久々。

2008年12月04日 00:07

仕事から帰ってきたら届いてました。高橋洋Special DVD-BOX♪

NINAGAWA×SHAKESPEARE VI DVD BOXNINAGAWA×SHAKESPEARE VI DVD BOX
(2008/12/03)
吉田鋼太郎 蒼井優 高橋洋

商品詳細を見る

最初に特典映像ディスクを観ました。

オセロー』の出演者インタで洋さんの時間が結構長くてすっごい嬉しかった♪

リア王』のグロスター家アフタートークもちゃんと収録されてましたね。
しかしやっぱ映像で観ても洋さんってば落ち着きないなぁ(笑)。

明日は休みなので、思う存分洋さん三昧しちゃいます。
      *Blog Ranking参加中です。よろしければ愛のクリック、お願いします。*
        にほんブログ村 演劇ブログへ

彩の国シェイクスピア・シリーズ第19弾『リア王』(2月24日《日》12:30~/大阪;シアター・ドラマシティ)

2008年03月04日 01:44

遂に『リア王』大阪公演千秋楽。と同時に『リア王』大千秋楽でございます。
蜷川さんの舞台以外でも割と大阪が大楽になることって多いですよね。
私自身、大阪で大楽を観るのはこれで何回目だろう? 数えたことがないけど、それなりに観てる気がします。

開演前にお友達のこみさん、こまちさん、まりこさんと待ち合わせてランチ。
やっぱり洋さんファンのお友達と話すのは楽しいわ~♪
その前にこみさんと待ち合わせしてた梅芸メインホール前で『リア王』出演の役者さん数名と遭遇。
横田さんと塚本さんには思わずお声をかけてしまったよ。塚本さんとはちょっぴりお話も出来て嬉しかったな。
で、会場に入ってロビーで開演直前までお友達と話してたら、目の前を蜷川さんと長谷川博己くんが一緒に歩いて行くではありませんか。
長谷川くんが『リア王』を大阪まで観劇しに来ることは事前に知ってたんだけど、そうか大楽に来たのか。しかし近くで見ると改めて「めっちゃスタイルええなぁ♪」とか思ってしまった。

さて、この日のお席は6列下手。なんと右隣はBlog友達のおちびさん! 前楽ソワでは左隣がまりこさんだったし、今回は偶然が続きました。いやいやびっくり。
[ 続きを読む ]
      *Blog Ranking参加中です。よろしければ愛のクリック、お願いします。*
        にほんブログ村 演劇ブログへ

彩の国シェイクスピア・シリーズ第19弾『リア王』(2月23日《土》18:30~/大阪;シアター・ドラマシティ)

2008年03月02日 01:33

マチ終演後、劇場の外に出てみたらなんと雪! それも吹雪いちゃってるじゃないですか! びっくりしちゃったよ!
確かに私は雨女だけど、まさか雪まで降らせてしまうとは~

ソワレの開場時間前まで、洋さんファン仲間と軽く食事(きゃさりん、ありがとね~)。
開場時間にはチケットをお譲りする方とドラマシティのチケット売り場で待ち合わせをしてたんです。
なんとか無事にチケットを手渡しできてホッとしました。

ソワの席は舞台全体が見渡せる9列センター・ブロック。
で、別々にチケットを取ったはずなのに、左隣がお友達のまりこさんだったとゆー。なんつー偶然!(笑)
でもここんとこ、お隣が友達というシチュエーションで舞台を観ることがなかったので、なんだか嬉しかったなぁ。

さて、ソワレですが。

[ 続きを読む ]
      *Blog Ranking参加中です。よろしければ愛のクリック、お願いします。*
        にほんブログ村 演劇ブログへ

彩の国シェイクスピア・シリーズ第19弾『リア王』(2月23日《土》12:30~/大阪;シアター・ドラマシティ)

2008年03月01日 00:51

前日に最前センターブロックと言う、今までの観劇人生初めての砂被り席だった翌日の前楽マチネ。
今度はお友達のこみさんとまりこさんが最前列でした。なんだ、こりゃ(笑)。

