スーパー歌舞伎Ⅱ『空ヲ刻ム者~若き仏師の物語~(4月7日【月】16:30~/大阪松竹座)

2014年04月30日 01:03

めちゃめちゃ遅くなってしまいましたが、今年はなんだか観劇数が激減しそうなこともあり、ちゃんと観劇記を書いておかないと!と思ったのでUpします。
今年は真面目に観劇記を書きますよん♡



IMG_0391.jpg私が大好きな劇団イキウメの主宰、前川知大さんが歌舞伎の脚本&演出を手掛けると知った時にはビックリしたと同時に
「ああ、前川さんそこまで行っちゃったかー」
となんだかものすごく感慨深いものがありました。
(その何か月か後に蜷川幸雄氏がイキウメの『太陽』を演出することが発表になった時には「前川さん、どこまで行っちゃうのー!?」と逆に戸惑ってしまったんだけど
そのきっかけを作ったのが我らが蔵さんこと佐々木蔵之介さん。今回の主演である市川猿之助さんが初めて現代劇の『狭き門より入れ』に出演したのが今から4年前で、その舞台の主演だったのが蔵さん、作・演出が前川さんだったんですね。その時に猿之助さんは蔵さんと前川さんに「歌舞伎をやりましょう」とお誘いをかけていたとのこと。
しかし現代舞台と歌舞伎、接点がありそうでない世界なのに実現するのが凄いです。それは猿之助さんの熱意だったと思うし、蔵さんや前川さんのチャレンジ精神って言うのもあったと思います。

IMG_0392.jpgさて、ワタクシ。松竹座に来るのは4回目です。最初にここで観たのは染様とラブリンの『染模様恩愛御書 細川の男敵討』。次に観たのは、新感線の『朧の森に棲む鬼』、前回が蜷川さん演出の『十二夜』でした。なんか純粋な歌舞伎じゃない演目ばかりこちらで観てるよーな気がします。わはは そしていつもお席は2階席より上。今回は1階2列目花道横という普通の舞台なら迷わずそこを押さえるだろうところを、宙乗りがあるスーパー歌舞伎ということで「こりゃ1階より2階でしょ!」と2階の最前列正面のチケを取りました。ま、2階だから花道が見え難かったのは仕方がないとしてもその選択はたぶん正解だったんじゃないかな。それにしても上演時間が2回の休憩含む4時間半ってーのはちと長かったですけどね。思わず帰りの新幹線の時間を心配してしまった(笑)。

【物語】
舞台はいにしえの日本。

 ある山間の村に、十和(とわ)という才能に恵まれた若い仏師がいた。しかし彼は、村人たちの暮らしも病床の母親も救うことのできない仏教に苛立ちを募らせていた。

 十和の幼なじみの一馬(かずま)も不作に苦しむ村人たちを憂い、彼らの暮らしをよくするため、都に出て官吏の道を選ぶ。一方、母の死と都から来た役人との争いから十和も村を出なければならなくなる。その後、牢に入れられ、盗賊と交わりながら成長する十和。かたや都に出たものの下級役人として無力感を募らせる一馬。それぞれの思いを胸に別々の道を歩んだ十和と一馬。一度は分かれた二人の道は、やがてまた交わる日を迎えるのだが…。

【配役】
十和…市川猿之助

九龍…市川右近
双葉…市川笑也
菖蒲…市川笑三郎
興隆…市川寿猿
喜市…市川弘太郎
時子…市川春猿
吾平…市川猿弥
長邦…市川門之助

伊吹…福士誠治
鳴子…浅野和之

一馬…佐々木蔵之介

【作・演出】前川知大



以下、感想。

[ 続きを読む ]
      *Blog Ranking参加中です。よろしければ愛のクリック、お願いします。*
        にほんブログ村 演劇ブログへ

大阪で楽しむ。

2014年04月15日 16:37

先日の大阪遠征の続きです。

『世界フィギュア2014~大阪エキシビション~』をなみはやドームで見てから、一旦ホテルにチェックイン。
それからホテルの超近くにある‘お野菜とワイン 美山cafe 梅三小路店’(ぐるなびのサイトが開きます)で、関西の仲良し演劇仲間である、きゃさりん&こまちさんとお食事会を開催しました。
実は今回宿泊したホテルは結構利用してるんですが、近くにこんなおしゃれなcafeがあるなんて知らんかった! これからはここのお店を利用させてもらおうかなーと思ってます(10%割引券ももらっちゃったし(笑))。

