スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
      *Blog Ranking参加中です。よろしければ愛のクリック、お願いします。*
        にほんブログ村 演劇ブログへ

Team申 第4回公演『抜け穴の会議室~Room No.002~』(1月14日≪金≫19:00~,1月16日≪日≫17:00~/シアター・ドラマシティ)

2011年01月29日 00:01

観劇してからもう10日以上経っちゃってますが、今年はマメに観劇記を書こうと決意したのでUpします。

佐々木蔵之介さんが立ち上げた演劇ユニット、Team 申の公演も今回で4回目を迎えます。
私は第2回仲村トオルさんとの『抜け穴の会議室』から参加(と言うのか?)して、今回で3回目になります。
が、何故か3回公演とも複数回観てるんですね~。蔵さんの舞台は1回観るだけじゃ足りないと言いますか。舞台の蔵さんが好きなんでしょうな、私は。
いや、もちろん映像の蔵さんも好きなんだけど、ほら、やっぱりナマにゃ敵いませんて(笑)。

今回、第4回公演は大杉漣さんと、私の大好きな『抜け穴の会議室』の続編(?)をやると聞いてもう期待大でした。だから今回も大阪公演の初日と大楽の2回観に行くことにしました。
しかし今までずーっと申のチケット予約はケイ・ファクトリーさんでやってて、割といつも前方列で観られたんですが、今回は2回とも真ん中列ばかりでした。申のメンバーが増えたんかなぁ、やっぱ。それでも席がセンターブロックの真ん中だったので、観辛いということはなかったですけどね。

抜け穴の会議室~Room No.002~

【STORY】
果てしなく広がり、繋がっている六角形の部屋。それは蜂の巣のよう。
そのひとつの部屋に、一人の男・東野直樹が入ってくる。
六面ある壁にはそれぞれドアがあり、備え付けられている本棚には、
年代のような数字が記された書籍が多数収まっている。

何かを待ち望んでいるような男の前に、大量の書籍が溢れ出てきた。
同時にもう一人、別の男・葛西湧一が現れる。

──君は誰なんだ。

──あなたは誰のつもりなんですか。

現れたばかりの男は自ら置かれている状況が理解できず、混乱している。
問答を繰り返しているうちに、偶然、二人同時に一冊の書籍に触れた。
その瞬間、前世へトリップ。二人の前に記憶が立ち上がる。

時空を超えて、輪廻の世界に迷い込んだ二人の
人生の意義、生きていく意味を探る運命の旅。
彼らはそこで、希望を見出すことができるか──


【CAST】
大杉 漣
佐々木蔵之介

【作/演出】前川知大



↑のストーリーはパンフより抜粋しました。
舞台未見で今後DVDでこの作品をご覧になる方にもネタバレにはなってないと思います。

但し、これから↓の追記はネタバレです。
[ 続きを読む ]
スポンサーサイト
      *Blog Ranking参加中です。よろしければ愛のクリック、お願いします。*
        にほんブログ村 演劇ブログへ

寒サニモマケズ。

2011年01月17日 00:38

抜け穴の会議室002今年一番の寒さの中、またしても大阪まで遠征して参りました。
Team申 第4回公演『抜け穴の会議室~Room No.002~』大千秋楽観劇です。これまでのTeam申の舞台は観られなかった第1回公演以外は必ず2回以上観ています。どこまで好きなんぢゃ
そー言えば仲村トオルさんとの第2回公演『抜け穴の会議室』も京都で大楽を観てたんだわ。あの時は勢いでサイン入りポスターまで買っちゃった(笑)。もちろんそのポスターは一度も部屋に張ってません(勿体ないもん)。
そのトオルさん、今回も場内アナウンスやってらっしゃいましたよ、前回公演出演の亀治郎さんと共に。申の開演前の場内アナウンスはいつも楽しくて、毎回誰がやるのか期待してしまいます。

今日は大楽と言うことで、カテコでは舞台上から金の紙吹雪、ステージ横からは金のテープが客席に向けて発射されました。
あと、前川さんも蔵さんに呼ばれて舞台上にご登場。あ、カメラも入ってたようです。DVDの特典映像用の撮影かしら? DVDが出たら必ず買うー!