そんな私は4列下手のいっちばん端。でも見切れもなく、よく見えました。
それに最前列と違って、多少冷静に観られたかな。
ま、最初の宮殿シーンのメガネ男子エドガーは遠かったけど。

で、前日1回上演したことで、舞台としてもまた良くなったと思いました。舞台勘が戻ってきたって言うのかな。
もちろん平さんリアも洋さんエドガーのセリフにかぶることは一度もなかったし(…となると、走る平さんが観られた初日は逆にレアだったってことかい?)。

ただ、何故かこの日はさい芸の時や、前日に観た時のように泣けなかったんですね。
いや、うるっとはくるんだけど、落涙するまでには至らず。
3回目ともなると感性が慣れてきてしまったのかなぁ…。

[ 続きを読む ]
      *Blog Ranking参加中です。よろしければ愛のクリック、お願いします。*
        にほんブログ村 演劇ブログへ

彩の国シェイクスピア・シリーズ第19弾『リア王』(2月22日《金》18:30~/大阪;シアター・ドラマシティ)

2008年02月26日 03:58

リア王1月31日にさいたま芸術劇場で観て以来、約3週間振りの『リア王』観劇です。
感想は未だに上げていませんが(たぶん上げないまま終わると思われます)その舞台を観て以来、以前からチケットを取っていた前楽マチソワ・大楽3公演だけじゃなく、どうにか大阪4公演全て観られないものかと密かに動いてたんですが、仕事もなんとか3連休が取れ、何より初日のチケットが手に入ったことで実現できました。それも手に入ったチケが最前列センターブロックですよ。今まで洋さんが出演した舞台では3回最前列で観ることができたんだけど、センターブロックは初めてです。いやいや、やっぱりセンターっていいなぁ、観やすいなぁ。ただ舞台を見上げることになるので、首がめちゃめちゃ痛いけど…(←すんません、また贅沢抜かしてしまいました

【STORY】
古代ブリテン、老齢に達した国王リアは自らの引退を宣言し、三人の娘を呼び集め「親を思う気持ちが最も深い者に、最も大きな贈り物を授ける」と言い放つ。長女ゴネリル、次女リーガンは美辞麗句で父を称えるが、末娘コーディリアは素直な気持ちを伝え、父の怒りを買う。リアに勘当されたコーディリアはフランス王の求婚を受け宮殿を去り、王の乱心をいさめようとした忠臣ケント伯爵も国外追放を言い渡される。リアの臣下、グロスター伯爵の嫡男エドガーは、父の財産と地位を狙う私生児エドマンドの策略にはまり、気違い乞食に姿を変え荒野に逃亡する。一方、手のひらを返したようなゴネリルとリーガンの冷酷な仕打ちに絶望の淵に突き落とされたリアは正気を失い、道化だけを伴い荒野をさすらう。嵐の荒野、風雨の中にリアの咆哮が響き渡る。そしてリアとグロスター、二つの家族全員に残酷な運命が待ち受ける……。

【CAST】
リア王…平幹二朗

コーディリア…内山理名
リーガン…とよた真帆
ゴネリル…銀粉蝶

エドマンド…池内博之
エドガー…高橋洋
道化…山崎一

グロスター伯爵…吉田鋼太郎
ケント伯爵…瑳川哲朗

オールバニー公爵…渕野俊太
コーンウォール公爵…廣田高志
オズワルド…手塚秀彰



原作を何回も読んだし、舞台もすでに1回観ていたので、事前の準備は万端だったんですが、埼玉公演から約3週間も空いてしまったので(コーディリアはその間にドラマ撮影してたようですし)、正直ちょっと不安でありました。
ところがところが…。
[ 続きを読む ]
      *Blog Ranking参加中です。よろしければ愛のクリック、お願いします。*
        にほんブログ村 演劇ブログへ


*Recent Entries