『タンゴ・冬の終わりに』個人的回顧録。

2006年11月30日 12:41

「タンゴ」パンフと花びらタンゴ・冬の終わりに』も昨日29日に千秋楽を迎え、終わってしまいました。なのにやっと今頃感想Up。もう2週間前のお話になるので、日別の感想はやめました。もっと早くUpしとけばよかったのにね…ってか?(~_~;)

←の画像は公演パンフレットと、11月15日のソワレで私のところに降って来た紙吹雪です。なんとなく持って帰ってきちゃいましたよ(笑)。案外2列目の上手側って花吹雪が降って来ないのね。ざんねーん。

今回は前回の感想エントリーでお約束したとおり、役者さん別の印象をのんべんだらりと語ってみようかと思います。エントリー中、公演日が前後しちゃうかもしれませんが、そこのところはご勘弁。

(観劇日/
11月14日<火>19:00~ 1階G列上手側
11月15日<水>14:00~ 1階H列下手側
11月15日<水>19:00~ 1階XC列上手側)

[ 続きを読む ]
      *Blog Ranking参加中です。よろしければ愛のクリック、お願いします。*
        にほんブログ村 演劇ブログへ

『タンゴ・冬の終わりに』(11月14日《火》19:00~/シアターコクーン)

2006年11月22日 19:12

感想Upがめちゃめちゃ遅くなってしまいました
後に観た『tick,tick...BOOM!』の方を先にUpしとるなんて何事じゃ
とにかく自分のためにも忘れないうちにエントリーしておかないと!

タンゴ・冬の終わりに下北沢で『イヌの日』マチネを観劇した後、一旦新宿に戻ってホテルにチェックイン。少し休んでからJRで渋谷に向かいました。
渋谷駅から文化村に行く途中の東急前のクリスマス・イルミネーションが綺麗でした。デジカメで撮っておけばよかったなぁ。何故か街中でデジカメをおもむろに構えるのって恥かしいワタシ。しかし相変わらず人が多すぎる…。田舎者の私には人混みを見るだけで酔いそうです(苦笑)。
人混みをよけたりぶつかりそうになりながら、向かうはシアターコクーンでございます。コクーンで舞台を観るのは5月の『白夜の女騎士』以来2回目。これも高橋洋さんに会いたいがために遠征したよーなもんですが。でも期待度は実のところ個人的には『女騎士』よりは『タンゴ~』の方が上でした。両作とも観劇前に原作戯曲を読んだんですが、清水邦夫さんの書かれた『タンゴ~』の方が私的に好みだっただけの話ではあるんですけどね。

【STORY】
物語は日本海に面した町の古びた映画館が舞台。
清村盛は有名な俳優だったが、3年前に突然引退して、妻ぎんとともに生まれ故郷の弟が経営する映画館でひっそりと暮らしている。そこへ、昔の俳優仲間であった名和水尾と彼女の夫、連がやってくる。かつて盛と水尾は激しい恋に燃えていた。訪れた水尾が見たのは、すっかり狂気にとりつかれてしまった男の姿だった……。

【Cast】
清村盛……堤真一
名和水尾…常盤貴子
清村ぎん…秋山菜津子
名和連……段田安則
宮腰信子…毬谷友子
清村重夫…高橋洋
トウタ……月川悠貴
西斐太……岡田正
北斐太……塚本幸男
清村はな…新橋耐子
黒マスク…品川徹
上斐太……沢竜二 他。

[ 続きを読む ]
      *Blog Ranking参加中です。よろしければ愛のクリック、お願いします。*
        にほんブログ村 演劇ブログへ

晩秋の舞台に思いを馳せる。

2006年08月19日 15:10

『あわれ彼女は娼婦』が終わってしまい、少々脱力気味の今日この頃のアタシ。
演目的にはそれほど「大好きっ」とは言えなかった『あわれ~』でしたが、今にして考えると凄い舞台だったんだな~なんて思ったりしてます。でもやっぱ再演はいいや

しかし演劇界は止まりません。早や来年の演目まで決まっちゃってるものもありますもんね。
演劇ファンにとって大変なのがチケ取りですが、私はとりあえず11月のコクーンでの『タンゴ・冬の終わりに』のチケを取れれば幸せです。
万が一、『タンゴ~』のチケが取れたら、9月の『噂の男』大阪遠征をパス、10月の『オレステス』大阪遠征を1回だけにしちゃうかもしれません(たっちゃん、ゆっきー。ごめんー)。
それくらい『タンゴ~』が観たいのじゃ!

…つーか。

洋さんのナマ演技が観たいのよーーーっっ!!

もう病の域ですねー、ははは……


で、その思いが先走り、清水邦夫氏作の『タンゴ~』の原作戯曲を近くの図書館で借りて来て読んでみたんです。
読んでみると。


[ 続きを読む ]
      *Blog Ranking参加中です。よろしければ愛のクリック、お願いします。*
        にほんブログ村 演劇ブログへ

高橋洋さんの予定。

2006年06月27日 02:56

W杯のイタリア-オーストラリアを観て、身も心も疲れ果ててたら、某所で『あわれ彼女は娼婦』のあとの洋さんの出演作が決まったと知りました。

実はこないだの演劇系チャットでも
「洋さんの『あわれ~』以降のスケってどーなってるのか知りたいよね」
「『待つ2006』ではないだろーか」
「え、でもベニサン空いてないよ~」
なんて話をしてたんです。

その舞台ですが、

「タンゴ 冬の終わりに」
作/清水邦夫
演出/蜷川幸雄
出演/堤真一、常盤貴子、秋山菜津子、毬谷友子、高橋洋、月川悠貴、新橋耐子、沢竜二、段田安則
2006年11月 / シアターコクーン



うわわわわわ。なんかこれも凄いメンツだなぁ。
清水さん脚本の蜷川さん演出、堤さん主演は『将門』以来ですね。
しかし凄まじいチケット争奪戦になりそうな悪寒…。
それよりも私個人にとって大問題なのが、果たして大阪公演はあるのか?っつーこと。
たぶん『エレンディラ』の代わりの舞台だから、12月にシアターBRAVA!でキマリなのかしら…。

ま、正式発表があるまで詳細は待ちましょうか。


【追記】
コクーンサイトでチケット情報出ました。
ついでに『あわれ彼女は娼婦』の主演3人(三上さん、深津さん、谷原さん)と蜷川さんの動画インタがUpされてたこともご報告。洋さんのインタはないのか…。
      *Blog Ranking参加中です。よろしければ愛のクリック、お願いします。*
        にほんブログ村 演劇ブログへ


*Recent Entries