スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
      *Blog Ranking参加中です。よろしければ愛のクリック、お願いします。*
        にほんブログ村 演劇ブログへ

瀬戸大橋を渡る。

2011年10月30日 22:15

今日は海を渡って高松に行って来ました。

何をしに行ったかと言いますと、お昼過ぎにサンポートホールで『大泉ワンマンショー』、夕方にはあなぶきホールで『早乙女太一 玲瓏』を観て来ました。

両方ともベクトルは全然違う方を向いてますが、両方とも面白かった!

大泉さんの方は笑いすぎて口角が上がりまくったためにほっぺたが痛くなり(爆)、太一くんの方は余りの美しさにちょっとした放心状態に

感想はLEPSのLiveまでには上げます。


いや~、太一くんは近くに来てくれたらまた観に行きたいわぁ。
スポンサーサイト
      *Blog Ranking参加中です。よろしければ愛のクリック、お願いします。*
        にほんブログ村 演劇ブログへ

いらっしゃいませ、倉敷へ。

2011年10月29日 01:21

はやぶさ帰還カプセル展示やっと我が地元にもやって来てくれました。

はやぶさ帰還カプセル特別公開 in 倉敷

去年の冬にこのことを知って以来、本当に待ちに待ってました。(本当は先週、倉敷より一足先に香川大学で公開された時に見に行こうかと思ったんだけど、都合がつかず

私が倉敷科学センターに着いたのは午後1時半すぎ。平日の真っ昼間なのでそれほど見学者はいないかな~と思ってたんだけど、駐車場は車がいっぱい! 建物の中に入ると老若男女がたっくさんいました。おお、倉敷も捨てたものではないな。
入ってすぐに案内書をもらい、順路に従って進みます。まずは中ホールで約15分間の「小惑星探査機はやぶさ帰還編」の映像を見て(リエントリ映像を見て、不覚にも目頭がうるうる もう条件反射だよ)、次に視聴覚ホールで開かれている企画展「小惑星探査機はやぶさ 60億キロ宇宙の旅」を見ました。みにちゅあはやぶさ小さいホールに人がたくさんで、展示パネルを読むのも大変でした。ま、ミッションとかについては今までさんざん本を読んだりネットで調べたりして知ってるので、ある程度読み飛ばしたりもしたんですがね。展示物をいろいろケータイで撮影しまくり(会場に着いてからデジカメを持ってくるのを忘れたことに気付いた)、記念スタンプを押しまくり、最後にカプセルのレプリカを持ち上げ(夏に東京へ行った時もはやぶさiでやったなぁ…)、そしてその後はお待ちかねのメイン・イヴェント、はやぶさ帰還カプセルの見学です。
展示されていたのは背面ヒートシールド、パラシュート、インスツルメントモジュール、搭載電子機器部、前面ヒートシールドの4点。レプリカは前面ヒートシールドのみで、あと3点はすべて実物です。背面ヒートシールドは焼け焦げた跡があり、リエントリ時の高温がどんなものだったかが垣間見えます。

しかしさすが田舎。全然並ばずに見られました。それもかなりじっくり見られましたよ。その上、係員の方に実物を前に解説までして頂いて、ものすごくトクした気分になりました。田舎ってこれだからいいわぁ(爆)。
でも、宇宙を60億kmも旅して帰って来たカプセルを実際にこの目で見られたっていうのは貴重な経験だと思います。
よく帰ってきたね、カプセル君。
倉敷に来てくれて有難う。

で、実物大はやぶさ模型を撮影して一通り見学したものの、まだ予定の時間まで余裕があったので、もう一回りしちゃいました。そしたら今度はカプセル見学はちょっと待たされたよ。で、解説もなし。ああ、さっきは本当にラッキーだったんだなぁ。

併設のプラネタリウムでは『HAYABUSA BACK TO THE EARTH 帰還バージョン』を上映中なんですが、時間が合わないので今回はパス。ま、12月4日まで上映中なのでまた見られる機会もあるかなと思ったし、すでに相模原で観てるし、なんせBD持ってるし。


そして、その後はその足で前売りを買ってたのに今まで観られず仕舞いだった映画『はやぶさ/HAYABUSA』を観に行ってきました。カプセルの実物を見た後だっただけにもう泣けた泣けた

映画の感想はまた改めて。

      *Blog Ranking参加中です。よろしければ愛のクリック、お願いします。*
        にほんブログ村 演劇ブログへ

WHITESNAKE Forevermore Japan Tour 2011(10月18日【火】19:00~/岡山市民会館)

