲び、その後も蜷川さんの舞台映像を観ては笑ったり泣いたりしてしばらく過ごしていました。
本当はもっと早くここでも触れたかったのですが、自分で思ったよりも「蜷川ロス」は大きくて、なかなかエントリーできずに今までかかってしまいました。

蜷川さん作品のパンフレットたち先日、思い立って今までに私が観た蜷川さん演出舞台のパンフレットを引っ張り出して並べてみました(写真撮った後に『血の婚礼』『ボクの四谷怪談』の2冊が出てきた)。
10数年前から舞台にハマり、地方在住の割には結構劇場で観てる方だとは思うけど、蜷川さんの舞台をこんなに観てたとは自分でもびっくりです。
でもここ数年は観劇数を控えるようにしてたので、SSSや他の作品も劇場では観られてません。ただ、蜷川さんの舞台は映像でも観られる機会が多かったのでそれで観ることは多かったです。

考えたら蜷川さんの舞台を実際に観たのは藤原竜也くんの『ロミジュリ』に始まって、『ハムレット』で終わりました。12年前、『新選組!』でたっちゃんにハマったことから蜷川さんの舞台を観始めた私にとって、これはある意味で奇跡と言えるかもしれません。

蜷川さんが亡くなられてから約1か月半。
もう二度と蜷川さん演出舞台は観られないんだとは分かっていますが、未だに実感が湧きません。
最後の演出作品『尺には尺を』観たかったな。

蜷川さん、素敵な作品たちを本当に有難うございました。
どうぞ安らかにお眠り下さい。
      *Blog Ranking参加中です。よろしければ愛のクリック、お願いします。*
        にほんブログ村 演劇ブログへ


*Recent Entries