楽しい夜更かし。

2013年11月14日 21:16

もう「海外ドラマ」カテゴリを作っちゃおうかなーと考えているRayです。こんばんは。

ちょい前のエントリーで『スーパーナチュラル』への熱い想いを吐露しましたが(笑)、その『スパナチュ』も現在スパドラTVでは放送小休止になっております(12月からまた4th.シーズンの放送が始まるみたいですが)。
ま、『スパナチュ』はBDセットを既に4th.シーズンまで購入済み、8th.シーズンもレンタルで視聴中です。やっぱおもろいわぁ
で、『スパナチュ』の他に楽しみだった『グリム』も1st.シーズンが終わってしまい、「何を生き甲斐に毎日を生きていけばいいのよ(んなオーバーな)」と思っていたワタクシ。

そんな私にもつい最近楽しみができました。
真夜中の『CSI:マイアミ』からの流れでたまたま見た『パーソン・オブ・インタレスト』シーズン1。

tv-person-of-interest.jpg

詳しくはリンクを張ったAXNのサイトで見て頂くとして(手抜き)、犯罪を予知する“マシン”を使って未来に起こるであろう事件を阻止するというちょっとSFがかった設定自体が好みではあるんですが、それよりなにより主人公の一人ジョン・リース役のジム・カヴィーゼルがクールでかっこいいのなんのって
夜中にひとりで「リース君、かっこよすぎーー!!」とニマニマしています(不気味)。
『スパナチュ』のウィンチェスター兄弟といい、結局私はイケメン好き。

…てなカンジで生き甲斐を無事見つけました(爆)。

ま、他にも『メンタリスト』とかも見たりしてるんですけどね。
要するに毎日毎晩海外ドラマ三昧してるっちゅーことです(笑)。
      *Blog Ranking参加中です。よろしければ愛のクリック、お願いします。*
        にほんブログ村 演劇ブログへ

『ムサシ ロンドン・NYバージョン』(10月25日【金】18:00~/シアター・ドラマシティ)

2013年11月03日 22:07

『鉈切り丸』マチネ観劇の後は梅田で『ムサシ』ソワレ観劇です。
最近大阪でもこんなカンジでマチソワれる機会が多くなりました。
遠征組にとっては凄く嬉しいことです。遠征費は極力抑えたいですもんね。

『ムサシ』は初演の際におぐりん(小栗旬くん)好きのおかんと一緒に観ました。あれは何年前だったんだろう。そのおかんも今はもういませんが。そんな意味でも今回の『ムサシ』は感慨深いものがありました。
本当は再演の勝地くん小次郎ヴァージョンもすっごく観たかったんだけど、あれは大阪での公演がなかったので泣く泣くパスしたんでした。うーん、今も思うに残念なことをした(因みに映像版も未見です)。

しかし今回のロンドン・NYバージョンの小次郎は溝端淳平くん! 実はここんとこ割と注目してる若手俳優さんです。以前、TVでの淳平くんを見てた時はそれほどでもなかったんだけど、去年の二兎社『こんばんは、父さん』を観た時に、「あ、この子は舞台でもイケるじゃん♡」なんて思っちゃったんす(なんて上から目線)。だから小次郎にキャスティングが決まったと聞き、絶対に観ようと決めました(あれ?たっちゃんはどした?(笑))。


【ものがたり】
慶長17年(1612年)陰暦四月十三日正午。
豊前国小倉沖の舟島。真昼の太陽が照り付けるなか、宮本武蔵と佐々木小次郎が、たがいにきびしく睨み合っている。小次郎は愛刀「物干し竿」を抜き放ち、武蔵は背に隠した木刀を深く構える。武蔵が不意に声をあげる。「この勝負、おぬしの負けと決まった」。約束の刻限から半日近くも待たされた小次郎の苛立ちは、すでに頂点に達していた。小次郎が動き、勝負は一撃で決まった。勝ったのは武蔵。検死役の藩医に「お手当を!」と叫び、疾風のごとく舟島を立ち去る武蔵。佐々木小次郎の「厳流」をとって、後に「厳流島の決闘」と呼ばれることになる世紀の大一番は、こうして一瞬のうちに終わり、そして……物語はここから始まる。

舟島の決闘から6年後の、元和4年(1618年)夏。
鎌倉は佐助ヶ谷、源氏山宝蓮寺。名もなき小さなこの寺で、いままさに寺開きの参籠禅がとり行われようとしていた。大徳寺の長老沢庵宗彭を導師に迎え、能狂いの柳生宗矩、寺の大檀那である木屋まいと筆屋乙女、そして寺の作事を務めたあの宮本武蔵も参加している。
ところがそこへ、小次郎があらわれた。舟島でかろうじて一命をとりとめた小次郎は、武蔵憎しの一念で武蔵のゆくへを追いかけて、ここ宝蓮寺でついに宿敵をとらえたのだ。今度こそは「五分と五分」で決着をつけよと、小次郎は武蔵に「果し合い状」をつきつける。
こうして、世に並ぶ者なき二大剣客、宮本武蔵と佐々木小次郎の、命をかけた再対戦が、「3日後の朝」と約束されるのだが……。


【CAST】
宮本武蔵…藤原竜也
佐々木小次郎…溝端淳平

筆屋乙女…鈴木 杏
沢庵宗彭…六平直政
柳生宗矩…吉田鋼太郎
木屋まい…白石加代子
平心…大石継太

忠助…塚本幸男
浅川甚兵衛…飯田邦博
浅川官兵衛…堀 文明
只野有膳…井面猛志


【作】井上ひさし
【演出】蜷川幸雄




4年振り(←調べた(笑))に観た『ムサシ』。小次郎以外にも沢庵が辻萬長さんから六平直政さんにキャスト変更になっていたり、少しずつ変わっていました。
[ 続きを読む ]
      *Blog Ranking参加中です。よろしければ愛のクリック、お願いします。*
        にほんブログ村 演劇ブログへ


*Recent Entries