miyama_cafe.jpgそこではわいわいといろんなお喋りをしながらトマト鍋や牛タンの赤ワイン煮込み、ブロッコリーと海老のアヒージョetc.etc.を食べ、お酒を飲み、とっても楽しい時間を過ごしました。
エンタメのこととか仕事のこととか、いろんなことを話せる時間と仲間って本当に大切。
きゃさりんが東京に行っちゃう1年間は関西でこんなお食事会ができなくなるのは寂しいけど、また機会があったら東京でもやれたらいいな(え?)。

話に夢中になりすぎて料理の写真撮影失念(爆)。→これはデザートのパンナコッタ。美味しかったよ



そして翌日は話題のあべのハルカスに行きました。
まずは展望台のハルカス300へ。当日券売り場に行ったらなんと約1時間待ち。ま、夕方まで時間は有り余るほどあったんで並びましたよ。それでも1時間は待たなかったよーな気がします。
何はともあれ、ぎゅうぎゅう詰めのエレベーターで日本一高いビルの地上300mにある展望台に昇ります。
IMG_0363.jpg
60階にあるハルカス300は360度全面がガラス張りの回廊みたいになってます。この日は天気が良かった割にちょっと霞がかかっていて遠くまで見渡すことができなかったんだけど、快晴の日には北は京都タワー、南は関空やら仁徳天皇陵まで望めるそうです。
今回はデジカメを持ってきてなかったので、望遠モードが撮影できずちょっと残念でした。これからどっか行く時は必ずデジカメを持って行こう!

↑この写真は北(梅田方面)を撮影したものです。クリックでちょっと大きい画像になります。


IMG_0383.jpgで、西側に床がガラス張りの一角があって、そこからは下の景色が丸見えになってます。高所恐怖症の人は絶対にそこには立てんだろーなぁ。…つか、高い所がダメな人は大体この展望台にすら昇らんってか?(笑) 
しかし私は大の高い所好き。ハルカス300にガラス張りの床があると知って以来、絶対にそこに立って下の風景を撮影する!とか決めてました(爆)。それが→の写真。
今いちよー分かりませんが()、東京タワーとかのルックダウンウィンドウみたいに真下までは見ることができません。でも地上まで見られたらそれはそれでさすがに高所好きの私でも引いちゃうかもしれんですが(笑)。

今回はまっ昼間に展望台に昇ってみたんですが、絶対に夜景の方が綺麗だと思います。今度は空気の透き通った冬の夜に昇りたいですねー。でもきっと周囲はカップルさんばっかなんだろーなぁ…

それから近鉄百貨店本店をぶら~っとしてから(ハルカス限定のおみやげ買ったり、お昼ご飯食べたり)、ちょっと早かったけど、16時半から開演の『スーパー歌舞伎Ⅱ 空ヲ刻ム者―若き仏師の物語―』観劇のため大阪松竹座のある道頓堀に向かいました。

IMG_0394.jpgしかし時間が早すぎて何もすることがない。仕方がないので道頓堀川のほとりのベンチで日向ぼっこなんかやっちゃいました。

←んで、たまたま通りかかった道頓堀川を往く水上バスとグリコ看板を撮影してみた。

水上バスってこの看板の前で止まるんですな。ま、撮影ポイントだしな。今度乗ってみようかしら…。
何気にグリコ看板の隣の大ダコも芸をしますよ。知ってました? あ、たこやき食べるん忘れた!!