2011年10月24日 22:21

Liveからほぼ1週間経っちゃってますが、とりあえず感想をUpしときます。

WHITESNAKE本当に当日まで行こうかどうしようか迷ってたWHITESNAKEのLive。
で、最後に「行こう!」と決心した理由は「地元でSNAKEが見られるチャンスはもう2度とない!」と言うことからでした。
確かにSNAKEは特に好きなバンドではないけど、若かりし頃にはレコード(な、懐かしい響き)もちゃんと聴いてたし、1度だけとは言えLiveにも行ってる。3年前にはLEPSとのカップリング・ツァーも見てる。
あながち曲を知らんバンドではないので、きっと楽しめるだろうとそう思って。

当日券を買いに17時前に会場に行ってみると(当券発売は17:30からだった)、早や何名かのそれと分かる人たちがいたんですが、どーやらその人たちは17時から始まるグッズ販売がお目当てのよう。
…つーワケで当日券並びはなんと私が先頭でした
で、私の後ろに並んでた人が女性おひとりだったので、お仲間かと思って思わず声を掛けてしまいました。すると、なんだかんだでいろいろと話が弾み、一気にお友達状態(笑)。時間になって当券を買った後には、一緒に会場近くの生パスタ屋さんでお食事して、Liveもお隣同士で見て、Live後もスタバで予定のJRを1本遅らせるほど話しまくり、最後はメアド交換まで至るというものすごい展開になっちゃいました。彼女とは「今度LEPSのLiveレポをメールで送るね~♪」と約束してお別れ。
でもこんな出会いもあったりするんですな。長年Live行ったり、観劇したりしてるけどこんなのは初めてだったよ。

当日券は2階2列目。正直言って当日券って案外1階前方列の席が回ってくることが多いと思ってたので、これは意外。Liveと舞台じゃやっぱ違うんかの。でも2階席は段差が結構あるので、前の人の頭も気にならず良好な視界でした。
で、客の入りは、田舎なのでもっと2階席はガラガラだと思ってたんだけど、半分列まで埋まってました。もちろん1階席は満杯だよ。岡山によくこれだけのHR/HMファンがいたなぁとちょっとカンドーしちゃった(笑)。ま、遠征してきたファンもいるでしょーけどね。

さて、私。
一応新譜『Forevermore』の1作前の『Good To Be Bad』は聴いてたものの、しっかり聴きこんでたわけじゃないから、レスポンスに関してはちょっと不安を抱えたままのLive参戦です(苦笑)。
しかしいざ始まってみると、そんなことは全く気にならなかった。と言うのも、自分が知ってる曲がかな~りあったからです。さすがに新譜の曲では手を叩くだけしかできんかったが、その他の往年の曲ではサビ部分もある程度は歌えたし。
でもカヴァさん、ファンに無茶ブリしすぎじゃないかい? マイクを客席に向けすぎのよーな気がしたんだけど、あれはあれでお決まり事なのか?

しかし前のカップリング・ツァーでも感じたことだけど、WHITESNAKEってバンドじゃないよね。David Coverdaleと仲間たち。そんなカンジ。ただ今回は以前よりもギターのDoug AldrichiとReb Beachがしっかりポジションを確保してて、ユニットみたいな不安定さはなくなってたと思う。
ただ、カヴァさん。声が出なくなっちゃってたね。ま、還暦なんだもんなぁ。それを考えると還暦にしちゃ頑張ってる方かも知れない。

途中に入るギター・ソロとドラム・ソロ。昔からSNAKEのLiveではおなじみっちゃーおなじみなんだけど、正直ギター・ソロはどーでもよかった(ごめん、Doug & Reb)。でもBriian Tichyのドラム・ソロは面白かったです。ドラム・スティックのみならず箸とか手とか包丁(!)とか、いろんなものでドラムを叩くんだよ。包丁を使ってる時は落としはしないか、刺さりはしないかすっごいドキドキしたわ(爆)。ま、先はちゃんと丸めてあるんだろーが。

そんなカンジでなかなか楽しめました。結論としては行ってよかったです。
もしかしたらカヴァさんをLiveで見られるのはこれが最後だったかもしれないし。

WHITESNAKE Live in Okayama Set List
(某巨大掲示板より無断転載)

1.Best Years
2.Give Me All Your Love
3.Love Ain't No Stranger
4.Is This Love
5.Steal Your Heart Away
6.Forevermore
7.Guitar Duel
8.Can You Hear The Wind Blow
9.Love Will Set You Free
10.Drum solo
11.The Deeper The Love
12.Fool For Your Loving
13.Here I Go Again
~encore~
14.Soldier Of Fortune
15.Still Of The Night 



Set Listを見てて思うのが、“Ain't No Love In The Heart Of The City”がないのが寂しいということ。
あの曲、Liveではサビを目いっぱい歌わされるんだけど、いい曲なので逆に歌いたかったぞー。
      *Blog Ranking参加中です。よろしければ愛のクリック、お願いします。*
        にほんブログ村 演劇ブログへ

