スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
      *Blog Ranking参加中です。よろしければ愛のクリック、お願いします。*
        にほんブログ村 演劇ブログへ

『パリより愛をこめて』(From Paris with Love/2010,仏)

2010年05月17日 23:15

久々に海を渡って映画を観に行ってきました。

今日観て来たのは私にとってジョニー・デップの次に贔屓の俳優ジョナサン・リース・マイヤーズ主演の『パリより愛をこめて』。
因みにジョニーの『アリス・イン・ワンダーランド』は未見です。
ハシゴしようと思えば出来たんだけど、今日はそんな気力はなかった
仕方がないわ。『アリス~』よりも『パリ愛』の方が観たかったんだもん。
でもTVで流れる予告以外には何の情報も得ないで映画館に行きました。まさにまっさらな状態での鑑賞でした。

パリより愛をこめて

【STORY】
 謎の犯罪組織に立ち向かうことになったひとりの男。彼の名は、ジェームズ・リース。表の顔はパリのエリート・アメリカ大使館員、裏の顔はCIAの見習い捜査官だ。ようやく与えられた重大任務に張り切るリースを待っていたのは、任務を全うするためには手段を選ばない危険すぎる相棒、チャーリー・ワックスだった──。
 チェスの名人で数ヶ国語を駆使する知性派だが、繊細な性格で人を撃ったことがないリースと、推理力も腕力も超一流だが、口より先に銃が出るワックス。生き方も考え方も正反対のふたりが、犯罪組織のアジトを捜して、パリ中を駆け巡る。組織は麻薬密売を資金に爆弾を入手、世界崩壊を目論むテロ集団だった。
 しかし、全貌解明にあと一歩と迫ったとき、予想もしなかった事実が発覚する。リースの機密情報が犯罪組織に流され、彼は命を狙われていたのだ。
 裏切り者は誰なのか? やがて爆破ターゲットは国際サミットに参加するアメリカ政府要人だと判明。ふたりは会場へと走るのだが──。

【CAST & STAFF】
チャーリー・ワックス…ジョン・トラボルタ
ジェームズ・リース…ジョナサン・リース・マイヤーズ

キャロリン…カシア・スムトゥニアク

ベニントン大使…リチャード・ダーデン


監督…ピエール・モレル
脚本…アディ・ハサック
原案…リュック・ベッソン
製作総指揮…ビルジニー・ベッソン=シラ
音楽…デビッド・バックリー
撮影監督…ミシェル・アブラモビッチ
美術…ジャック・ビュフノワール
編集…フレデリック・トラバル



はっきり言って有名な俳優はトラボルタ以外に出てません! ジョナサンだってみんなが知ってるような有名な俳優ではないもんね。
でも私は10年来のジョナサンの大ファンでございます。そんなファンのフィルターがかかりまくってる感想は以下。
ネタバレごめん!!

[ 続きを読む ]
スポンサーサイト
      *Blog Ranking参加中です。よろしければ愛のクリック、お願いします。*
        にほんブログ村 演劇ブログへ

ジョナサン2タイトル。

2007年07月03日 20:36

「レプリークBis」で洋さんが彼のことについて触れていたので、なんだか急に観たくなったジョナサン・リース・マイヤーズの映画。

もともとジョナサンは『ベルベット・ゴールドマイン』の頃から好きで、一時は出演映画のDVDを集めまくってたんだけど、ここのところちょっと映画館で彼の映画を観ることが少なくなっちゃってました。
で、今回もレンタルで借りて来た2本を観たんだけどね、それが趣きが全く違う2本だったんですよ。


[ 続きを読む ]
      *Blog Ranking参加中です。よろしければ愛のクリック、お願いします。*
        にほんブログ村 演劇ブログへ

世界史選択じゃなかったんだよね。

2006年07月28日 22:10

アレキサンダー プレミアム・エディション アレキサンダー プレミアム・エディション
コリン・ファレル (2005/07/29)
松竹

この商品の詳細を見る


先日借りて来たDVD2枚目の感想は『アレキサンダー』。
アメリカではラジー賞を総舐めしてしまった金がかかってるだけの超駄作と言われた映画です(言い過ぎだってばさ)。そんな映画のDVDをなんで今更借りて来てしまったかと言うと、なんのこたーない、今頃になってジョナサン(・リース・マイヤーズ)が出てると知ったから。先日の『M:I-Ⅲ』といい、『マッチポイント』といい、ジョナサンに関する情報はgetするのが遅すぎですね、私ゃ。ほんまにファンか!
しかし借りてきたのはいいけど、約3時間は長すぎやしませんか。それに目当てのジョナサンは本当にちょい役。なんだか疲れたよ。

【STORY】
紀元前356年、アレキサンダー(コリン・ファレル)は、マケドニア王フィリッポス(ヴァル・キルマー)とその妻オリンピアス(アンジェリーナ・ジョリー)との間に生まれる。息子を王にすることだけに情熱を燃やす母と、権力を奪われることを恐れる父は絶えず争い、両親の愛に飢えたアレキサンダーは、ヘファイスティオン(ジャレッド・レト)ら同年代の友人との友情に心の平穏を見出していた。そんなある日、フィリッポスが暗殺される。突然、王になった20歳のアレキサンダーは、ギリシア、そして西アジア全域に進軍して圧勝し、24歳でエジプトの王となる。紀元前331年には、世界最強と言われたペルシア帝国を壊滅させた。アジア侵攻の途中で、アレキサンダーはバクトリアの王女ロクサネ(ロザリオ・ドーソン)を第一夫人に迎えるが、アジア人との結婚を将軍たちは激しく批判。やがてアレキサンダーは仲間に命を狙われるようになり、疑わしい者を次々と処刑。だんだん孤立していくアレキサンダーは、ついにインドの地を踏むが…



以下、感想。

[ 続きを読む ]
      *Blog Ranking参加中です。よろしければ愛のクリック、お願いします。*
        にほんブログ村 演劇ブログへ

『ゴーメンガースト(Gormenghast)』(2000年/イギリス)

2005年10月06日 21:32

ゴーメンガーストゴーメンガースト
(2002/09/26)
ジョナサン・リース・マイヤーズ、クリストファー・リー 他

商品詳細を見る


去年の夏前だったか、本格的にたっちゃんファンになる直前に一時マイ・ブームだったのがイギリスの俳優、ジョナサン・リース・マイヤーズ。
ずーっと前に『ベルベット・ゴールドマイン』を映画館で観て以来(映画館には結局3回通った)、気になる俳優の一人にはなっていたんだけど、去年はちと自分でも驚くくらいハマってしまいました。

で、その時に彼が出演している映画のDVDを何枚も買いまくったんですが、私の悪い癖が出て買ったまま今まで観てなかったのが、この『ゴーメンガースト』
原作はイギリスであのトールキンの『指輪物語』と双璧をなすと言われるマーヴィン・ピークの『タイタス・グローン』『ゴーメンガースト』『タイタス・アローン』のアダルト・ファンタジー3部作。その余りの壮大さに映像化は難しいと言われていたその作品を2000年にイギリスのBBCがTVドラマ化したのがこのDVDです。2枚組で総時間は4時間強。さすがに一気に観るのはキビシかったんで、2日に分けての鑑賞となりました。
[ 続きを読む ]
      *Blog Ranking参加中です。よろしければ愛のクリック、お願いします。*
        にほんブログ村 演劇ブログへ


*Recent Entries


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。