で、今日の大楽を観劇してみて、やっぱり私はこの『抜け穴の会議室』というお話が大好きだと再認識しました。
なんせこの作品で前川知大さんを知り、それから大好きな劇団(イキウメ)に出会えたと言うことで思い入れも深いんですね。
もしかしたらこの作品は、これからも俳優を変えながら上演し続けられるTeam申の代表作になるのかな?と思ったりしました。

詳しい感想はまた後日、必ずUpします。
去年は観劇記Upをかなりサボっちゃったので、今年はマメに書きたいと思ってます。

      *Blog Ranking参加中です。よろしければ愛のクリック、お願いします。*
        にほんブログ村 演劇ブログへ

今年初の関西遠征。

2011年01月15日 01:23

日付が変わる前に大阪から帰って来ました。
よく歩いたから左足の付け根が痛い

お昼過ぎに京都に着いて、まず晴明神社に初詣。
↓のエントリーはその際に境内のベンチで一休みした時にUpしたものです。
普通の平日なのに晴明神社には参拝者がいっぱい。さすがに人気があります。
私は1年半以上持ってたお守りをお返しして新しいものを頂きました。
おみくじも引いたんだけど、中吉だったよ。

その後は上御霊神社、御所、梨木神社、下御霊神社、革堂(行願寺)を参拝して来ました。
分かる人には分かるかもしれないけど、今回の上洛はちょっと魔界巡りっぽくなってしまいました。
…いや、最初からそのつもりだったんだけどね。
不思議大好き人間な私は今までにも京都の魔界スポットを何か所か訪れています。
でもまだまだ回りきれてないのでこれからも機会があれば訪ねたいと思ってます。
もちろんお浄めの塩も持参でね。


夕方には大阪へ阪急京都線で移動して、買い物と夕食を終えた後にTeam申 第4回公演『抜け穴の会議室~Room No.002~』の初日公演をシアター・ドラマシティで観劇。
今回はKファクトリーさんでチケットを予約したにもかかわらず、前方列じゃないので双眼鏡を持って行きました。
今年はチケット運に恵まれてないのか、3月までの観劇予定の舞台で前方列のチケが全くありません
(去年が異常に良すぎたんだよね。6回も最前列で観てるし。)
ま、特に前の方でどーしても観たいってものはないのでいいんだけども。
それは置いといて、Team申
また16日の大千秋楽も観るので詳しい感想はその後にUpしようと思ってます。

でも感じたのは、「演じる俳優が変わると同じ題材でも全く異なる舞台になるんだなぁ」ってことでした。
やっぱええ話や~♪
もう1回観られるのが嬉しいな。

明日、頑張って働こうっと。
      *Blog Ranking参加中です。よろしければ愛のクリック、お願いします。*
        にほんブログ村 演劇ブログへ

Team申 第3回公演『狭き門より入れ』(8月27日【木】14:00~/PARCO劇場)

2009年09月05日 16:07

前日は5列目で観たこの舞台。
2回目はなんと最前列センターブロックでの観劇となりました。
嬉しさの余り、ちょっと早めに劇場に着いちゃった(笑)。おかげでしっかりロビー前の混雑に巻き込まれましたけどね

「狭き門より入れ」パンフ←は今回のパンフレット。
今までのTeam 申公演のパンフってすっごく薄いものだったんですが(第1回公演の『時には父のない子のように』もパンフは持ってます)、今回は出演陣が多いだけにページ数も多いし、中には私のような蜷川シェイクスピア好きにはたまらない松岡和子さんと蔵さんと前川さんの鼎談まで載ってます。もう買いです、買い!