迷った末に。

2011年10月19日 00:36

ギリギリまで行こうかどーしよーか迷ってたWHITESNAKE岡山公演。

結局行って来ましたよ。当日券で。
2階の2列目だったけど、よく見えました。
2階の前方列って1階の後方列よりも見やすいと思う。

最近の曲は知らんので途中ノリ切れなかったりもしたけど、結論としては行ってよかったかな。
昔はあんなに苦手だったカヴァさんの歌い方も、今ではなんとなく許容範囲(エラそーに)。
私も大人になったのねぇ(爆)。
新譜の『Forever More』も聴きたくなりましたよ。


で、当日券並びやってた時に貴重な出会いがありまして。
観劇時でもお隣の席の方にすら声をかけたりしない私が、たまたま後ろにいた女性に何気なくお声をかけたところ意気投合。
なんとチケGetした後に、一緒にパスタを食べに行き、Liveはお隣で見て、その後にもスタバで盛り上がり、メルアド交換までしてしまいました。

いやいや、こんなこともあるのねぇ。


Liveの感想はまた後日Upします。


来月のLEPS Liveのいい肩慣らしになりました、はい。
      *Blog Ranking参加中です。よろしければ愛のクリック、お願いします。*
        にほんブログ村 演劇ブログへ

しょっく。

2011年10月16日 01:10

地元でのWHITESNAKEのLiveが近づく今日この頃、どーしよっかなぁ…と某イベンターのサイトに飛んでみたら、あら、いつの間にやらJUDAS PRIEST来日が決定してるじゃありませんか。
JUDAS PRIESTは私にとってはDEF LEPPARDと双璧のお気に入りバンド。
おお、こりゃ参戦せねば!と思ってたら、とんでもなくショックな文章が。

2011年、次のワールド・ツアーが最後のツアーとなることを発表。


ええええ!! そうなのか。もうJUDASのLiveを見られなくなるってことか。
まぁ最年長のGlennさんはもう60代も半ば。じーさんにハードなツァーなんてムリだわなぁ。
RobやKenちゃん、Ianだってもう60歳。ムリはできないお年頃です。

ツアー開始を前にK.K.ダウニングが脱退してしまうが、


…は!?

まぢ!?

KenちゃんがJUDASから脱退したの!? あのKenちゃんが!?!?!?
JUDASラスト・ワールド・ツァーよりもこっちの方がショックだよ。
それもかなり前に発表されてたと知り、どんだけJUDASのサイトに行ってなかったかが分かるってもんだよね

いくらラスト・ツァーでもKenちゃんがいるのといないのとでは、私のテンションも違います。
つか、たぶん行かない。
私にとってはJUDAS=K.K.Downingだから。
彼がいないJUDASなんてJUDASじゃない。
Robが一時的にJUDASを脱退した時も、私はKenちゃんがいたからJUDASファンを名乗っていられた。

でも、私はK.K.DowningがいるJUDASが好きなのであって、だから今はもうファンとは名乗れない。

あーあ。
2年前に神戸でのLiveが私の見た最後のKenちゃん@JUDASになるんだなぁ…。

なんだかショックすぎてJUDASが無性に聴きたくなってしまった今宵の私なのでした。
      *Blog Ranking参加中です。よろしければ愛のクリック、お願いします。*
        にほんブログ村 演劇ブログへ

辰年の話。

2011年10月07日 20:58

またBlog更新を1週間もサボってしまいましたよ。
もう10月、今年も残り3ヶ月を切っちゃいました。月日が経つのは早いもんですねぃ…。

で、今年2度目の東京遠征までちょうど1ヶ月となりました。
そろそろ宿泊ホテルを予約したり、往復の交通手段を考えた方がいいのかな。
2日目の昼間はヒマなので、初めて東京観光らしいことをしようかと思ってたんですが、ちょうど平成中村座が上演中。
一度は観ておきたい平成中村座なので、あんまりお高い席じゃなくてもいいから観てもいいかも…とも思ったりしてます。
うん、もう少し考えてみよう。


ところで、ツイッターでも呟いたんですが、遂にたっちゃんが新感線に出ちゃいますね
いつかは出るのかなーとは漠然と思ってたけど、意外に早かったです。
永作ちゃんとのW主演や、共演でゆっきーの名前もあったり、おまけに新感線の大御所さんたちもこぞって出演という豪華さ。
せめて2回は観たいものですが、チケットが取れる自信がまったくありませーん
とにかくできる限り、いろんな手段を使ってGetを試みたいと思います。

来年は年明け早々の『下谷万年町物語』、春の『シレンとラギ(仮)』と、たっちゃんも舞台に力を入れる年になるんすかね。
嬉しいけど♪

それにしても演劇界の暦は早い。
      *Blog Ranking参加中です。よろしければ愛のクリック、お願いします。*
        にほんブログ村 演劇ブログへ


*Recent Entries


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。