スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
      *Blog Ranking参加中です。よろしければ愛のクリック、お願いします。*
        にほんブログ村 演劇ブログへ

『皆既食~Total Eclipse~』(12月5日【金】14:00~/シアターBRAVA!)

2014年12月11日 03:03

total_eclipse02.jpg


1995年に公開されたレオナルド・ディカプリオとデイヴィッド・シューリス、そしてロマーヌ・ボーランジェ出演の映画『太陽と月に背いて』。当時バリバリの映画好き(年間50本は映画館で観ていた)だった私もこの作品はしっかり映画館で観ています。レーザーディスクも持ってるよ(な、なつかし)。
このあと、私はランボーとヴェルレーヌの関係にものすごく興味が湧いてしまって、もちろんクリストファー・ハンプトンの原作小説も読んだし、ランボーの詩集や書簡集も読みました。詩集はなかなか読解力を必要としたけど、書簡集の方はかなり面白かったです。特にヴェルレーヌに宛てたものとか、ヴェルレーヌ関連の書簡はかなり生々しかった。
その後、1999年には日本で初めて舞台になり、ランボーに野村宏伸さん、ヴェルレーヌに今は亡き田中実さん、マチルドに高橋かおりさん、マチルドの父親に木場勝巳さん(!)が出演されました。実はワタクシ、この舞台も大阪で観ています。
(しかしこの舞台、野村くんの初舞台作品なのにWikiではなかったもののようにされてる…。結構良かったんだよぅ。)

…てなワケで『Total Eclipse』には相当の思い入れがある私ゆえ、蜷川さんが岡田将生くんと生瀬勝久さんでこれを演出すると聞いた時には「おおおおおおお!!!!!観る観る観る!!!!!」となったのは当然っちゃー当然のことでした。

【STORY】
 1871年9月。パリのモーテ・ド・フルールヴィル家に、16歳の少年アルチュール・ランボーが現れた。彼の詩才に驚嘆しパリへ呼び寄せたのは、すでに詩人として名声を得ていた27歳のポール・ヴェルレーヌ。18歳の妻マチルドの実家フルールヴィル家に居候している。わざと粗野に振る舞うランボーをマチルドの両親は快く思わず、ヴェルレーヌはランボーのために小さな屋根裏部屋を用意する。二人は互いを必要としていることを認め合った。だがランボーに愛を語る一方で、ヴェルレーヌはマチルドとも別れられない。正確には、その肉体と。ヴェルレーヌの愛を試すため、ランボーの取った行動は常軌を逸していた。マチルドに後ろ髪を引かれつつ、ヴェルレーヌはランボーと共にロンドンへと旅立つ。
 ロンドンでも喧嘩しては仲直りを繰り返す二人。マチルドからは離婚が申し立てられていた。金も底をつき、漂泊しながら訪れたベルギーのブリュッセルで、ランボーとヴェルレーヌの間に決定的な「事件」が起きる。刑を受けたヴェルレーヌは獄中で信仰に目覚め、その間にランボーは詩を書くことを捨てていた。再会した二人の距離は永遠に縮まることはない。
 1892年。47歳という年齢よりはるかに年老いて見えるヴェルレーヌは、ランボーの妹イザベルの訪問を受けるが──。

【CAST】
アルチュール・ランボー…岡田将生
ポール・ヴェルレーヌ…生瀬勝久

マチルド・ヴェルレーヌ…中越典子
ウージェニー・クランツ…立石凉子
イザベル・ランボー…土井睦月子
モーテ・ド・フルールヴィル夫人…加茂さくら
モーテ・ド・フルールヴィル氏…辻 萬長

ジャン・エカール…外山誠二
エチエンヌ・カルジャ…冨岡 弘
シャルル・クロス…清家栄一
テオドール・ツェルストヴァンス判事…妹尾正文
書記…堀 文明
バーテン…下総源太朗
詩人…野口和彦

【作】クリストファー・ハンプトン
【演出】蜷川幸雄



[ 続きを読む ]
スポンサーサイト
      *Blog Ranking参加中です。よろしければ愛のクリック、お願いします。*
        にほんブログ村 演劇ブログへ


*Recent Entries


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。