イキウメDVDんで、パンフは観劇初日に買ったんだけど、翌日に衝動買いしたのが出演者全員のサイン入りポスターではなく(1公演10枚限定で発売されてます)、イキウメのDVD、『図書館的人生 vol.2 盾と矛~攻めるものと守るもの、武器についての短篇集~』でした。なんだか無性に前川さんのホームグラウンドのお仕事が観てみたくなって(時間がなくてまだDVDは未見)。

そして開演前に、ダブってしまったこの公演のチケットをお譲りしたSさんとお会いして少しお話しました。ナマの観劇が初めてと言われていたSさん。初めての観劇がこの作品なんてラッキーだなと私は思います。

さて、最前列からのかぶりつき観劇ですが。

[ 続きを読む ]
      *Blog Ranking参加中です。よろしければ愛のクリック、お願いします。*
        にほんブログ村 演劇ブログへ

Team申 第3回公演『狭き門より入れ』(8月26日【水】19:00~/PARCO劇場)

2009年09月05日 12:29

『ドリアン・グレイの肖像』を世田谷パブリックシアターで観劇後は、一旦東新宿のホテルまで戻り、ホテルの1階にあるファミレスで夕食。
私が泊まったホテルは、地下鉄の駅からも近いし、周りに何軒もコンビニや食べ物屋さんがあって、なかなか便利なところでした。これからは都内の劇場で舞台を観る時はここを定宿にしようかなー(さい芸で観る時は赤羽にあるホテルに決めてますが)。

そして次に向かうは渋谷。
19時からPARCO劇場で開演のTeam申第3回公演『狭き門より入れ』を観るためです。

今やMy favorite actor Top 3の一角を担っている佐々木蔵之介さん(い、いつの間に!?←因みに1位は高橋洋さん、2位は北村有起哉くん)がプロデュースする演劇ユニットTeam申ですが、前回の『抜け穴の会議室』でどっぷりハマったワタクシ。今回はなんと東京で2回、地元・倉敷で1回の計3回ものチケットを取ってしまいました。
ま、今回も前回に引き続き脚本&演出が前川知大さんなので、絶対に面白いだろうとは思ってたんだけど、まさか蔵さんの舞台を3回も観ようとするなんて、我ながらびっくりですよ。これって今年は洋さんの舞台が全然ないからその捌け口なのかしらん?

PARCO劇場は去年『SISTERS』を観て以来。ロビーがこぢんまりしすぎてて、開場前にはエレベーター前で人があふれちゃいます 私は開場してからちょっと経って入場したので、もまれることはなかったけど。
で、ロビーにはお花がいっぱい。PARCO劇場はロビーから撮影禁止なので、送り主さんたちのお名前をメモろうかと思ったんだけど、根性なくてやめました。

狭き門より入れ

【STORY】
恐らく、現代。
世界中で原因不明の新型ウイルス感染が広まり、不安な状況が広がりつつある。
「世界の終わりと新たな始まり、更新の日は近い。」
そう書かれた不気味なビラが各地で配られ、さらに人々の不安を煽っている。

東京近郊の少し寂れた感が漂う街にあるコンビニエンスストア。
会社を辞めた天野は、父親が経営するそのコンビニへ数年ぶりに帰ってきた。
そこでは病に倒れた父親の代わりに、弟の雄二が店長を務めている。
ひょんなことをきっかけに、天野とコンビニに集う人々が、
「世界の更新」が間近に迫っていること、
どうも人類は試されているらしいことを知ってしまう。
そして、このコンビニが「世界の更新」に関係しているらしい、ということが徐々に分かってきた…。

【CAST】
天野…佐々木蔵之介
葉刈…市川亀治郎
魚住…中尾明憲
雄二…有川マコト
岸…手塚とおる
時枝…浅野和之



蔵さんちの事務所の先行で取ったチケットのお席は5列目下手側。最初に観るには近すぎず、かと言って遠くもなく、なかなかいいところかな。
[ 続きを読む ]
      *Blog Ranking参加中です。よろしければ愛のクリック、お願いします。*
        にほんブログ村 演劇ブログへ


*Recent Entries


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。