『朧の森に棲む鬼(Lord of the Lies)』(2月12日《祝》17:30~/大阪松竹座)

2007年02月20日 01:19

『朧』パンフすっごい観たかったけど諸事情により事前にチケットを取っていなかった『朧の森に棲む鬼』。
でもどーしても観たくてめっちゃ迷ってたら、洋さんファン仲間のこまちさんが「松竹座のチケット1枚ありますよ?」と 悪魔の囁き お声をかけて下さいました。これを断る手があるでしょーか。

…と、いうことで染さまの誘惑に負けて(笑)行って参りました、『朧の森に棲む鬼』大阪公演!
お誘い頂いたこまちさんと開演前に軽く食事をしてから会場入りしました。会場の松竹座には去年10月の『染模様恩愛御書 細川の男敵討』でも行ってるので、これが2度目でございます。果たして3度目があるのかどーかは分からんが でも建物がとてもゴージャスなので、一瞬VIP気分になれる劇場です。
だが、そんな劇場にジーンズで行ってしまう私 いやね、これが歌舞伎ならば私だってちゃんとした服装で行きますよ。だけど新感線よ? Metalよ? ジーンズでOKでしょ?
しかし会場内には着物を着た方や、普段の新感線を観に来る客層じゃない方々もちらほら。やっぱ松竹座という会場と、市川染五郎という役者名だけでチケットを取られた方もいらっしゃるのね。そんな方々をも巻き込んで、『朧の森に棲む鬼』開演でございます。

【STORY】
野良犬のようにギラギラとした目の男が、シャレコウベを踏みつけ歩いていく。
そこは累々たる屍に埋まる深い森。
「王の座を欲しくないか、おまえの命と引き替えに」
突然現われた森の魔物《オボロ》の声が、その男の運命を変えた。
……「おもしれえ」。
男の武器は、魔物にもらった「オボロの剣」。
そしてありとあらゆる嘘を生み出す、赤い舌。
放たれる無限の言葉は果たして正か邪か、善か悪か。
そして告げる想いは、愛か、それとも憎しみか。
嘘で染まった真っ赤な舌が、裏切りと憎悪の無間地獄を作り出し、
そして「オボロの剣」が、緑の森に赤い血を降らしていく──。
『血よ。
オボロの森を真っ赤な嘘に染め上げろ!
それが俺の、生きる証だ──。』
(from 公演チラシ)

【CAST】
ライ……市川染五郎
キンタ……阿部サダヲ
ツナ……秋山菜津子
シュテン……真木よう子
シキブ……高田聖子
ウラベ……粟根まこと
サダミツ……小須田康人
イチノオオキミ……田山涼成
マダレ……古田新太 
他、劇団☆新感線




[ 続きを読む ]
スポンサーサイト
      *Blog Ranking参加中です。よろしければ愛のクリック、お願いします。*
        にほんブログ村 演劇ブログへ


*Recent Entries