ところで、この道頓堀名物グリコの看板、なんでも老朽化でこの秋にリニューアルされるんだそうで。どんなんになるのかはまだ分からんとのことですが、ハイテクネオンだけはヤメロ!!


…てなカンジでゆる~く時間を潰して、スーパー歌舞伎観劇となりました。

つづく。
      *Blog Ranking参加中です。よろしければ愛のクリック、お願いします。*
        にほんブログ村 演劇ブログへ

4年振り。

2014年04月12日 00:30

先日、4月6~7日に今年2回目の大阪遠征して来ました。

今回はフィギュア・スケートの『世界フィギュア2014~大阪エキシビション~』と、『スーパー歌舞伎Ⅱ 空ヲ刻ム者-若き仏師の物語』を観るためです。
あと、5月から東京で新生活を始める友達を交えての食事会も。


さて、まずは『世界フィギュア2014~大阪エキシビション~』から。

osaka_ex01.jpg

『大阪エキシビション』は‘世界フィギュア’なんて謳ってる割に3月の世界選手権に出た選手はあんまし出演してない看板に偽りアリなアイスショウではあったのですが(なんせ真央ちゃんが出てないのが大きい)、男子シングルはソチの1~5位までが揃うという、男子ヲタな私にとってはそれはそれで楽しいものでした。そりゃね、その中にいて欲しい人がいないのは寂しかったけどさ…
しかし!そんな男子ヲタの私なのに、演技で印象に残ったのはなんと女子! 一部の鈴木あっこちゃん、二部ではカロリーナ・コストナーとアデリナ・ソトニコワのふたりだったのです。

あっこちゃんの時はもうスタオベしながら泣いてしまいました 私は本当にあっこちゃんのプログラムが大好きだったので、もう試合でそれが見られないんだなぁと思うとね。でもプロになったらまたあっこちゃんの世界観が違った形で見られると思うと嬉しくもあるんですが。

コストナーは実は主催側のミスで「アヴェマリア」演技途中で音楽が消えると言うトラブルが発生してしまい、もう一度最初から滑り直しなんて本っ当ーーーーに申し訳ないことになっちゃったんです。なのにそれを彼女はノーミスでチャーミングに美しく演じ切ってくれて眼福の極みでした。アンコールは「ボレロ」のステップだったし! カロ、大好きーーーーー また大阪に来てね。

ソトニコワ(以下ソト子)は「白鳥の湖」のブラックスワンver.だったんですが、マジで17歳であの表現力はない! もう素晴らしいスケーターです。ソチの金メダルには私もちょっと「…」な心境ではあったんだけど(決して2位の選手の方が良かったとは全っっっ然思ってなくて、カロにゴールドを獲って欲しかったの。で、ソト子は銀ね)一気にソト子のファンになっちゃったよ。

それからフィナーレのあとのおまけがめっちゃ楽しかった! もう今となっては何が何だったか説明できんけど(笑)、羽生結弦くんとデニス・テンくんがサーヴィス精神旺盛で、めっちゃ頑張って跳んでました。ゆづに至っては4T-3A-3A-3Aのシークエンスやっちゃったりして「おいおい、あんまムチャせんときー。あんたには未来があるんやから~(;´▽`A``」とか思わず心配になってもーたのでした(笑)。

この様子は関西では明日(4/12)放送されるそうで、もちろん私は関西在住の友達に録画をお願いしてます。
4年振りのアイスショウだったけど、楽しかったー! チケット代が高いのがネックだけど(演劇ファンがそれを言うか!)、これからも観たいと思ったら行こうと思います。

osaka_ex02.jpg
↑ショウ終了後に撮影。競技会と違って照明が美しいのです。
      *Blog Ranking参加中です。よろしければ愛のクリック、お願いします。*
        にほんブログ村 演劇ブログへ


*Recent Entries